上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2008/04/11(金) 13:44:40 ???
3月30日、日暮里-見沼代親水公園を結ぶ『日暮里・舎人ライナー』が開通した。
同線の走る足立区西部は、かねてより「陸の孤島」と呼ばれる交通の不便な地域だったが、
地元住民の念願が叶い、それもめでたく解消された。

地方からはしばしば廃線のニュースが届くのと対照的に、都心近郊では次々と新線が開業、
または着工している。
では、鉄道網がこれだけ発達した今日、それでもまだ都内に「陸の孤島」は存在するのだろうか?
そこで、現時点での「23区内で駅から最も遠い地点」を、「アットホーム」の住宅情報を頼りに
探してみた。(なお、正確な「23区内で駅から最も遠い地点」は、東京湾沿いの埋立地となる。
それはそれ。今回はあくまでも住宅地を対象とした。以下の数字は、実際の住宅情報の
物件データより)

「第5位 葛飾区西水元 つくばエクスプレス 八潮駅 徒歩22分」
埼玉県八潮市や三郷市に接する西水元は東京の北東端。数年前ならトップを争ったに違いない
この地も、つくばエクスプレスの開通で八潮駅が最寄りになり、ランクダウンした。

「第4位 世田谷区宇奈根 田園都市線 二子玉川駅 徒歩29分」
二子玉川駅か小田急線の成城学園前駅が最寄り駅になる宇奈根は、場所としては東名高速が
多摩川を越える辺り。さすがハイソな一帯だけに、駅からテクテク歩くことは念頭になく、
住宅情報ではバス利用が完全にデフォルトになっている。

「第3位 足立区花畑 東武伊勢崎線 竹ノ塚駅 徒歩32分」
近年住宅開発が進む花畑は東京の最北端。周辺は至る所駐車場だらけで、それが何よりもこの
立地を物語っている。「バス10分。バス停徒歩9分」といったかなりの猛者もおり、
真の意味では1位か。

「第2位 江戸川区大杉 JR総武線 新小岩駅 徒歩35分」
総武線と都営新宿線のほぼ中間に位置する大杉は、小岩、新小岩、篠崎の3駅の見事にど真ん中。
一帯には徒歩25分以上のトップクラスの物件がゴロゴロあり、住宅情報を見ていると感覚が
麻痺してくる。『日暮里・舎人ライナー』が開通した今、都内随一の鉄道空白地帯。

「第1位 練馬区大泉学園町 西武池袋線 大泉学園駅 徒歩37分」
あと一歩で埼玉県という東京の西北端の大泉学園町。「大泉学園駅」が最寄りで住所が
「大泉学園町」にもかかわらず、駅からは思いっきり離れており、見事トップに輝いた。
住宅情報での徒歩1分=80メートルなので、「徒歩37分」は約3キロになる。

というわけで、「23区内で駅から最も遠い地点」は練馬区の大泉学園町だった。とはいえ
駅まではたかだか3キロ。自転車なら15分。「よく作ったもんだ」と、改めて鉄道網の発達に
感心させられる結果となった。

ソースは
http://news.ameba.jp/special/2008/04/12778.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【鉄道/不動産】東京で駅から遠い「陸の孤島」ランキング (Amebaニュース)[08/04/11]

【関連リンク】


[【鉄道/不動産】東京で駅から遠い「陸の孤島」ランキング (Amebaニュース)[08/04/11]]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。