上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/04/20(日) 03:32:25 ???
◎ソース 毎日jp
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080420k0000m040115000c.html

山々に囲まれた青森県・陸奥湾。大小約200の川からミネラルを豊富に含む水が流れ込み、
「貝の王様」ホタテの好漁場をはぐくんできた。その漁解禁初日の5日、死者6人、行方不明2人
を出すホタテ漁船「日光丸」(5.1トン)の遭難事故は起きた。
乗組員の大半は「アルバイト漁師」だった。

「あすは、おらも行ってみる」。船長の川村春光さん(74)=死亡=は前日、所属する青森市
漁協久栗坂(くぐりざか)支所の組合員ら約15人と食事をした。昨春体調を崩して入院後、
出漁の機会はめっきり減っただけに上機嫌だった。

数年前から川村さんのホタテ養殖を手伝ってきた松本幹二郎さん(28)=死亡=は隣の平内
(ひらない)町の実家に泊まっていた。約50キロ離れたおいらせ町の自宅に幼い長男と一緒に
いる妻(29)には「朝1時から漁に行くのでもう寝ます」と携帯メールを送った。
妻は「ちゃんと食べて仕事してください」と返信した。

松本さんは中学卒業後、県立の水産訓練校で漁業を学び、ロシア沖のスケトウダラ漁など遠洋漁業
に従事。「中卒で年収600万円」が誇りだった。ただ、歩合制で不安定だったこともあり、
近海操業やトラック運転手などに仕事を変えた。一時期、貨物船にも乗っていたが、中学の同級生
で漁師の熊谷司さん(28)には「合わねえ。やっぱり自分で魚とる仕事でねば」と、漁業への
愛着を話していた。

そんな松本さんのことを、後継者のいない川村さんは「いい若いもんだから後継ぎに」と周囲に
話し、大きな期待をかけていた。

2人の思いを乗せた日光丸は午前3時半すぎ沈んだ。うねりが出て港に引き返す途中、後方から
「追い波」を受けた可能性が指摘されている。

>>2以降に続く



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【第一次産業】平均年収7~800万円でも後継者不足のホタテ漁(青森)--遭難した漁船乗組員の大半は"アルバイト漁師" [04/20]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 <青森・漁船遭難>乗組員の大半は「アルバイト漁師」
gooニュース 【 青森・漁船遭難:乗組員の大半は「アルバイト漁師」 - 毎日jp(毎日新聞)
gooニュース 【 asahi.com:ホタテ漁船沈没から1週間-マイタウン青森


[【第一次産業】平均年収7~800万円でも後継者不足のホタテ漁(青森)--遭難した漁船乗組員の大半は"アルバイト漁師" [04/20]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/04/20(日) 02:56:36 ???
◎ソース asahi.com
http://www.asahi.com/national/update/0420/TKY200804190221.html

大型バスから降り立った101人は、だれもかれも同じ紺色の背広に赤い野球帽をかぶっていた。
高原レタス生産量日本一を誇る長野県川上村に、4月9日から3日続けてそんな一行が到着した。
全員が中国東北部・吉林省の農民だ。今月下旬までに計615人。
これから11月まで、人口4800人の村に仮住まいし、農業研修生として信州野菜を育てる。

「お母さん、おはようございます」。到着の翌朝、レタス農家の女性(62)に、楊光さん
(23)と王凰竜さん(21)があいさつした。覚えたての日本語だ。

驚いたことに今年の2人はいきなり日本名を名乗った。「片岡と呼んでください」と楊さん。
王さんも「私は佐藤です」。中国の送り出し機関が、日本人が呼びやすいよう今年から研修生一人
ひとりに日本名をあてがったという。曲さんは谷口さんに、宋さんは新美さんになった。

研修生は1農家2人まで。楊さんと王さんの住まいは改装したカラオケボックスだ。4畳半大に
ベッド二つと小机が並び、プレハブの台所兼食堂もある。「少し狭いけど、電化製品もひと通り
そろっていて快適」と楊さん。

2人とも実家はトウモロコシ農家で、年収は1万元(約15万円)ほど。地元当局の出稼ぎ奨励
広告を見て、7カ月働くだけで年収の4倍と知り、長野行きを決めた。

語学や生活習慣の研修後、畑に出る。春はレタスの苗を植え、夏の間は収穫に追われる。
秋はハクサイだ。

研修生に支払われる手当は月々8万5千円。時給換算すると約530円。長野県の最低賃金
669円以下だが、7カ月で帰国する彼ら研修生には最低賃金法は適用されず、合法的な額だ。
ほかに受け入れ農家は、研修生の渡航費や光熱費、米代も負担する。

20年ほど前まで、農繁期の川上村には若い日本人があふれた。日当6500円に残業代を含め
1万円、3食付きで宿泊代もタダ――。そんな募集広告を「フロムA」など求人誌に載せれば、
大学生や高校生が押しかけた。

それが十数年前から、働き手不足に陥った。農家の伊藤嘉武さん(63)は「求人を出しても
日本人が集まらねえ。来ても3日ともたずに逃げ出すようになった」と嘆く。腰をかがめての
植え付け、未明から始まる収穫、重い箱の運搬。実入りはよくても、きつい仕事が嫌われるように
なった。

日本人アルバイトが減って、まず村に現れたのはイラン人やインドネシア人たち。レタスの収穫
作業が始まる午前2時ごろ、農家に姿を見せては「シゴト、手伝います」と懇願して回った。

だが就労資格が不安定だった。昨年と一昨年でインドネシア人やスリランカ人ら計約30人が
東京入国管理局と長野県警に拘束された。ビザが切れていた。

>>2以降に続く



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【第一次産業】信州レタスを支える中国人、カツオ漁を支えるインドネシア人--外国人に頼らざるを得ない現実 [04/20]

【関連リンク】
gooニュース 【 asahi.com:信州レタス、支える中国人615人--ルポ にっぽん - 社会


[【第一次産業】信州レタスを支える中国人、カツオ漁を支えるインドネシア人--外国人に頼らざるを得ない現実 [04/20]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。