上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:JD@かしゆかさんφ ★ 2010/06/30(水) 22:58:18
この国の高学歴プアーは文系にも広がろうとしています――

11月から司法修習生への給費打ち切りの記事が、マスメディアでたびたび取り上げられています。
理系ポスドクの就職難が厳しくなる中、今週は22年度科学技術白書がネット公開されて、過去の詐欺に
等しい失政を反省することなく「国際的競争には博士号取得者の増大が重要だ」と厚かましくも主張
しています。政策を決める年上世代は既得権益に守られて温々とし、若い世代の人生がどうなろうと
知ったことかと構える身勝手さ。日本の政治家、官僚はどうかしていませんか。

例えばMSN産経ニュースの「司法修習生はつらいよ 『給与なくさないで』支援本格化」は
「新人弁護士の半数以上が法科大学院の奨学金などで平均300万円の借金を抱え、
一部は弁護士になっても収入がほとんどないという実態がある。給費制がなくなればさらに
借金が増えるのは確実で、『社会のための仕事ができなくなる』と訴えている」と伝えました。

月20万円の給費が貸与制になれば、専念義務でアルバイトを禁止されている司法修習生の間に
さらに借金が膨らみます。検察官や裁判官になれば収入は安定しますが、弁護士の場合は
司法制度改革で数が急に増えたため司法修習を終えても職場が見つからず、
家族に養ってもらうケースさえ出ています。スタート時の借金が増えればお金になりにくい
人権派の仕事など、さらに手が出せなくなるでしょう。従来の弁護士像は崩壊しつつあります。

22年度科学技術白書の「第2章人を活いかし知をつなぐ科学・技術システム」は「我が国の
自然科学系の博士課程入学者数の推移を見ると、平成3年以降、大学院重点化に伴って
増加していたが、近年減少傾向に転じており、平成15年の13,190人をピークとして平成21年には
11,348人に低下している(第1-2-4図)。また、修士課程から博士課程への進学率の推移を見ると、
近年低下傾向にあり、特に、理学及び農学分野の低下が著しい(第1-2-5図)」と表現しています。
理学系の博士課程進学率は1991年の31.1%が2009年には18.6%にまで落ちています。

>>2以下へ続きます。

ソース
http://news.livedoor.com/article/detail/4857951/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】文系も理系も高学歴プアー[10/06/30]

【関連リンク】


[【コラム】文系も理系も高学歴プアー[10/06/30]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/06/29(火) 22:29:27
 日本が後ろを振り返れば、GDP(国内総生産)の額でも世界の輸出市場でも、韓国が猛烈な
勢いで追いかけてくる姿が見えるだろう。もし予想が正しければ、2011年までに購買力平価
で換算した韓国の1人当たり実質GDPは日本の88%に達し、10年代中頃までに日本を追い越す
だろう。

 これは日本のイメージに打撃を与えるかもしれないが、日本経済にとってはよい面もある。

 まず、成長を遂げる韓国は日本にとってよい輸出市場になる。日本の韓国向け輸出額はEU
向けのほぼ6割に上る。また、韓国は日本の消費者に低価格の製品を供給することもできる。
たとえば、韓国のラッキー金星は日本市場で低価格の洗濯機の販売を計画している。

 だが同時に韓国企業は日本企業にとって手ごわい競争相手になっており、今後、世界の輸出
市場で日本に戦いを挑んでくるだろう。サムスン電子はすでに半導体市場でインテルに次ぐ
第2位のシェアを確保している。インテルのシェア14%に対して、サムスンは8%。東芝は第3
位で、シェアは5%である。

 10年前、現代自動車は世界11位の自動車メーカーにすぎなかった。しかし、傘下の起亜自
動車(株式の39%を保有)を合計すると、09年の世界シェアは、ホンダとフォードを追い越
し、トヨタ自動車、GM、フォルクスワーゲンに次ぐ第4位にまで躍進した。アメリカの乗用車
市場では、日産の11%、ホンダの11.9%に対して現代・起亜は合計で9.2%のシェアを有する。

■自由貿易協定でも韓国は日本より先行

 自動車と半導体は氷山の一角にすぎない。産業構造の高度化に伴って、韓国企業は付加価値
の高い製品分野でも競争力を強めてきている。その好例がアメリカ市場における日韓の競争
である。

 他の先進国に比べて、日韓両国の企業は輸出を比較的少数の製品に集中している。米商務省
の5ケタの産業分類区分を使って日韓の対米輸出を150品目に分類すると、その傾向が浮き彫り
になる。乗用車輸出の対米総輸出に占める割合は、日本が18%、韓国は15%。輸出品目の上位
10製品が日本の対米輸出の60%を占めているのに対して、韓国は61%である。日韓の対米輸出は32品目でほぼ9割を占めている。

 そして、08年の日本の対米輸出上位32品目のうち18品目が、韓国の上位32品目と重なって
いる。この18品目が対米輸出総額に占める割合は、日本が68%、韓国が約50%に上る。18品目
の中には自動車と自動車部品、半導体以外に工作機械、さまざまなプラスチック素材、通信
機器、発電機などが含まれている。

 これらの18品目を合計した韓国企業の対米輸出額は、すでに日本企業の25%に達している。
乗用車を除く17品目に限れば、その比率は31%に上昇する。これは、日本企業の販売量と価格
設定力に大きなプレッシャーを与える規模である。

 オバマ政権は中間選挙後に韓国との自由貿易協定(FTA)を修正して、議会に承認を求める
意向だ。議会の承認を得るのに時間はかかるだろうが、最終的に議会は承認するだろう。

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100629-00000000-toyo-bus_all


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】躍進を遂げる韓国から日本が学ぶべきこと [10/06/29]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 経済国際化推進協:「対露ビジネス支援補助事業」展開 /山形
Yahoo!ニュース 【 【台湾ECFA新時代】(上)中国に接近 危険な賭け
Yahoo!ニュース 【 ことし輸出入、20%以上増・黒字2百億ドル超見通し
Yahoo!ニュース 【 日本で「食の韓流」目指す、マッコリなど人気


[【コラム】躍進を遂げる韓国から日本が学ぶべきこと [10/06/29]]の続きを読む
1:本多工務店φ ★ 2010/06/26(土) 00:34:46
『わが「打倒サムスン」の秘策』
上記のタイトルで文藝春秋7月号に掲載されたパナソニックの大坪文雄社長の原稿は衝撃的だった。
大企業の現役経営者が、一般誌にこれほど赤裸々に思いのたけを綴った例を私は知らない。
日本のエレクトロニクスメーカーは束になってもサムスン1社の利益に追いつけず、
白物家電にも強いLGにも新興市場で徹底的にやりこめられている現状に対する危機感からだろう。

インド市場で韓国メーカーに戦いを挑む

新興市場を取材すればするほど、豊富な資金力と強靱な精神力で日本企業を圧倒する韓国勢の凄みに、辟易とさせられてきた。
世界中どこの国にいっても、入国審査を終えた後、真っ先に目に飛び込んでくるのはサムスンのモニターだ。
資金力にものをいわせた大量宣伝、いかなる僻地にも飛び込んでいく行動力、そしてローコストを背景にした段違いの価格競争力。
もはや日本企業には韓国勢の背中がはるか彼方に霞んでいた。巻き返しは不可能だろう。
そう思うよりほかなかった。
そんな折、パナソニックが全社をあげて韓国勢からアジア市場を奪還しにかかるという話を聞き、
6月中旬に予定していたアジア取材のなかで、パナソニックがいかに韓国勢を追い上げていこうとしているかを見に行くことにした。
実は離日直前に文春にくだんの原稿が掲載されたものだ。

インド訪問で売上目標を2倍に

大坪社長は文春の誌上でインドを例に挙げた。
人口10億人の巨大市場において、年間売上高ではトップのLGが2400億円、第2位のサムスンが1800億円。
それに対して、パナソニックはわずかに400億円である。
大坪社長はこれらの数字をあげつらいつつ、3年後には売り上げを2000億円まで急拡大し、
その後につづく中期計画によって韓国勢を凌駕するという並々ならぬ決意を表明した。
インドはサムスン、LGが「絶対に手放さない」と公言する巨大市場である。
しかも、売上規模、ブランド浸透力、いずれをとってもパナソニックに勝ち目があるとは思えなかった。
競争相手の実力差が開きすぎると、戦闘意欲自体が失われてしまう。

だがパナソニックの大坪社長は、超劣勢のインドにおいて韓国勢に追いつき、追い越すとコミットメントをした。
厭戦気分蔓延の今の日本にあって、私はそれだけでも特筆すべき話だろう受け止めながら、パナソニック・インディアの取組みを取材した。
関心事のひとつは「400億」を3年後に「2000億円」にするとした売上目標の根拠だった。
多方面の話を総合すると、現地の感覚では最大限に努力しても、最高に意欲的な目標として提示できる数字はどうやら「1000億円」だったらしい。
ところが今年4月に大坪社長がインド市場を視察直後に目標数字が一気に2倍に跳ね上がった。
「400億円」を3年で5倍にしようという乱暴さである。
インドにおける家電流通は近代的な量販店のシェアが2割程度で、大半は外国人旅行客にはとても立ち寄れぬ地元密着の小規模電気店が残りを占めている。
それだけに一朝一夕にはシェア拡大ができる市場ではない。

トップダウンでヒト、モノ、カネを集中投入

だが幸いなことに、パナソニックにはインド駐在15年のベテラン幹部をはじめ、
細いけれども、長い地元流通業者とのつながりが脈々と保たれているという。

>>2に続く

ソース:nikkei BPnet 財部誠一の「ビジネス立体思考」
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100625/233673/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】パナソニックの「打倒サムスン」は実現可能か [10/06/25]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 採用ボーダーレス時代 能力重視 新興国ニーズ対応
Yahoo!ニュース 【 パナソニック採用の8割外国人 大学生就職深刻になる一方だ
Yahoo!ニュース 【 <コラム「巨象を探る」>日本はアジア外需取り込みへ総力結集を―「失われた20年」からの脱却の道

Wikipedia 【 インド

[【コラム】パナソニックの「打倒サムスン」は実現可能か [10/06/25]]の続きを読む
1:本多工務店φ ★ 2010/06/25(金) 00:19:50
国税庁の統計によると民間企業の平均給与は430万円で、前年に比べ7万6千円も減少、
などという数字を持ち出すまでもなく、生活者の懐事情は厳しさを増す一方。
給料は上がらず、さりとて転職もままならず、将来の見通しも暗い…。
こう書きながら筆者もだんだん落ち込んできましたが、教えて!gooにはこんな質問が寄せられていました。

「こんな給料でやっていけるのでしょうか?」

■「子供がいないのなら、地道にやっていけば生活出来ます」

「現在夫婦2人生活で旦那の給料手取り17万、私の給料4万程度です。家賃は8万で、借金がある為4万程支払っています」
質問主のkokoporunoさんによると、夫婦の収入21万円から差し引きで残る金額が約9万円。
そこから携帯電話料金に2万円、保険料に1万円、タバコに5千円程度、加えて食費・光熱費とインターネット(光回線)代がかかり、
「この生活だと生きていけないでしょうか?」とコメントしています。
小遣いは 2人とも特にないとのこと。

これに対し、
「うーん、厳しいですね…」(domessoさん)
「無理だと思います。随分、ずさんな金銭感覚ですね」(mz6056105さん)
「子供さんはいらっしゃらないのですね? なら、地道にやっていけば生活出来ます」(pu2pu2さん)
「3年ほど前、65,000円で夫婦と小学2年生の一人娘の3人で生活できました」(ziziwa1130さん)
といったコメントがよせられました。
可能と不可能と意見が分かれましたが、共通して指摘されるのが、月2万円を払っている『携帯電話料金』について。
「異常に高いです。奥さんの分は不要ですよね」(ken_tyanさん)
「世帯手取り給料の1割(あなたご自身の手取りの5割)が電話代に消えるというのは異常です」(mz6056105さん)
といったコメントが寄せられています。
「1台3000円くらいにすべき」という意見や、「最小料金プランの最少額にすれば8000円は節約できる」といったアドバイスも。
しかし質問者によると、家に固定電話がなく緊急連絡用に手放せないということです。

■節約の基本は、収入に対する支出の把握

そのほかの具体的な節約案としては、「スーパーやネット通販で安い食材をまとめて購入する」、「タバコをやめる(安い銘柄にする)」、
「ネット回線を安いプランに変更する」などのアドバイスが寄せられました。
そして、これも複数の回答にあったのが「まず家計簿をつけるべき」という意見。
「不安に思うなら家計簿を付けてみては? 先ず総支出がどの位あるか把握しないと計画も立てられませんし。…先ず行動を起こさないと何も変わりません」(enazumaさん)
節約の基本は、収入に対する支出の把握というわけです。
たしかに思い悩むよりは行動した方が少しは気が楽になるかもしれません。
質問者も、「これからは家計簿をつけて夫婦で頑張っていきたいです」と返答しています。
蛇足ながら、貧乏ライターの筆者から意見を言わせてもらうと、やっていこうという気持ちがあれば、なんとかなるのではないでしょうか。

ソース:Ameba News
http://news.ameba.jp/oshiete/2010/06/71128.html

教えて!goo
こんな給料でやっていけるのでしょうか?
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5902926.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】月給手取り21万、支出15万…生活できる?[10/06/24]

【関連リンク】


[【コラム】月給手取り21万、支出15万…生活できる?[10/06/24]]の続きを読む
1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/06/24(木) 02:28:21
 マニフェストをひと通り見ていくと、一種の流行りがあるのがわかる。

 今回の流行は「増税」。それも消費税引き上げ、法人税引き下げが一つのトレンドとして
見て取れる。従来はタブーとされてきた増税論議が一気に噴き出したのは、有権者の側で
財政危機に対する懸念が高まったためだろう。

■自民党・みんなの党・社民党は「流動化三銃士」

 要するに、政治というのは有権者の鏡であり、マニフェストを見れば自分たちの姿がぼん
やりと見えてくるのだ。良い悪いは別にしても、下手なニュースを読むより社会の流れが
よくわかるので、無党派層を意識している政党のものは読んでみることをおススメする。

 それと、もう一つ重要な変化があった。自民党が

「解雇規制の緩和」

と明記したことだ。このことは、少なくとも自民党という前与党がマニフェストに取り入れ
るほど、労働市場の流動化論が力を得ているという事実を示している。

 ただ少し残念なのは、なんだか後ろの方に、こそっと混ぜているように見えること。もっ
と堂々と前に出していくといい。

 「労働者の生活を守れ!」といって包囲網作ってバッシングされるのを警戒しているの
かもしれないが、心配はいらない。他にも流動化を支持する味方はいる。

 まず、みんなの党が代表だ。マニフェストこそ

「正規雇用と非正規雇用の流動化」

と、ぼかした表現を用いているが、以前から労働市場の流動化にはたびたび言及している。
良き理解者になってくれるだろう。

 それから、マニフェスト記載どころか、すでに「身内で流動化を実践」してしまっている
社民党は、頼れる切り込み隊長といったところだ。

 マニフェストでは「正規雇用の維持」なんてうたっているけど、(日産は別に解雇はして
ないから)首切りの過激さでいえばカルロス・ゴーン以上だ。

「リストラする経営者ほど立派というのは大間違いだ」

という菅総理のいわれなき批判に対して、職員4割の首を切った福島みずほ代表は、ゴーン
社長以上に憤りを感じておられるに違いない。

 というわけで、自民党は積極的に雇用問題で民主党を追及するといいだろう。

「就職氷河期は作らないという方針と、国家公務員の新卒採用4割カットは矛盾するのでは
ないか?」
「同一労働同一賃金は、どのようにして達成するのか?」

 この2つの質問だけで、党首討論はずいぶんと面白いものになるはずだ。

城 繁幸

ソース:J-CAST
http://www.j-cast.com/kaisha/2010/06/23069426.html

関連スレ
【海外】スペイン、解雇容易にする改革案閣議決定 労組スト準備 [10/06/17]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1276863708/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】自民党マニフェストにようやく登場した「解雇規制の緩和」 [10/06/23]

【関連リンク】

Wikipedia 【 マニフェスト

[【コラム】自民党マニフェストにようやく登場した「解雇規制の緩和」 [10/06/23]]の続きを読む
1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/06/02(水) 21:40:18
5月26日、米国の株式市場で世界のIT業界を巡る異変が起きた。
アップルの時価総額が、当日の終値ベースで2213億ドル(約19兆9000億円)となり、マイクロソフトの2193億ドル(約19兆7000億円)を抜いたのだ。
もちろん、これだけで「世界のIT業界の盟主が変わった」と断言することはできない。
しかし、iPod からiPhone、さらには iPadと立て続けに世界のカルチャーを一変させるような大ヒット商品を生み出すアップル社に、
かつてのコンピューターメーカーというイメージはない。
すでに、総合情報・通信メーカーの旗手といった風格さえ漂い始めている。

ついにアップルがウィンテルを凌駕?
熾烈な「IT世界大戦」が始まった

業界専門家のなかには、「ウインテル(ウインドウズ+インテル)の時代は終わった」と指摘する声もある。 
かつて、PCのソフトで圧倒的な優位性を誇ってきたマイクロソフトの牙城は崩れ、
アップルやグーグル、ノキア、さらにはアマゾンなど、特定の分野で強みを持つ有力企業が、高い成長が期待できる携帯関連のIT分野へと殺到した。
それによって、各社が製品開発能力と企業戦略を激しく戦わせる構図が明らかになっている。
まさに“IT世界大戦”の始まりともいえる。
その意味では、今回のiPad発売のマグニチュードは大きい。これが会戦の合図になったようだ。

一方、わが国のIT分野を見ると、先進のフロントランナーから遅れていることは明らかだ。
モノ作りの文化に固執するあまり、技術の組合せやデザインなどのソフトウエアに対する意識が低かったのかもしれない。
問題は、ここからどれだけわが国企業が巻き返しを図ることができるかだ。
それができないと、世界経済の中で周回遅れになるだろう。残された時間は少ない。

>>2に続く

ソース:ダイヤモンド・オンライン 今週のキーワード 真壁昭夫
http://diamond.jp/articles/-/8287

前スレ
【コラム】上陸したiPadは“Windows 95”以来の黒船か?日本企業がアップルに勝てない本当の理由 [10/06/01]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1275322784/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】上陸したiPadは“Windows 95”以来の黒船か?日本企業がアップルに勝てない本当の理由★2 [10/06/01]

【関連リンク】


[【コラム】上陸したiPadは“Windows 95”以来の黒船か?日本企業がアップルに勝てない本当の理由★2 [10/06/01]]の続きを読む
1:JD@かしゆかさんφ ★ 2010/06/17(木) 23:43:28
――なぜ楽天は急にグローバル化へと舵を切り始めたのですか。

国境や国という概念が大きく変わっているのに、唯一大きく取り残されているのが日本。
ここ2~3年、世界中を飛び回ったが、社会のトップ層が英語をしゃべれないのは世界中で
たぶん日本だけですよ。これは相当やばい。ヨーロッパだろうがどこでも英語はペラペラです。

さらに経済を見ると、サービスの重要性が急速に高まっている。日本の企業は、トヨタにせよソニーにせよ、
メーカーを中心にモノで国際化してきた。しかし今はiPad、iPodに象徴されるように、モノとサービスが
組み合わさりつつある。モノだけの価値は下がって、サービスの比重が上がっている。

それなのに、「日本人は手先が器用」「モノづくりの国ニッポン」なんて言っていたら、モノはつくっても
利益を全部持っていかれることになりかねない。言い方は悪いかもしれないが、ダイヤの原石は
アフリカで採られているけれども儲けているのはヨーロッパ。それと同じようなことが起こりつつある。
楽天は若い会社だから、これから20年、30年というスパンで日本を見たとき、たいへん大きな危機感を抱いている。

――その危機感の象徴が社内の英語公用語化であると。

英語化をやる理由は二つある。
一つは、楽天を世界一のインターネットサービス企業にするため。もう一つは、楽天が変われば
他の会社にも影響を与える。日本の企業や一般家庭にも、「やっぱりやらなきゃいけない」という
意識が広がるきっかけになればいいと思っている。
まじめな話、英語化というのは、日本にとって歴史を覆すぐらいの大きな挑戦。でも、それぐらいの
ことをしないと、日本は終わりだと思っている。日本の文化や伝統を重んじるのはいいと思う。
でも、ガラパゴス状態から脱して、多様化しないとサバイバルはできない。
日本人が英語をしゃべれるようになれば、海外の人も日本で働きやすくなる。
日本人を使うとコストが高いし、労働力が足りなくなるのだから、海外から来てもらうしかない。

――インド人、中国人も積極採用し、幹部候補生として育てている。

もう国籍は問わない。中国人、インド人は今までエンジニアが中心だったが、今後はビジネス系の
職種も採用する。そのために英語を公用語化した。日本語だと、日本語がしゃべれないとハンデになるが、
英語になった瞬間に全員が平等になる。
昔から「英語だけしゃべれて仕事ができない奴がいっぱいいる」という人が必ずいるが、もう英語は必要条件。
読み書きそろばんのそろばんと同じ。その意味で、英語がしゃべれない社員は問題外です。
そうはいっても、「いきなり明日から英語をしゃべれ」というのは無理でしょうから、2年間は猶予を与える。
2年後に英語ができない執行役員はみんなクビです。

以下略

楽天 三木谷会長兼社長へのインタビュー
ソース:東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/810ee47297d49033c2a4b43a0a5216e0/
関連スレ
【企業買収】楽天、仏最大のネットショップ会社買収 240億円で欧州進出[10/06/17]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1276763014/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】英語ができない役員は2年後にクビにします 社内英語公用語化…楽天★2 [10/06/16]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 iPhone&Androidでバーコード読んでモノを共有 「はてなモノリス」


[【コラム】英語ができない役員は2年後にクビにします 社内英語公用語化…楽天★2 [10/06/16]]の続きを読む
1:JD@かしゆかさんφ ★ 2010/06/17(木) 00:28:14
――なぜ楽天は急にグローバル化へと舵を切り始めたのですか。

国境や国という概念が大きく変わっているのに、唯一大きく取り残されているのが日本。
ここ2~3年、世界中を飛び回ったが、社会のトップ層が英語をしゃべれないのは世界中で
たぶん日本だけですよ。これは相当やばい。ヨーロッパだろうがどこでも英語はペラペラです。

さらに経済を見ると、サービスの重要性が急速に高まっている。日本の企業は、トヨタにせよソニーにせよ、
メーカーを中心にモノで国際化してきた。しかし今はiPad、iPodに象徴されるように、モノとサービスが
組み合わさりつつある。モノだけの価値は下がって、サービスの比重が上がっている。

それなのに、「日本人は手先が器用」「モノづくりの国ニッポン」なんて言っていたら、モノはつくっても
利益を全部持っていかれることになりかねない。言い方は悪いかもしれないが、ダイヤの原石は
アフリカで採られているけれども儲けているのはヨーロッパ。それと同じようなことが起こりつつある。
楽天は若い会社だから、これから20年、30年というスパンで日本を見たとき、たいへん大きな危機感を抱いている。

――その危機感の象徴が社内の英語公用語化であると。

英語化をやる理由は二つある。
一つは、楽天を世界一のインターネットサービス企業にするため。もう一つは、楽天が変われば
他の会社にも影響を与える。日本の企業や一般家庭にも、「やっぱりやらなきゃいけない」という
意識が広がるきっかけになればいいと思っている。
まじめな話、英語化というのは、日本にとって歴史を覆すぐらいの大きな挑戦。でも、それぐらいの
ことをしないと、日本は終わりだと思っている。日本の文化や伝統を重んじるのはいいと思う。
でも、ガラパゴス状態から脱して、多様化しないとサバイバルはできない。
日本人が英語をしゃべれるようになれば、海外の人も日本で働きやすくなる。
日本人を使うとコストが高いし、労働力が足りなくなるのだから、海外から来てもらうしかない。

――インド人、中国人も積極採用し、幹部候補生として育てている。

もう国籍は問わない。中国人、インド人は今までエンジニアが中心だったが、今後はビジネス系の
職種も採用する。そのために英語を公用語化した。日本語だと、日本語がしゃべれないとハンデになるが、
英語になった瞬間に全員が平等になる。
昔から「英語だけしゃべれて仕事ができない奴がいっぱいいる」という人が必ずいるが、もう英語は必要条件。
読み書きそろばんのそろばんと同じ。その意味で、英語がしゃべれない社員は問題外です。
そうはいっても、「いきなり明日から英語をしゃべれ」というのは無理でしょうから、2年間は猶予を与える。
2年後に英語ができない執行役員はみんなクビです。

以下略

楽天 三木谷会長兼社長へのインタビュー
ソース:東洋経済
http://www.toyokeizai.net/business/interview/detail/AC/810ee47297d49033c2a4b43a0a5216e0/



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】英語ができない役員は2年後にクビにします 社内英語公用語化…楽天[10/06/16]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 iPhone&Androidでバーコード読んでモノを共有 「はてなモノリス」


[【コラム】英語ができない役員は2年後にクビにします 社内英語公用語化…楽天[10/06/16]]の続きを読む
1:@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/06/15(火) 23:40:25
 週末に、鳩山由紀夫前首相夫妻が、上海万博のジャパン・デー(6月12日)のセレモニーに
出席した。本来なら日本国首相として参加する予定だったのだが、何とも残念なことだ。

 本論の主旨は、日本の政局ではない。日本の技術とサービスについて、上海万博を例に
取って述べたい。

 実は私も、鳩山首相が訪れる数日前、累計入場者数が1000万人を突破した日に、上海万博
を観に行った。

 会場は、地域や目的別にAからEまで5つの区域に分かれている。アジアの国々の展示場が
居並ぶA区域には、早朝から観客がドッと押し寄せ、立錐の余地もないほどだった。中国語で
言う「人山人海」(山や海のような人の群れ)という表現がまさにピッタリ来る。

 彼らのお目当ては、日本館だった。日本館の展示を見るために並んだ列は、気温35度の
炎天下というのに、隣の韓国館を取り巻き、ベトナム館、ミャンマー館、ラオス館・・・と延々
続いている。ほとんど全員が中国人観光客だ。最後尾まで行ってみると、「最低で5時間半
待ちです!」と係員が叫んでいた。

 別の係員は、「もう一つの日本産業館がD区域にあり、そちらのほうが早く入れます!」と
も叫んでいる。そこで、渡し船に乗って川向こうにあるD区域の日本産業館に行ってみたが、
こちらも長蛇の列。隣の韓国産業館にまで人が溢れ、「最低で3時間半待ちです!」と係員が
叫んでいた。

 ちなみに韓国産業館の係員は、「こちらは待たずに入れます!」と呼び込みをしていた。

 昼になると、「日本館は5時間から7時間待ちます」という場内放送が流れた。それでも
人々は日本館に押し寄せる。午後にはとうとう、行列を打ち止めにしてしまった。

 上海万博では、なぜ日本館だけが、これほど突出した人気を博しているのだろうか? 私は
長蛇の列の中から無作為に、10人くらいの老若男女に聞いてみた。すると全員が、「日本の
世界最先端の技術を見てみたい」という主旨の答えをしたのだった。

 実際、こちら中国では、トヨタのリコール問題などが取り沙汰されても、日本の技術に
対する「神話」は、いささかも揺らいでいない。最近よく、北京の最先端のホテルや高層ビル
で開かれるパーティなどに呼ばれて行くのだが、高級を売りにしている建物であればあるほ
ど、エレベーターは三菱製で、トイレはTOTO製だ。

 トヨタのリコール問題が火を噴いていた時も、(リコール問題のため最高級技術を誇る)
トヨタ車が値引きしているという噂が立ち、人々はトヨタ販売所に殺到したほどである。

ソース:現代ビジネス
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/694


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】中国で実感!「技術とサービス」こそ日本のツートップだ 上海万博で日本館か5時間待ちになるのはなぜか [10/06/14]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 家庭内コンテンツをいつでもどこでも同じ操作感で――Acerが「clear.fi」を発表


[【コラム】中国で実感!「技術とサービス」こそ日本のツートップだ 上海万博で日本館か5時間待ちになるのはなぜか [10/06/14]]の続きを読む
1:JD@かしゆかさんφ ★ 2010/06/13(日) 07:45:04
コンプレックスとは、もともと精神医学用語で、「怒りや悲しみなどの強い感情や体験、思考が、無意識的に
結びついている状態」である。しかし、日本では、単にコンプレックスといえば、劣等感のことを意味することが多い。

東京大学という存在は、それが知的な権威を象徴しているために、日本社会の時空に奇妙な歪みをもたらし、
関わる者すべてに、元の意味でのコンプレックスを抱かせる。東大に行きたくて行けなかった人が、
東大卒に劣等感(これもコンプレックスの一種)を抱くことがある。だが、実は東大卒自身も
すべからく東大コンプレックスを持っているのだ。

東大卒は、偏在している。霞ヶ関のようなところには、掃いて捨てるほどいる。ところが、いないところには全くいない。
私のように、東大卒としては非典型的な人生を歩むと、東大卒濃度の低い場所をずっと通過して行くことになる。
私としては普通にしているつもりでも、東大卒であることが知れると、あれこれ言われることを避けられない。

大学に最初から行く気がなかった人たちは、単に物珍しい動物を見たような、乾いた好奇心を示すだけである。
「今日は面白いものを見た。あれがうわさの東大卒か」という感じである。これはどうということはない。
しかし、大卒の一部の人たちからは、粘っこい嫉妬に似た感情を感じるときがある。これにはやや参る。

東大卒の人の大半は、似たような不愉快な経験をしているだろう。彼らはまず自分から東大卒と明かすことは
しない。東大卒の人間は、常に自分が東大卒であることを意識せざるを得なくなるのだ。これが東大卒が抱く
東大コンプレックスである。

東大卒の人に劣等感を抱いてしまう人がときどきいるが、本当に残念なことだと私は思っている。
東大の入学試験は確かに難しいし、入学できる人たちは、試験勉強の達人であることは間違いない。
しかし、私は、自分の経験から、試験で測れるのは人間の能力のごく一部であることを知った。
市場経済は、実に多様な才能の結合を要求している。学校では劣等生だったのに、社会に出てから
成功して金持ちになったりする人たちがいるのは、不思議でもなんでもない。

だが、現実には、東大卒が「よい会社」に就職しやすく、社会的地位も収入も高い傾向があるとすれば、
それをうらやむ人が出ても仕方ないことなのかもしれない。学歴(学校暦)というものは、その人の潜在能力を
推測するためのシグナルとして機能している。一度、社会で既成観念が成立すると、大学の序列が
なかなか崩れないのは、日本に限った現象ではないのかもしれない。

実のところ、東大に知名度があるのは、東アジアの一部(韓国・台湾・中国)においてのみだ。私がかつて
住んでいたカナダでは、誰一人として東大の存在を知らなかった。「University of Tokyo だから・・・
東京にある大学だよね?」くらいの反応だ。これは、私にとってなかなかすがすがしい経験だった。カナダで
私を評価してくれた人たちは、私を「東大卒」という色眼鏡で見てはいなかったはずだ。海外に出て、
東大コンプレックスから解放された東大卒は多いのではないだろうか。

以下略
(酒井 英禎 株式会社ソフトカルチャー代表)

ソース:
http://news.livedoor.com/article/detail/4823298/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】東大コンプレックス[10/06/11]

【関連リンク】


[【コラム】東大コンプレックス[10/06/11]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。