上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:JD@かしゆかさんφ ★ 2010/06/13(日) 08:01:57
2003年5月に打ち上げられて小惑星「イトカワ」への着陸を果たした宇宙航空研究開発機構の探査機「はやぶさ」が
13日深夜、大気圏に突入し、7年ぶりに地球に帰還する。

宇宙機構の12日の発表によると、はやぶさは大気圏突入の約3時間前の13日午後8時21分(日本時間同7時51分)、
イトカワの砂が入っている可能性のあるカプセルを分離。同11時21分(同10時51分)、本体とカプセルそれぞれが
高度200キロの薄い大気に突入する。

真空の宇宙空間から高速で突入し、大気と激しくぶつかる最後の難関。高熱を発するため、探査機本体は途中で
ばらばらになって燃え尽きる。耐熱加工したカプセルだけが落下を続け、高度約10キロでパラシュートを広げ
オーストラリア南部、ウーメラ近くの砂漠に落ちる見込み。

米航空宇宙局(NASA)は、将来の宇宙船や探査機の耐熱設計などに役立てるため、光りながら落ちるはやぶさの
カプセルを航空機から観測。インターネットでも中継する予定。

ホームページは、http://airborne.seti.org/hayabusa/
(スラッシュを半角に)

ソース:東京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010061201000399.html



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙】探査機はやぶさ13日夜帰還 7年ぶりの地球へ [10/06/12]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「はやぶさ」が帰還、分離のカプセル回収
Yahoo!ニュース 【 「はやぶさ」落下カプセル回収へ、太陽系の起源解明に期待
Yahoo!ニュース 【 「はやぶさ」カプセル、回収・分析へ
Yahoo!ニュース 【 おかえりなさい「はやぶさ」…小惑星から帰還、カプセルの位置確認
Yahoo!ニュース 【 <はやぶさ>帰還したカプセル画像公開 午後回収へ

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙】探査機はやぶさ13日夜帰還 7年ぶりの地球へ [10/06/12]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:三毛@猫舌すφ ★ 2010/06/10(木) 22:03:28
韓国の南部・全羅南道(チョルラナムド)の「羅老(ナロ)宇宙センター」から10日夕、
人工衛星搭載ロケット「羅老(ナロ)号」が発射されたが、韓国教育科学技術省などによると、
2分17秒後、高度約70キロ付近でロケットが爆発し、打ち上げに失敗した。

 2009年8月の1回目の打ち上げでは、人工衛星を大気との摩擦から保護するカバーがうまく外れず、
人工衛星の軌道投入に失敗したが、今回はロケットそのもののトラブルだった。
ロケットは2段式で、1段目はロシア、2段目は韓国の製造。
搭載されていたのは科学技術衛星で、大気に含まれる水蒸気量の測定など地球温暖化に関連したデータを収集する予定だった。

画像:10日、韓国南部の羅老宇宙センターで打ち上げられる人工衛星搭載ロケット「羅老号」
http://www.yomiuri.co.jp/photo/20100610-723350-1-N.jpg

ソース:読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100610-OYT1T00865.htm

関連スレ
【宇宙】ファルコン9、打ち上げ試験に成功 米新型商業ロケット[10/06/05]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1275750762/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙】韓国の衛星ロケット、発射2分17秒後に爆発[10/06/10]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 <「羅老号」再打ち上げ>残骸回収、失敗原因究明本格化
Yahoo!ニュース 【 韓国が衛星打ち上げ失敗も、「絶対に諦めない、また打ち上げる」と明言
Yahoo!ニュース 【 衛星打ち上げ失敗の責任は、韓国政府とロシアにある-韓国メディア
Yahoo!ニュース 【 衛星打ち上げ失敗で「韓国は分かっていない」―中国専門家
Yahoo!ニュース 【 人工衛星搭載ロケット打ち上げ失敗 韓国

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙】韓国の衛星ロケット、発射2分17秒後に爆発[10/06/10]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2010/03/18(木) 15:39:47
ソースはDIAMONDonline
http://diamond.jp/series/analysis/10158/
http://diamond.jp/series/analysis/10158/?page=2
http://diamond.jp/series/analysis/10158/?page=3
http://diamond.jp/series/analysis/10158/?page=4
http://diamond.jp/series/analysis/10158/?page=5

[1/4]
■宇宙滞在中の野口飛行士は自前のトイレを使えない?
唐突だが、「日本の宇宙飛行士は、宇宙滞在中に自前のトイレを使えない」ということを、ご存知だろうか?

日本の宇宙飛行士が、無重力の宇宙で世界を代表する一大プロジェクトに従事するプレッシャーは、
一般人の想像を絶するだろう。そんな状況下で、トイレさえ自由に使えないとなれば、その「極限状態ぶり」は
いかほどのものか。しかし、それが宇宙開発プロジェクトの実情なのである。

宇宙飛行士と言えば、すぐ思い浮かぶのが、野口聡一宇宙飛行士だ。
野口飛行士は、昨年12月21日にロシアのバイコヌール発射場からソユーズに乗り、世界15ヵ国が参加する
国際宇宙ステーション(ISS)に向けて出発した。

その滞在期間は、実に約5カ月間。2009年夏に、4ヵ月に及ぶISS長期滞在を果たした若田光一さんの
滞在日数を越える予定で、目下様々なミッションに取り組んでいる。

しかし、冒頭で触れたように、野口さんは滞在期間中、トイレという生活に欠かせない施設を全て借り物で
過ごさなくてはならない。日本の宇宙開発を主導するJAXA(宇宙航空研究開発機構)は、ISSに
「きぼう」という実験棟を保有して開発に参加しているが、日本の寄与部分にトイレ設備がないため、
米国かロシアの施設を利用しなくてはならないためだ。

JAXAのきぼうフライトディレクターである土田哲氏によれば、「これは、カナダなど米露2ヵ国以外の
宇宙飛行士も、全て同じ条件」という。

「きぼう」は、ISSで確かにそれなりの存在感を持っている。
しかし、卑近な例とはいえ、トイレの状況1つとって見ても、「日本が国際宇宙開発で主導的地位を
確立している」とは、まだまだ言い難いのが現状だ。

実は、そんな日本が将来の宇宙開発において、各国に先駆けて重要な要素技術を提供できる分野が
1つだけある。
それが、現行のロケット・衛星型宇宙ビジネスとは全く異なる新技術「宇宙エレベーター」である。

ご想像の通り、宇宙エレベーターとは、地上から宇宙へ人や物資を運ぶためのインフラだ。
「何だかSF映画みたい」と感じる人も多いだろうが、これまで水面下でコツコツと研究が進められてきた。

宇宙エレベーターの完成予想図
http://diamond.jp/article_image/series/analysis/10158/analysis15801.jpg
宇宙エレベーターで地球と宇宙を結びつける仕組み。
テザーを延ばして、クライマーで衛星軌道上まで人間や物資を運ぶ。
http://diamond.jp/article_image/series/analysis/10158/analysis15802a.jpg/

それは、具体的にどんなインフラなのだろうか?

-続きます-



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙開発】日本が望みを託す宇宙開発の切り札!「宇宙エレベーター」の知られざるシナリオ[10/03/18]

【関連リンク】

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙開発】日本が望みを託す宇宙開発の切り札!「宇宙エレベーター」の知られざるシナリオ[10/03/18]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/04/03(金) 14:05:25
宇宙で太陽エネルギーで発電し、地上に送って電力利用する「宇宙太陽光発電」の技術開発に、
日本が乗り出す。5月に策定される政府の「宇宙基本計画」に盛り込まれる見通しになった。
3~5年後を目標に小型の人工衛星を打ち上げ、発電や送電の技術を確かめる実証試験に入る。

3日にあった政府の宇宙開発戦略本部(本部長・麻生首相)の専門調査会で基本計画の骨子案が
示され、「宇宙太陽光発電」を環境・エネルギー対策の先端的研究に位置付けた。小型衛星による
実証試験後、経済性などを見極め、実用化に向けた検討に入る。

人工衛星に取り付けた太陽電池パネルで発電し、大気や雲に吸収されにくい電磁波に変えて
地上に送る案が検討されている。宇宙空間は天候に左右されず、昼夜を問わず安定した発電が可能。
このため、地上の5~10倍の効率で発電できると試算されている。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が中心となって基礎研究を進めてきた。

宇宙太陽光発電は欧米でも検討されているが、人工衛星を打ち上げて試験する段階には
達していない。

実現には、太陽光を効率的に電磁波に変えたり、それを地上に安全に送ったりする
技術開発などの課題もある。

一方、月への有人探査について、骨子案は、1~2年程度をかけて意義・目標などを改めて検討する
などとし、具体的な目標時期は示さなかった。月探査は、当面は二足歩行ロボットによる無人探査を
優先する方針を示し、20年ごろの実現を目指すとした。

戦略本部の事務局が3月上旬に示した素案には「25~30年ごろにロボットと宇宙飛行士が連携した
本格的な探査計画」という表現が盛り込まれたが、有人探査には巨額な資金がかかり、人命のリスクも
伴うため、専門調査会で「弾力的に考えた方がいい」といった意見が出ていた。

ソースは
http://www.asahi.com/science/update/0403/TKY200904030062.html
宇宙太陽光発電のイメージ
http://www.asahi.com/science/update/0403/images/TKY200904030114.jpg



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙開発】「宇宙の太陽光を電力に」実証試験へ 政府の基本計画案[09/04/03]

【関連リンク】
イザ! 【 オバマ大統領、宇宙と交信 若田さんとも会話
イザ! 【 日本も宇宙エレベーター開発機運 カーボン加工…
イザ! 【 【施政方針演説全文】4
イザ! 【 月周回衛星「かぐや」 最先端の「科学の目」 …

Wikipedia 【 宇宙
Wikipedia 【 太陽光

[【宇宙開発】「宇宙の太陽光を電力に」実証試験へ 政府の基本計画案[09/04/03]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/01/23(金) 13:36:25 ???
三菱重工業は23日午後0時54分、温室効果ガスを専門に監視する世界初の衛星
「いぶき」など計8衛星を積んだH2Aロケット15号機を鹿児島県南種子町の
種子島宇宙センターから打ち上げた。

いぶきは16分後に切り離された。H2Aの打ち上げ成功は9回連続。
衛星8基の同時打ち上げは過去最多となる。

宇宙航空研究開発機構(宇宙機構)と環境省が共同開発した「いぶき」は、
地球全体の大気中の二酸化炭素をきめ細かく観測する。
二酸化炭素の次に強い温室効果を持つメタンガスも観測でき、温暖化の進行を
見極める研究などに役立つと期待される。
打ち上げ費用も含めた総事業費は346億円。

15号機は、大阪の中小企業が開発した「まいど1号」や、宇宙空間で障害児の
手形を撮影する「かがやき」など小型衛星7基も搭載。
宇宙機構が教育や人材育成のために公募したもので、無料で打ち上げた。

ソースは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090123-00000023-yom-sci
三菱重工業
http://www.mhi.co.jp/
会社情報・株価
http://company.nikkei.co.jp/index.aspx?nik_code=0001325
関連スレは
【工業】三菱重工業、多目的衛星打ち上げ業務を韓国から受注したと発表[01/12]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1231745961/l50



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙開発】三菱重工業、H2A打ち上げ成功、衛星8基載せて[09/01/23]

【関連リンク】
イザ! 【 中国、衛星2基打ち上げ
イザ! 【 三菱重工、韓国衛星打ち上げ受注
イザ! 【 イラン「国産人工衛星打ち上げ」、実は模擬衛星
イザ! 【 三菱重、韓国衛星打ち上げへ
イザ! 【 イランが「国産人工衛星打ち上げ成功」と発表
Yahoo!ニュース 【 衛星8基相乗り H2A打ち上げ成功 まいど1号、大阪の誇り
Yahoo!ニュース 【 東北大・スプライト観測衛星打ち上げ 「いぶき」も
Yahoo!ニュース 【 温室ガス観測衛星、打ち上げ成功
Yahoo!ニュース 【 温室ガス観測衛星、打ち上げ成功=「まいど1号」など8基搭載-H2A・15号機
Yahoo!ニュース 【 H2A打ち上げ成功 「まいど1号」など最多8基搭載

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙開発】三菱重工業、H2A打ち上げ成功、衛星8基載せて[09/01/23]]の続きを読む
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/05/06(火) 15:07:44 ???
衛星打ち上げビジネスへの参入を見込んで、日本で初めて官民共同開発を目指す中型ロケット
「GX」の先行きが混迷している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が担当する2段目エンジン
の完成が遅れ、開発費が高騰。「低コスト」などの前提が崩れ、計画の見直しを議論している
文部科学省宇宙開発委員会の専門委では、見通しの甘さなどを指摘する厳しい意見が相次いでいる。

「率直にいうと、失敗したなと思う」。4月24日、GX計画での官民の役割分担などを議論する
宇宙開発委の小委員会で、委員の1人がため息をついた。

今年1月の設置以降、GX開発の現状が明らかになるにつれ、会合は計画の今後の方向性よりも
計画自体の意義を議論する場となった。5月中には結論を出す予定だが、“前向き”の打開策は
見えてこない。

GXは当初、宇宙技術の産業化や、主力ロケット「H2A」を補完する役割などが期待されてきた。
平成23年度中の初打ち上げを目指す。IHIなど民間企業が担当する1段目エンジンは既存の
米国製アトラス3を転用して開発コストを下げ、JAXAが開発する2段目の液化天然ガス
(LNG)エンジンで、小型軽量化を図る戦略だった。


計画通りに完成すれば、商業衛星ビジネス参入にも道が開けると見込んでいたが、世界初となる
ロケット用LNGエンジンの開発にJAXAが難航。国が負担する開発費が膨らんだだけでなく、
すでに時代遅れとなっていたアトラス3の生産ライン維持費をはじめ、民間側のコストも増大させた。

文科省は「開発遅れは想定外」としているが、既存技術を活用して「低コスト」「信頼性」の
実現を目指しながら、一方で世界初の技術開発を盛り込んだ時点で見通しが甘かった-とも
指摘される。

民間側は昨年末、これ以上の負担は担えないとして、JAXAに1段目やシステム全体の設計など
にも関与することを要望。さらに、アトラス3の代わりにやや大型の最新機、アトラス5の機体を
採用した。

しかし、アトラス5のエンジンはロシア製のため、安定供給が確保できるのかという疑問が浮上。
さらに、打ち上げ場の整備費を節約するため、試験機を米国で打ち上げる案も出るなど、
小委員会の議論は混迷を深めている。

すでにGX開発のため、国や民間は計約750億円を投入している。今後、初打ち上げまでに
倍の経費が必要とされる。

商業用ロケットとしては致命的な「高コスト」を背負うGXが、投資に見合った成果を上げられる
見通しはない。

宇宙開発委の小委員会が5月中に出す結論では、開発を継続することの意義と是非に、どこまで
踏み込むかが焦点となる。

●計画変更前の「GX」完成予想図(宇宙航空研究開発機構提供)
http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/academic/080506/acd0805061339006-p1.jpg

◎ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080506/acd0805061339006-n1.htm

◎関連スレ
【商業ロケット】インド、衛星10基を一度に打ち上げすべて軌道に乗せる…ビジネス本格化に自信[4/28]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1209467049/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙開発】「失敗したなと思う」(開発委員の一人)--日本初の官民共同開発ロケット『GX』、先行き混迷 [05/06]

【関連リンク】
イザ! 【 宇宙ロケット、追加発射へ イラン大統領
イザ! 【 宇宙開発に新たな一歩 きぼう打ち上げ成功
イザ! 【 インターネットつなぐ「きずな」 三菱重工がロ…
イザ! 【 中型ロケット「GX」開発、先行き混迷 エンジ…
イザ! 【 電離層下部の構造解明へ 小型ロケット使い観測
Yahoo!ニュース 【 宇宙基本法案解禁、衆院内閣委で可決 偵察衛星など保有可能に
Yahoo!ニュース 【 【明解要解】先行き混迷 中型ロケット「GX」開発
Yahoo!ニュース 【 中国初の月面探査車、検収をパス
Yahoo!ニュース 【 2014年にもペイロード拡充の大型ロケットが完成、宇宙開発に拍車―中国
Yahoo!ニュース 【 発改委:全国30カ所に国家ハイテク産業基地を建設
gooニュース 【 H2Aより高コスト・低性能=官民開発の中型ロケットGX-文科省小委(時事通信)
gooニュース 【 【明解要解】先行き混迷 中型ロケット「GX」開発 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙開発】「失敗したなと思う」(開発委員の一人)--日本初の官民共同開発ロケット『GX』、先行き混迷 [05/06]]の続きを読む
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/05/06(火) 15:07:44 ???
衛星打ち上げビジネスへの参入を見込んで、日本で初めて官民共同開発を目指す中型ロケット
「GX」の先行きが混迷している。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が担当する2段目エンジン
の完成が遅れ、開発費が高騰。「低コスト」などの前提が崩れ、計画の見直しを議論している
文部科学省宇宙開発委員会の専門委では、見通しの甘さなどを指摘する厳しい意見が相次いでいる。

「率直にいうと、失敗したなと思う」。4月24日、GX計画での官民の役割分担などを議論する
宇宙開発委の小委員会で、委員の1人がため息をついた。

今年1月の設置以降、GX開発の現状が明らかになるにつれ、会合は計画の今後の方向性よりも
計画自体の意義を議論する場となった。5月中には結論を出す予定だが、“前向き”の打開策は
見えてこない。

GXは当初、宇宙技術の産業化や、主力ロケット「H2A」を補完する役割などが期待されてきた。
平成23年度中の初打ち上げを目指す。IHIなど民間企業が担当する1段目エンジンは既存の
米国製アトラス3を転用して開発コストを下げ、JAXAが開発する2段目の液化天然ガス
(LNG)エンジンで、小型軽量化を図る戦略だった。


計画通りに完成すれば、商業衛星ビジネス参入にも道が開けると見込んでいたが、世界初となる
ロケット用LNGエンジンの開発にJAXAが難航。国が負担する開発費が膨らんだだけでなく、
すでに時代遅れとなっていたアトラス3の生産ライン維持費をはじめ、民間側のコストも増大させた。

文科省は「開発遅れは想定外」としているが、既存技術を活用して「低コスト」「信頼性」の
実現を目指しながら、一方で世界初の技術開発を盛り込んだ時点で見通しが甘かった-とも
指摘される。

民間側は昨年末、これ以上の負担は担えないとして、JAXAに1段目やシステム全体の設計など
にも関与することを要望。さらに、アトラス3の代わりにやや大型の最新機、アトラス5の機体を
採用した。

しかし、アトラス5のエンジンはロシア製のため、安定供給が確保できるのかという疑問が浮上。
さらに、打ち上げ場の整備費を節約するため、試験機を米国で打ち上げる案も出るなど、
小委員会の議論は混迷を深めている。

すでにGX開発のため、国や民間は計約750億円を投入している。今後、初打ち上げまでに
倍の経費が必要とされる。

商業用ロケットとしては致命的な「高コスト」を背負うGXが、投資に見合った成果を上げられる
見通しはない。

宇宙開発委の小委員会が5月中に出す結論では、開発を継続することの意義と是非に、どこまで
踏み込むかが焦点となる。

●計画変更前の「GX」完成予想図(宇宙航空研究開発機構提供)
http://sankei.jp.msn.com/photos/culture/academic/080506/acd0805061339006-p1.jpg

◎ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/culture/academic/080506/acd0805061339006-n1.htm

◎関連スレ
【商業ロケット】インド、衛星10基を一度に打ち上げすべて軌道に乗せる…ビジネス本格化に自信[4/28]
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1209467049/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【宇宙開発】「失敗したなと思う」(開発委員の一人)--日本初の官民共同開発ロケット『GX』、先行き混迷 [05/06]

【関連リンク】
イザ! 【 宇宙ロケット、追加発射へ イラン大統領
イザ! 【 宇宙開発に新たな一歩 きぼう打ち上げ成功
イザ! 【 インターネットつなぐ「きずな」 三菱重工がロ…
イザ! 【 【主張】「きぼう」 日本の宇宙開発に新章を
イザ! 【 電離層下部の構造解明へ 小型ロケット使い観測
Yahoo!ニュース 【 【明解要解】先行き混迷 中型ロケット「GX」開発
Yahoo!ニュース 【 中国初の月面探査車、検収をパス
Yahoo!ニュース 【 2014年にもペイロード拡充の大型ロケットが完成、宇宙開発に拍車―中国
Yahoo!ニュース 【 発改委:全国30カ所に国家ハイテク産業基地を建設
Yahoo!ニュース 【 今年の宇宙開発予算、衛星開発など3164億ウォン
gooニュース 【 【明解要解】先行き混迷 中型ロケット「GX」開発(産経新聞)
gooニュース 【 【明解要解】先行き混迷 中型ロケット「GX」開発 (1/2ページ) - MSN産経ニュース

Wikipedia 【 宇宙

[【宇宙開発】「失敗したなと思う」(開発委員の一人)--日本初の官民共同開発ロケット『GX』、先行き混迷 [05/06]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。