上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:きのこ記者φ ★ 2008/05/18(日) 23:31:11 ???
健康保険から給付される医療のうち、一定の金額までは医療保険の適用を免除して
全額を患者の自己負担とする「保険免責制」の導入を、財務相の諮問機関「財政制度等審議会」
(西室泰三会長)が検討している。

仮に1000円の保険免責制が導入されると、患者の自己負担が現行の3割から
4.1割に跳ね上がるため、日本医師会などが「公的医療保険が崩壊する」と反対している。

日医などによると、医療制度の改革が議題となった4月25日の財政審では、
保険免責制の導入について、2009年度予算編成に向けた建議(意見書)の
取りまとめに向けた議論の中で検討するという意向が示された。

外来一人当たりの医療費と患者負担は、06年には一般の医療費が平均で6413円、
老人(現在は後期高齢者)が7230円。患者負担は、一般が3割で1920円、老人が1割で720円だった。

免責額が1000円の場合には、医療費が1000円までは保険が適用されず、全額が自己負担に。
そして、1000円を超える部分について、その超過額の3割が患者負担となる。

仮に1000円の免責制が導入されると、06年時点の6413円の一般医療費のうち、
1000円が免責となり、残りの医療費5413円の3割(1620円)が患者負担となる。
このため、免責額の1000円と3割負担分の1620円の計2620円が患者負担となり、
医療費全体の4.1割を占めることになる。
これを老人医療費に当てはめると、06年の負担額720円は1620円となり、
現行1割の2倍以上の2.2割の負担となる。

日医は「保険免責制は、保険の給付範囲を狭め、医療の格差を助長する」と指摘。
「国の財政や経済界には、メリットをもたらすかもしれないが、将来は、疾病の重篤化を招き、
公的医療保険の崩壊につながる恐れもある」と反対している。

また、全国保険医団体連合会なども「保険免責制が導入されれば、受診頻度が高い患者ほど
負担が重くなる。保険証1枚でかかれる公的医療を縮小させて、保険がきかない医療を拡大することだ。
国民皆保険制度を根底から崩すものであり、絶対に認められない」と批判している。

ソース
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/16065.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【健保】1000円までは全額、超過分については3割を負担…諮問機関が医療費「保険免責性」を検討 [08/05/16]

【関連リンク】
イザ! 【 長寿医療制度、古い保険証でも当面OK
イザ! 【 アフラック、がん保険の商品改定を実施 高度先…
イザ! 【 10都府県が独自に保険料補助 後期高齢者医療…
イザ! 【 大阪の保険料は全国3番目 後期高齢者医療制度
イザ! 【 後期高齢者医療の保険料、都道府県格差1.4倍…
Yahoo!ニュース 【 財務省資料に改めて反論─日医
Yahoo!ニュース 【 「保険免責」1000円で医療費負担4割に
Yahoo!ニュース 【 日医の中川理事、財政審に反論


[【健保】1000円までは全額、超過分については3割を負担…諮問機関が医療費「保険免責性」を検討 [08/05/16]]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。