上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:きのこ記者φ ★ 2008/05/26(月) 20:55:39 ???
介護サービスから「場外追放」されたグッドウィル・グループ(GWG)の創業者、
折口雅博・前会長が、苦境のグループを尻目に米国へ「高飛び」する。

折口氏は米国永住権(グリーンカード)を家族とともに取得し、夏前にもニューヨークに移住。
かの地には自身が出資しているレストランがあり、慶応高校に通う子どもの転入も、
すでに手続きを終えたようだ。

GWGは主取引銀行だったみずほ銀行に匙を投げられ、その債権は昨年末、
米再建ファンドのサーベラスと米大手証券のモルガン・スタンレーに譲渡された。
その時点で折口氏は経営責任を取ってグループ関連の相談役に退き、
ほとんど影響力を失ったとされる。

本人は米国行きを「新たなビジネスチャンスのきっかけにしたい」と語っているようだが、
果たしてホンネかどうか。コンプライアンス違反など社会的責任は大きいものの、
グループ内に「折口待望論」があることを、よく承知しているからだ。

もちろん厚生労働省は人材派遣と介護ビジネスのイメージをひどく傷つけた「折口」の名前を
消したがっており、早期の復帰はあり得ない。
それゆえ折口氏もほとぼりが冷めるまで、海外で様子を見ることにしたわけだ。

ところが、GWGはサーベラスとモルスタの主導で再建を目指すと思われていた矢先、
ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングスが筆頭株主に躍り出て、再建は一筋縄ではいかなくなった。
3年後の復帰をメドにしていたという折口氏の目論見は、渡米前から狂い始めている。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000000-fac-bus_all


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【創業者】グッドウィルの折口元会長、日本に「グッドバイ」…米国へ高飛び(FACTA) [08/05/26]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 あのグッドウィルの折口氏が米国へ「グッドバイ」
gooニュース 【 あのグッドウィルの折口氏が米国へ「グッドバイ」(ファクタ)


[【創業者】グッドウィルの折口元会長、日本に「グッドバイ」…米国へ高飛び(FACTA) [08/05/26]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:きのこ記者φ ★ 2008/05/26(月) 20:55:39 ???
介護サービスから「場外追放」されたグッドウィル・グループ(GWG)の創業者、
折口雅博・前会長が、苦境のグループを尻目に米国へ「高飛び」する。

折口氏は米国永住権(グリーンカード)を家族とともに取得し、夏前にもニューヨークに移住。
かの地には自身が出資しているレストランがあり、慶応高校に通う子どもの転入も、
すでに手続きを終えたようだ。

GWGは主取引銀行だったみずほ銀行に匙を投げられ、その債権は昨年末、
米再建ファンドのサーベラスと米大手証券のモルガン・スタンレーに譲渡された。
その時点で折口氏は経営責任を取ってグループ関連の相談役に退き、
ほとんど影響力を失ったとされる。

本人は米国行きを「新たなビジネスチャンスのきっかけにしたい」と語っているようだが、
果たしてホンネかどうか。コンプライアンス違反など社会的責任は大きいものの、
グループ内に「折口待望論」があることを、よく承知しているからだ。

もちろん厚生労働省は人材派遣と介護ビジネスのイメージをひどく傷つけた「折口」の名前を
消したがっており、早期の復帰はあり得ない。
それゆえ折口氏もほとぼりが冷めるまで、海外で様子を見ることにしたわけだ。

ところが、GWGはサーベラスとモルスタの主導で再建を目指すと思われていた矢先、
ユナイテッド・テクノロジー・ホールディングスが筆頭株主に躍り出て、再建は一筋縄ではいかなくなった。
3年後の復帰をメドにしていたという折口氏の目論見は、渡米前から狂い始めている。

ソース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080526-00000000-fac-bus_all


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【創業者】グッドウィルの折口元会長、日本に「グッドバイ」…米国へ高飛び(FACTA) [08/05/26]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 あのグッドウィルの折口氏が米国へ「グッドバイ」
gooニュース 【 あのグッドウィルの折口氏が米国へ「グッドバイ」(ファクタ)


[【創業者】グッドウィルの折口元会長、日本に「グッドバイ」…米国へ高飛び(FACTA) [08/05/26]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。