上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:きのこ記者φ ★ 2008/06/09(月) 16:47:22 ???
「怒りに近いものを感じる。何でも、もうければいいというマネー経済、
 ウオールストリート資本主義の 悪い面が出ている」-。

経済産業省の北畑隆生事務次官は9日の記者会見で、
1バレル=140ドル目前に達して天井知らずの原油高騰に怒りを爆発させた。

同次官は、米機関投資家のゴールドマン・サックスやモルガン・スタンレーが
原油高は今後も続くと予測したリポートを公表後、原油が急騰したと名指しで非難。

「片方で投資をしておいて(取引に)有利な情報を流す。(市場の価格が)しかるべき
水準に収れんするメカニズムが機能していない」と不満を述べた。

その上で「どんなことがあってもファンダメンタルズ(基礎的条件に基づく価格水準)は
60ドルだと言い続ける」として、同水準が適正価格だと強調した。

ソース
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2008060900563


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【資源政策】「怒りに近いものを感じる」…経産省の北畠事務次官、原油高で米投資家を名指しで非難 [08/06/09]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 原油高に怒りもピーク=米投資家を名指しで非難-経産次官
gooニュース 【 原油高に怒りもピーク=米投資家を名指しで非難-経産次官(時事通信)


[【資源政策】「怒りに近いものを感じる」…経産省の北畠事務次官、原油高で米投資家を名指しで非難 [08/06/09]]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。