上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/07/30(水) 12:36:04 ???
関西経済界と関西を中心とする地方自治体が加わった関西広域機構(会長=秋山喜久・前関西
経済連合会長)は30日、大阪市内で開いた会合で、国からの権限委譲の受け皿となる
「関西広域連合」(仮称)の骨格案を議論、基本合意した。同機構は平成21年度の発足を
目指しており、実現すれば複数の都道府県にわたる初の広域連合となる。将来の道州制導入に
向けた試金石となりそうだ。

関西広域連合には大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀の2府4県と福井、三重、徳島の
各県が参加を表明し、30日午後には新たに鳥取も加入する。

設立の狙いについて、骨格案は「地方から広域行政のあり方を提案して地方分権改革の突破口を
開く」と明示。(1)東南海・南海地震に備えた広域防災対策(2)広域観光や産業政策
(3)ドクターヘリの効率的な配置による救急医療の連携(4)地球温暖化や自然保護などの
環境対策(5)交通・物流基盤の一元管理・整備をあげた。

会議の冒頭、同機構の秋山会長は「政府でも道州制の議論が盛んだが、上からの改革で真の
地方主権になりにくい問題点がある。住民の立場に立った自治権の確立が必要で、そのために
第一歩を踏み出したい」と意欲をみせた。

今後の基本方針として、防災分野の人材育成や関西地区限定の資格制度の創設といった実現可能
な施策に取り組むほか、各府県、政令市の事情を考慮し、事務ごとの“部分参加”を認めるなど
柔軟な形態をとることにしている。

関西広域連合をめぐっては関経連が平成15年2月に提唱し、同機構で議論を重ねていた。
同機構は21年3月までに各府県議会などの承認を得て、同年4月、総務相に発足申請を行う
ことにしている。


『広域連合』 

都道府県や市町村などが広い地域にわたる事業や政策実現を目指して設ける制度で、
平成7年6月から始まった。市町村レベルでは介護保険やゴミ処理、産業振興といった業務に
ついて100以上共同展開している。これに対し、道州制は都道府県を廃止して数ブロックの
道州に分ける構想。政府の懇談会は「平成30年まで」と導入目標の時期を明示している。

●ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/080730/lcl0807301220001-n1.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【地方分権】『関西広域連合』の骨格案を基本合意--2府8県が参加、道州制導入の試金石 [07/30]

【関連リンク】
イザ! 【 「関西広域連合」の骨格案を基本合意 道州制導…
イザ! 【 関経連会長、橋下知事を「教育」?
イザ! 【 【橋下日記】(27日)「お金のことばかり気に…
イザ! 【 カネボウ化粧品、花王傘下で攻勢 海外で販売網…
イザ! 【 【ドラマ・企業攻防】花王傘下のカネボウ化粧品…
gooニュース 【 【記者が読む】鳥取県は“関西”? 山陰の同志よ、どこへ行く-(産経新聞)

Wikipedia 【 連合

[【地方分権】『関西広域連合』の骨格案を基本合意--2府8県が参加、道州制導入の試金石 [07/30]]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。