上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:きのこ記者φ ★ 2008/11/09(日) 02:07:13 ???
今年3月に発売された三菱鉛筆の「クルトガ」が、シャープペンシルとしては異例のヒットを飛ばしている。
中高生を中心に人気を集め、発売後半年で販売本数100万本超えを記録。
初年度80万本という販売目標を2倍上回るペースで売り上げを伸ばしている。

従来のシャープペンは、書き続けていると芯先が偏って磨耗し、字が太くなるのが難点だった。
クルトガは書くたびに、内蔵した歯車が筆圧で少しずつクルッと回転する。
40画で一周するため、いつでも先のとがった芯で細い字を書くことができる。
こうした特徴を製品名にもそのまま反映させた。
ちょっとしたアイデア製品だが、三菱鉛筆の研究員が5年がかりで商品化にこぎ着けた力作だ。

三菱鉛筆では、2006年に国内発売した油性ボールペン「ジェットストリーム」がロングヒット。
独自のインク製法による滑らかな書き味が人気を呼び、今も世界中で売れ続けている。
クルトガもアジアで販売を開始したが、国内と比べて販売量はかなり少ないという。

「現在は生産が追いつかないうえに、好まれる文字の太さが国ごとに違う」(三菱鉛筆)。
太字が好まれる英字文化の欧米でも、今のところ発売時期などは未定。
ロングヒット製品に育つかどうかは、今後の海外展開もカギを握りそうだ。

http://www.toyokeizai.net/life/living/detail/AC/35962b784b1a53e53cf26b1a896b7aa6/
http://www.toyokeizai.net/public/image/2008102800146121-1.jpg


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文房具】書くたびに芯が回るシャープペンが異例のヒット…常に尖った芯先で書ける三菱「クルトガ」 [08/11/08]

【関連リンク】


[【文房具】書くたびに芯が回るシャープペンが異例のヒット…常に尖った芯先で書ける三菱「クルトガ」 [08/11/08]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:きのこ記者φ ★ 2008/11/09(日) 02:07:13 ???
今年3月に発売された三菱鉛筆の「クルトガ」が、シャープペンシルとしては異例のヒットを飛ばしている。
中高生を中心に人気を集め、発売後半年で販売本数100万本超えを記録。
初年度80万本という販売目標を2倍上回るペースで売り上げを伸ばしている。

従来のシャープペンは、書き続けていると芯先が偏って磨耗し、字が太くなるのが難点だった。
クルトガは書くたびに、内蔵した歯車が筆圧で少しずつクルッと回転する。
40画で一周するため、いつでも先のとがった芯で細い字を書くことができる。
こうした特徴を製品名にもそのまま反映させた。
ちょっとしたアイデア製品だが、三菱鉛筆の研究員が5年がかりで商品化にこぎ着けた力作だ。

三菱鉛筆では、2006年に国内発売した油性ボールペン「ジェットストリーム」がロングヒット。
独自のインク製法による滑らかな書き味が人気を呼び、今も世界中で売れ続けている。
クルトガもアジアで販売を開始したが、国内と比べて販売量はかなり少ないという。

「現在は生産が追いつかないうえに、好まれる文字の太さが国ごとに違う」(三菱鉛筆)。
太字が好まれる英字文化の欧米でも、今のところ発売時期などは未定。
ロングヒット製品に育つかどうかは、今後の海外展開もカギを握りそうだ。

http://www.toyokeizai.net/life/living/detail/AC/35962b784b1a53e53cf26b1a896b7aa6/
http://www.toyokeizai.net/public/image/2008102800146121-1.jpg


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文房具】書くたびに芯が回るシャープペンが異例のヒット…常に尖った芯先で書ける三菱「クルトガ」 [08/11/08]

【関連リンク】


[【文房具】書くたびに芯が回るシャープペンが異例のヒット…常に尖った芯先で書ける三菱「クルトガ」 [08/11/08]]の続きを読む
1:西進φ ★ 2008/09/19(金) 12:32:42 ???
 コクヨS&T(本社:大阪市)は、東大合格生のノートを研究して開発したキャンパス
ノート「ドット入り罫線シリーズ」を2008年10月10日発売する。中紙の横罫に等間隔
に並んでいるドットを利用して、美しくノートをとることができるという。希望小売価格
は157円?273円。

 10月に文藝春秋社から発売予定の「東大合格生のノートはかならず美しい」(太田
あや著)と同時発売。文藝春秋社、太田氏、コクヨS&Tが共同で行った調査をもとに、
“学習に最適なノート”として開発した。

 太田氏と文藝春秋社は、まず東大合格生のノートの書き方が「美しい」点に着目。
調査では、合格生が学んだことを効率的に身につけるために、書き出しをそろえたり、
内容ごとに書く場所を決めるなど、後で見返しやすいよう、美しく書く工夫をしていた
ことが分かったという。

 「ドット入り罫線シリーズ」では、ドットを入れることで、文頭がそろえやすい、図形
や表を書きやすい、資料を真っすぐに張れるなどの特徴を備える。「キャンパスノー
ト(ドット入り罫線)」「キャンパスルーズリーフ(ドット入り罫線)」「ツインリングノート
(ルートマップ柄)(ドット入り罫線)」の3品目で、それぞれ普通横けい(けい幅7mm)
と中横けい(けい幅6mm)の2種類がある。

画像:キャンパスノート(ドット入り罫線)
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080919/1018893/01.jpg
画像:実際にノート上に図形を描いた時の様子
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080919/1018893/02.jpg

ソース:日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/news/20080919/1018893/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【文房具】コクヨS&T:東大合格生のノートを研究して開発したドット入り罫線ノート 10月10日発売[08/09/19]

【関連リンク】


[【文房具】コクヨS&T:東大合格生のノートを研究して開発したドット入り罫線ノート 10月10日発売[08/09/19]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。