上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1: @朝一から閉店までφ ★ 2008/10/02(木) 21:55:19 ??? BE:11387227-2BP(5171)
「『ニセモノ食品』作り最前線」(宝島社 933円)
普段何げなく口にしているスーパーやコンビニ、外食産業の食品は、なぜ安価でそこそこうまいのか? 添加物を
使い、化学の力を駆使した約40品目の製法を明かした「『ニセモノ食品』作り最前線」(宝島社 933円)が
刊行された。

たとえば、コンビニのおにぎりが冷めてもしっとり、いつまでも硬くならないのはなぜか。それは米を乳化成分や
グルタミン酸、増粘多糖類入りの水に漬け込んで炊いてあるから。次亜塩素酸水溶液で洗えば古米や古々米の色や
臭みも抜けるので、古い備蓄米を安く仕入れて加工したご飯はおにぎりや丼ものチェーン店など、さまざまな
外食産業で活用されている。

また、最近「化学調味料不使用」という売り文句が増えたのはなぜか。それは、牛の血や鶏の羽などのクズ部分を
高圧塩酸で分解し、深いうま味を持つ調味料に変える技術が開発されたから。この「たんぱく加水分解物」は
インスタント食品やスナック菓子、ファストフードをはじめ、今やほとんどの加工食品に使われている。

そのほか「クズ・バラ肉をツギハギしてつくる成型肉」「アルコールとカフェインでつくる原価15円の健康
ドリンク」「色つき塩水レベルの模造“醤油”」「添加物とマーガリンでつくるネギトロ」など、最新
ケミカルクッキングの実態を、製造過程の写真付きで一挙公開。製造レシピを解説するカラー写真がリアルで、
食べられなくなるものが増えるかも!?

(日刊ゲンダイ2008年9月29日掲載)

*********************************************************************************************
49-577依頼あり
livedoor ニュース - 外食産業の飯が冷めてもうまい理由
http://news.livedoor.com/article/detail/3842542/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【本/外食】外食産業の飯が冷めてもうまい理由(ゲンダイネット)[10/02]

【関連リンク】
イザ! 【 弁当箱、売れてます サラリーマン襲う外食値上…
イザ! 【 【書評】『中国食品動乱』小森正彦著
イザ! 【 国産食品を買って旅行に行こう 農水省、ポイン…
イザ! 【 “内食”回帰へ地殻変動 安全対策怠れば淘汰も
イザ! 【 パン値上がりで“ご飯復権” 「お茶漬け」「レ…


[【本/外食】外食産業の飯が冷めてもうまい理由(ゲンダイネット)[10/02]]の続きを読む
スポンサーサイト
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。