上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2010/06/15(火) 08:58:10
ソースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1006/14/news035.html

Windows 2000とWindows XP Service Pack 2(SP2)のサポート終了まで
残り1カ月に迫っている。
サポート終了後はセキュリティ更新プログラムの提供も終了するため、
マイクロソフトは対応を呼び掛けている。

Windows 2000/XP SP2の延長サポートは7月13日(米国時間)に終了する。
対象は、Windows 2000(2000年3月31日発売)がProfessional/Server/Advanced Server/
Data Center Server。

XP SP2(2004年9月17日リリース)がHome Edition/Professional/Media Center Edition 2002/
Media Center Edition 2004/Tablet PC EditionのSP2
(Professional x64 EditionのSP2はサポート終了対象外)。

サポート終了後はセキュリティ更新プログラムが提供されないため、
「セキュリティ上のリスクが高い状態で使うことになる」(同社)。
告知サイト
http://www.microsoft.com/japan/windows/lifecycle/default.mspx
では、Windows 2000は最新OSへの移行を、XP SP2はService Pack 3を適用するか、
最新OSに移行するよう呼び掛けている。

-以上です-


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】Windows 2000 / XP SP2のサポート終了まで1カ月[10/06/14]

【関連リンク】


[【OS】Windows 2000 / XP SP2のサポート終了まで1カ月[10/06/14]]の続きを読む
スポンサーサイト
1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2010/04/24(土) 12:17:39
 Windows XP Service Pack 2(SP2)の延長サポート期間が、が2010年7月13日に終了する。

現在、Windows XPを利用している個人ユーザーの多くは、SP3にアップデートしているケース
が多いため、延長サポート期間は2014年4月8日までとなっている。個人企業や中小企業など
も同様に、SP3ユーザーが多いと見込まれる。そのため、SP2の延長サポート期間の終了は、
それほど影響がないとも考えられそうだが、大手企業などに目を転じると、実は、その影響
は極めて大きいといわざるを得ない。

SP2の話に触れる前に、実際、Windows XPがどのぐらい現在でも使われているのかを見てみ
よう。

先頃、社団法人日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)が発表した「企業IT動向調査2010」
によると、企業におけるクライアントOSの導入状況は、依然として、Windows XPが圧倒的で
あることがわかる。同調査によると、なんと企業全体の84%がWindows XPユーザーだという
結果が出ているのだ。その他のOSでは、Windows 2000が10%、Windows NTやWindows 98などの
旧OSは1.4%、そして、Windows Vistaは2.6%に留まっている。また、Windows 7もわずか0.1%
という状況だ。

この調査は、東証一部上場企業を中心に約1,000社からの回答を得たものだ。大手企業では
、Windows XPの利用率が圧倒的であることがわかるだろう。

http://j.mycom.jp/column/ittrend/017/images/003l.jpg

一方、IDCジャパンの調べでも、2009年11月時点での利用率は、Windows XP Professionalが
60%、Windows XP Homeが10%となり、7割の法人ユーザーがいまだにWindows XPを利用して
いることが明らかになっている。Windows Vistaの利用率は19%、Windows 7の利用率は6%に
留まる。

では、このなかで、Windows XP SP2の利用率はどのぐらいに達しているのだろうか。

実は、この点では具体的な調査結果は出ていない。だが、マイクロソフト関係者によると、
「企業において、Windows XP Professionalを利用しているユーザーの約7割がSP2だと想定
される」とする。

セキュリティの問題などから多くのユーザーがSP3へと移行したものの、その検証などに膨大
な手間と時間を要することから、情報システム部門では安定しているSP2をそのまま使い続
けているという例が大半なのだ。だが、SP2の延長サポートが終了することで、企業におい
てはSP3への移行、あるいはWindows 7への移行を余儀なくされているというわけだ。

ソース:マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/column/ittrend/017/?rt=na


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】我々が思う以上に多くのユーザーに使われている“Windows XP”の実態 [10/04/20]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 これで何か不満あるかい? 社員諸君──13.3型ワイドの“侮れない法人PC”「Vostro 3300」
Yahoo!ニュース 【 インテル、強化された新vProを発表――「2010年はPCリフレッシュに最適な時期」とアピール
Yahoo!ニュース 【 MSら8社、中小企業向け「Windows 7移行キャンペーン」──企業PCの“買い換え”を支援
Yahoo!ニュース 【 アップルが再び負ける日


[【OS】我々が思う以上に多くのユーザーに使われている“Windows XP”の実態 [10/04/20]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2010/02/17(水) 10:48:07
ソースは
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1002/17/news007.html

[1/2]
Microsoftの次期OS「Windows 8」は、ユーザーインタフェースや機能において、根本的な変更が
行われるかもしれない。少なくとも、Microsoft社員による公式ブログへの投稿ではそう示されている。
この投稿はその後すぐに削除された。

「Windowsアップデートチーム」のプロジェクトマネジャーは、1月31日に
Microsoft Developer Networkに「次のWindowsに何が入るか」というタイトルで投稿されたブログで、
Windows 8の開発が順調に進んでいることを示唆した。このブログはその後削除されたが、
キャッシュされたバージョン
http://209.85.229.132/search?q=cache:BQ1-4H56ZKcJ:blogs.msdn.com/sharad/archive/2010/01/31/whats-in-store-for-the-next-windows.aspx+
が残っている。

投稿者はこのブログエントリ、そしてほかの2つのエントリでも自身の名前を明らかにしていないが、
ブログのURLには「Sharad(シャラド)」という名前が含まれている。
SNSのLinkedInでは、「シャラド・ゴエル」という名前の人物が、シアトルのMicrosoftの
「コンピュータソフトウェア」担当プログラムマネジャーとして登録されている。

Microsoftにこのブログ投稿者の身元について確認したところ、同社の広報担当者は次のように回答した。
「この場合、LinkedInの情報を基に決定的な判断はできない。このブロガーが誰なのか、われわれにも
よく分からない。シャラドという名前の人物は社内に複数いるからだ」。
広報担当者は、Windowsの将来版についてのコメントを控えた。

「Windows 8にどんな機能があるのか聞かれるようになった。わたしがまず言わなくてはならないのは、
『次期版WindowsがWindows 8と呼ばれていると誰が言ったのか?』に関する
スティーブン・シノフスキーのインタビューに共感しているということだ」と1月31日の
ブログエントリには書かれている。「Windowsの次期バージョンをわたしがどう呼んでいるか、
簡単な言葉で言うと――Windows.nextだ」

このブログ投稿者によると、次期版Windowsは「たいていの人が予想するWindowsとは
まったく違ったものになる。スティーブンが顧客のニーズ&ウォンツをくみ上げ、それを実現する
チームをまとめるために設けたプロセスに感動している」。

少なくとも1月31日の時点では、これ以上詳しいことは書かれていない。「ひとまずはここまで。
大した情報を出していないことは分かっているが、今の時点では言えない。ビジョンの確定に向けて
作業しているところだから」

-続きます-



スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】Windows 8は「まったく違うものになる」--Microsoft関係者が語る[10/02/17]

【関連リンク】


[【OS】Windows 8は「まったく違うものになる」--Microsoft関係者が語る[10/02/17]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2010/02/16(火) 08:18:41
米マイクロソフト(MS)は15日(日本時間16日未明)、高機能携帯電話(スマートフォン)向けの
新型の基本ソフト(OS)を発表した。
動画や音楽の視聴機能のほか、会員制交流サイト(SNS)への対応を高めるなどコミュニケーション機能を
充実させた。東芝など国内外の携帯電話メーカーが対応機を開発しており、今冬の年末商戦に投入する
計画だ。

新OS「ウィンドウズフォン7」は、15日にバルセロナで開幕した世界最大規模の携帯電話の見本市
「モバイルワールドコングレス(MWS)」で発表された。
昨年10月にMSが発売したパソコン用の最新OS「ウィンドウズ7」の機能を携帯に応用した。

MSのスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)は同日の会見で「ウィンドウズ7でパソコンで
新しい時代を切り開いたように、携帯電話でも新たな価値を利用者に提供する」と述べた。
価格など詳細については現時点では不明としている。

ソースは
http://www.sankeibiz.jp/business/news/100216/bsb1002160802005-n1.htm
米マイクロソフトが15日に発表した高機能携帯電話向けの基本ソフト(OS)
「ウィンドウズフォン7」の搭載機=15日、スペイン・バルセロナ
http://www.sankeibiz.jp/images/news/100216/bsb1002160802005-p1.jpg


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 マイクロソフト[10/02/16]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 マイクロソフトの携帯電話向け新OS、勝算は?
Yahoo!ニュース 【 主戦場は携帯 MS反攻 スマートフォン向け新OS
Yahoo!ニュース 【 端末メーカー買収の計画はない=マイクロソフトCEO
Yahoo!ニュース 【 再送:米マイクロソフト、スマートフォン向けの新たなOSを発表
Yahoo!ニュース 【 スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 マイクロソフト


[【OS】スマートフォン向け新OS「セブン」を発表 マイクロソフト[10/02/16]]の続きを読む
1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2009/11/21(土) 19:46:04
 Windows 7には32ビット版と64ビット版がある(Windows 7 Starterを除く)。
Windows XPまでは32ビット版が主流だったが、Windows Vistaで64ビット版を採用した
メーカー製パソコンが登場するなど、少しずつだが普及が進んできた。米国では日本より
も64ビット版が普及しているため、海外大手メーカー製のパソコンでは64ビット版を
採用するモデルが多い。

 Windows 7では、パッケージ版に32ビット版と64ビット版の両方のディスクが入って
いる。64ビット版をプリインストールした大手メーカー製パソコンもWindows Vistaの
ときよりも増えた。購入後に32ビット版か64ビット版か選択できるモデルもある。
32ビット版と64ビット版の違いを整理して、どちらを選んだ方が賢いのか検証していこう。

32ビットと64ビットでは扱えるメモリー容量が違う

 32ビット版と64ビット版の最大の違いは、認識して利用できる最大メモリー容量の
違いだ。32ビット版は、2の32乗(約4GB)までのメモリーしか利用できない。現在、
4GBのメモリーを搭載するパソコンが増えているが、既に32ビット版の上限いっぱいまで
使っているのだ。4GB以上は増設しても利用できない。

 これに対して64ビット版は、2の64乗までのメモリーを理論的に扱える。実際はパソ
コンによって搭載できる上限は異なるが、メモリースロットの多いパソコンなら4GB以上
のメモリーを搭載できる。

一番の問題は周辺機器が使えるかどうか

 メモリー容量の上限以外に32ビット版と64ビット版に大きな違いはない。では多くの
メモリーが使える64ビット版を選んでおけば間違いないのかというと、そう簡単には
いかない。ソフトウエアと手持ちの周辺機器のハードウエアが64ビット版のWindows 7で
動作するかどうかを確認しなければならないからだ。

 ソフトウエアについては「WOW(Windows On Windows)」というエミュレーション機能
があり、これで32ビット版のWindows 7用ソフトの多くを利用できる。「Windows Live」
や「Gmail」などのWebアプリケーションはOSの種類に依存しないため、32ビット版か
64ビット版かを気にする必要はない。

 問題になるのは周辺機器だ。プリンターやWebカメラなどを動かすのに64ビット版の
デバイスドライバーが必要になる。マイクロソフトではWindows Vistaのときから、
64ビット版への移行を推進しており、「Windowsロゴ」を取得するには、32ビット版と
64ビット版のデバイスドライバーを用意しなければならない決まりがある。最近の周辺
機器なら問題なく利用できるが、やや古い周辺機器については、メーカーのWebサイトで
64ビット版への対応状況を確認しなければならない。古い周辺機器を多く利用している
人は、32ビット版を使う方が安心だ。

<以下略>

ソース
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20091120-00000006-trendy-ind

関連スレ
【IT】Microsoft幹部の「Windows 7はMacにインスパイア」発言が波紋[09/11/12]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1258039114/
【OS】「Windows 7」、国内で一斉に発売 [09/10/22]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1256177462/
【モバイル】マイクロソフトの本気…コンテンツ強化された「Windows phone」の凄さ [09/11/16]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1258344851/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】Windows 7、64ビット版と32ビット版どちらを選ぶべきか? [09/11/20]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 [特集]完成度の高さが嬉しいWindows 7 乗り換えに向け使用感や新機能を試す


[【OS】Windows 7、64ビット版と32ビット版どちらを選ぶべきか? [09/11/20]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/10/22(木) 15:14:56
米マイクロソフト(MS)の日本法人は22日午前、パソコン用基本ソフト(OS)の新製品
「ウィンドウズ7(セブン)」の発売を受け、記者会見を開いた。日本法人の樋口泰行社長は
同日までのセブンの予約販売が、先代の「ビスタ」の発売から3カ月分に匹敵する本数に
達したことを明らかにした。

セブンはビスタに比べ軽快に操作できるのが特徴で、ウィンドウズでは約3年ぶりの新製品。
パソコン各社もセブン搭載製品を一斉に投入した。樋口社長は「景気が低迷するなか、
セブンを経済全体の活性化の起爆剤としたい」と語った。

会見に先立ち、ビックカメラ有楽町店(東京・千代田)は午前8時から「発売カウントダウン
イベント」を開催。
樋口社長やパソコン各社の事業責任者が顔をそろえ、ビックカメラの宮嶋宏幸社長が
「ここ数年、パソコンの売り上げは厳しい状況だった。セブン発売を機に大いに盛り上がるだろう」
とあいさつした。

ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091022AT1D2200J22102009.html
発売カウントダウンイベントであいさつするマイクロソフトの樋口社長
=22日午前、東京都千代田区のビックカメラ有楽町店本館
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20091022AT1D2200J221020091F.jpg
関連スレは
【OS】「Windows 7」、国内で一斉に発売 [09/10/22]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1256177462/l50
など。


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】ウィンドウズ7(Windows 7)、予約販売が「ビスタ」3カ月分に 日本法人社長[09/10/22]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 ウィンドウズ7、一般販売も開始 「年末商戦の起爆剤に」
Yahoo!ニュース 【 ウィンドウズ7 世界で一斉発売
Yahoo!ニュース 【 <ウィンドウズ7>世界で一斉発売


[【OS】ウィンドウズ7(Windows 7)、予約販売が「ビスタ」3カ月分に 日本法人社長[09/10/22]]の続きを読む
1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★ 2009/10/22(木) 22:03:16
ユーザーからは不評だったWindows Vistaだが、発売前のレビューでは高評価だった。
ライターは「過去に戻れるなら、もっとネガティブな評価をしていた」と後悔を口に
している。(ロイター)


 MicrosoftがWindows 7のリリースに向かう中、発売前レビューはおおむね好意的だ。
だが、Windows Vista発売直前のレビューもそうだったのだ。

 10月22日のWindows 7発売の数カ月前から、ComputerworldやNew York Timesなどの
出版社は、特に高速化と古いコンピュータとの互換性の点で同OSを高く評価し、称賛
していた。

 だがVistaも発売前は高評価を得ていた。当時ライターは新しいデザインをほめた――
そして後に皆の不満の元になった奇妙な動作についてはもっともらしくごまかした。

 「あのレビューを書いた当時、わたしはPC Worldの編集者だった。今思うと、もう
少し高い基準を貫いていればよかった」と元PC World編集長のハリー・マクラケン氏は
自身のサイトTechnologizerのブログで述べている。

 Vistaは2007年のリリース後、厳しく批判されるようになり、人気が落ちた。多くの
人は旧バージョンのWindows XPを使い続けることを選んだ。VistaはHewlett-Packard
(HP)、Acer、Dellなどが提供するPCの約20%にインストールされている。

 だが当時、レビューを読んだ人はVistaは成功間違いなしと思っただろう。

 PC Worldは2006年のレビューで、「全体的に見て、Vistaは大きな飛躍だ」と記していた。

 ライターのプレストン・グララ氏はこうした言葉に同意はしているが、Vistaを
幅広いハードでテストしなかったことを後悔している。あとでユーザーがVistaを
ゆっくり試せるようになったときに、ハード要件で多くの問題が起きたからだ。
Windows 7では要件は下がったと同氏は確信している。

 「Vistaの経験から、皆が使っているようなタイプのハードを入手してレビューに
使うためにできるだけ努力することを学んだ」(同氏)

 中にはもう少し――ほんの少し――批判的なレビューもあった。Businessweekの
2007年のレビューで、スティーブ・ワイルドストロム氏はこんな結論を下している。
「Vistaは大きな前進だ。皆、いつか欲しくなるだろう」

 今はもう、それほどではない。「過去に戻ってやり直せるなら、もっとネガティブな
評価をしていただろう」と同氏は語っている。

ソース:ITmedia
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/22/news060.html

関連スレ
【OS】「Windows 7」、国内で一斉に発売 [09/10/22]
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1256177462/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】Windows 7と同様、Vistaも好評だった・・・発売前レビューでは [09/10/22]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 「VAIO X」の極限まで絞ったスリムボディを丸裸にする
Yahoo!ニュース 【 Snow Leopardが登場!! Macはどうなる!?
Yahoo!ニュース 【 Windows 7にNetbook、PCの今後はどうなる!?


[【OS】Windows 7と同様、Vistaも好評だった・・・発売前レビューでは [09/10/22]]の続きを読む
1:きのこ記者φ ★ 2009/10/22(木) 11:11:02
米マイクロソフトの新しいパソコン用基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」が22日、国内で一斉に発売された。
先代のOS「ビスタ」以来、約3年ぶりの新作。

動作が速く、「ネットブック」と呼ばれる小型で低価格のパソコンでも快適に扱える。
売り上げが落ち込んでいるパソコン市場で、需要回復の起爆剤となるかが注目される。

ビックカメラ有楽町店(東京都千代田区)は記念イベントを開催。
ビックカメラの宮嶋宏幸社長は「パソコン市場はここ数年厳しい状況が続いてきたが、
これを機会に盛り上がってほしい」とパソコン需要の喚起に期待を示した。

ウィンドウズ7を搭載したパソコンを発売したソニーなど各メーカーの幹部も、
画面を指で触って操作するなどの新機能に対応した新製品をアピールした。

家庭用「ホームプレミアム」のアップグレード版が発売記念価格で1万4699円。
企業向けは9月1日に発売されており、今回は一般利用者向け。

ただ予約販売を実施していたこともあり、22日朝のビックカメラの購入希望者の列は数人だけ。
21日午後7時から並んだという都内の男子大学生(23)は
「記念に早く手に入れたかった。動作の速さに期待している」と話した。

http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102201000247.html
関連記事
「10年に1度クラスのお祭り」――本気の盛り上がりをみせたWindows 7深夜販売
http://plusd.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0910/22/news018.html
「Windows 7」DSP版が販売開始! 深夜のアキバはお祭り騒ぎ
http://ascii.jp/elem/000/000/470/470187/
秋葉原Windows 7 DSP版発売レポー ~通りを埋め尽くすほどの行列
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091022_323357.html


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】「Windows 7」、国内で一斉に発売 [09/10/22]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 ウィンドウズ7、一般販売も開始 「年末商戦の起爆剤に」
Yahoo!ニュース 【 「1000人以上集まるかも」――Windows 7深夜販売に名乗りを挙げるショップたち
Yahoo!ニュース 【 大型量販店でもWindows 7発売記念イベントが続々開催
Yahoo!ニュース 【 [販売戦略]ビックカメラ、Windows 7を10月22日9時より販売、カウントダウンイベントも


[【OS】「Windows 7」、国内で一斉に発売 [09/10/22]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/10/20(火) 16:06:37
ソースはBCNランキング
http://bcnranking.jp/news/0910/091020_15613.html

アップルの新しいOS、「Mac OS X v10.6 Snow Leopard」(以下、Snow Leopard)が好調だ。
「BCNランキング」では8月28日の発売以来、OSの販売本数で驚異的なシェアを獲得している。
さて、その秘密とは?

パッケージ版OSのメーカーシェアは、Windowsを販売しているマイクロソフトが販売本数の
7割前後を占めている寡占市場だ。
しかし、ひとたびMac OSの新バージョンが発売されると、急激にシェアが逆転する。
09年は、アップルが2年ぶりに新OS、Snow Leopardを発売したため、ここでも急激な
シェア逆転現象が起きた。特に8月の売上はすさまじく、販売本数で実に85.6%を記録。
前バージョン「Leopard」発売直後のピーク60.7%を上回る大ヒットだ。
一方、Windows 7発売直前のマイクロソフトは11.2%まで落ち込んだ。

販売本数シェアのグラフ
http://bcnranking.jp/sys_imgs/news/20091020apple01.gif

そのマイクロソフトがWindows 7の予約受付を開始した9月に入っても、アップルは76.2%のシェアを
維持し、OSのメーカーシェア逆転現象は続いている。
こうした好調の要因はどこにあるのだろうか?
まずSnow Leopardの出来の良さがユーザーに広く認められたという点がある。名前こそ旧OSの
Leopardに「Snow」がついただけのマイナーチェンジに見えるが、中身は徹底的にチューンアップが
施されており、大幅に動作スピードが速くなった。特にファイル管理などをつかさどる中心的な
プログラム「Finder」が、まったく新しく設計し直されており、64bit化やマルチコアプロセッサ対応
など、OSレベルで、次世代テクノロジーをしっかりとサポート。フルモデルチェンジといっていい。

単価のグラフ
http://bcnranking.jp/sys_imgs/news/20091020apple02.gif

ヒットのさらに大きな要因が価格だ。07年発売のLeopardでは、前バージョンのTigerから
アップグレードするために1万4800円かかっていたものが、LeopardからSnow Leopardへの
アップグレードでは、わずか3300円。
この格安アップグレード版の発売を反映して、それまで1万5000円程度だったアップルのOSの
平均単価は09年8月以降、5000円以下まで大幅に下がっている。この大胆な価格設定が大いに
奏効して、大きなシェア獲得につながった。

さて、10月22日には、いよいよマイクロソフトが新しいOS、Windows 7を発売する。
同社もWindows 7へのアップグレード版を3000円と格安で販売するというキャンペーンを実施
しているが、あくまでも6月26日-10月21日までに対象のWindowsパッケージなどを購入した場合のみ。
通常のアップグレード版では、最も安い「Home Premium」でも1万5800円と高めだ。
格安でアップグレード版を提供しているアップルと、ある程度価格を維持しながら新バージョンを
提供するマイクロソフト。こうした販売戦略の違いがOSの販売シェアに今後どのような影響を
及ぼすか、大いに注目したい。

-以上です-


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】格安のSnow Leopardが好調、Windows 7と大きく異なる販売戦略[09/10/20]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 [市況]格安のSnow Leopardが好調、Windows 7と大きく異なる販売戦略
Yahoo!ニュース 【 米アップルのマック、「ウィンドウズ7」発売で問われる真価


[【OS】格安のSnow Leopardが好調、Windows 7と大きく異なる販売戦略[09/10/20]]の続きを読む
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2009/10/13(火) 15:02:47
この1カ月、一部の「Mac OS X」ユーザーが、自分のゲストアカウントにログインした後で、
個人的なデータが消失するという報告していた。
そして、Appleは修正に取り組んでいると述べている。

「われわれは、極めて稀なケースでのみ発生するこの問題を認識している。そして、われわれは
修正に取り組んでいる」とApple関係者は米国時間10月12日、用意された声明で述べた。

Appleがこの問題を調査していると述べたのは、今回が初めてだ。
9月上旬に、数人のMacユーザーがApple Discussion Boardでこの問題を報告した。
米CNETのMacFixitによれば、この問題が発生するときは、次のような流れになるという。
まずMacでゲストアカウントにログインし、その後で通常のアカウントにログインすると、
一部のユーザーのケースでは、自分のデータがすべて消失しており、自分のアカウントが
完全にリセットされているという。

この問題はそれほど多くのユーザーに影響を及ぼしていないようだが(現在、この問題に関して
掲示板で進行中のいくつかのスレッドでは、投稿数が100件に達していない)、話題になって
いることは確かだ。Microsoftは現在、子会社のDangerで発生した大量のデータ消失の対処に
追われている。Dangerは「Sidekick」携帯電話を製造する企業で、Microsoftが買収した。

Appleのデータ消失問題は、同社の最新のOSリリースに関連する唯一の問題ではない。
Snow Leopardはリリースされて以来、「Finder」のハングやクラッシュ、
一部のアプリケーションとの非互換性、「AirPort」の接続切断などのバグに悩まされている。

ソースは
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20401509,00.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【OS】アップル(Apple)、「Snow Leopard」でのデータ消失問題を認める--修正へ取り組み[09/10/13]

【関連リンク】


[【OS】アップル(Apple)、「Snow Leopard」でのデータ消失問題を認める--修正へ取り組み[09/10/13]]の続きを読む
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。