上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2012/12/24(月) 09:06:28
日本が南極海などで続けている調査捕鯨について、水産庁が13年以降の
捕獲(鯨肉生産)目標を年2400トンとピーク時の半分以下に設定したことが
22日分かった。
鯨肉の販売不振による在庫量の増加を抑えるのが目的で、実質的な「生産調整」となる。

捕獲目標は5年間維持する方針。
これまでは鯨種ごとの上限頭数を定めてきたが、13年からは初めて生産量を目標に
加え、市場への鯨肉供給量を抑える。
過去の生産量のピークは06年の5486トンだった。

調査捕鯨を実施している同庁所管の財団法人「日本鯨類研究所」(鯨研)が国内市場に
供給した鯨肉は、02年以降、年3000〜5000トン台で推移。
11年以降は反捕鯨団体の妨害で2000トン台に縮小した。
一方、鯨肉の在庫量は最近は4000〜5000トン台と増加傾向が続いている。
70年代までの商業捕鯨時に比べて鯨肉が割高となったため、多くの店頭から
鯨肉が消え、流通量が縮小したためだ。

調査捕鯨は05年以降、赤字傾向が続いており、一部には事業の存続に疑問の声も
上がっている。水産庁と鯨研は13年から、鯨肉を個人に通信販売したり、
居酒屋はじめ外食産業に直接販売するなど販路拡大にも取り組む方針。
水産庁は「調査捕鯨はあくまで資源調査が目的だが、年度をまたいだ在庫が
発生しないよう販売管理も徹底したい」と話している。

ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20121223k0000e020146000c.html
水産庁 http://www.jfa.maff.go.jp/
日本鯨類研究所 http://www.icrwhale.org/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【行政】水産庁「生産調整」 調査捕鯨、来年からピークの半分以下[12/12/23]

【関連リンク】

Wikipedia 【 水産庁


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 80(221中) 】


2:名刺は切らしておりまして 2012/12/24(月) 09:20:06 ADw8dZSm
給食で消費

13:名刺は切らしておりまして 2012/12/25(火) 20:38:05 GdB9R1Yd
鯨食べたいけど、イルカではない確認が取れる店が無いから、怖くて買えません。

17:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 10:21:44 12SgObyh
愛護憎しの鯨肉キチガイがツイッターでペットの飼育全面禁止を!などと
ファビョってて吹いた。
ペット飼育可の物件に入居できるレベルの収入すらないことを
愛護のせいにするなっつの。

18:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 13:00:21 /kFCZWxX
>>17
で、おたくの収入は?
「入居できる」とか、家買えるだけの収入はないんだろ?


19:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 13:10:06 oDeGreli
鯨は海洋の生態系に影響しちゃうから獲らないと。
獲りすぎて絶滅の危機になったのは、そもそもアメリカやオーストリアの白人のせいだし。

20:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 14:32:37 12SgObyh
>>18
持ち家。数年前にローンを完済した時は重しが取れたようでうれしかった。
法務局に抵当権抹消の手続きに行った日のスッキリ感は忘れられない。
猫もずっと飼ってる。襖とかボロボロで布団によくゲロ吐かれるけどね。
>>19
人間が介入してある特定の状態に保つものは本来の「生態系」とは違う。
鯨が魚やらプランクトンを食いすぎて餌が不足すれば鯨の個体数も自然に減る。

ところで、あんたの言う生態系wとやらは捕鯨開始以前はどうやって維持されていたのか
できるものなら説明してくれない?

23:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 15:02:20 /kFCZWxX
>>20
で、おたくの収入は?
結局ローン組んだんでしょ

>鯨が魚やらプランクトンを食いすぎて餌が不足すれば鯨の個体数も自然に減る。
そのとおり捕食、餓死、病死など苦痛を伴う壮絶な死の連鎖により維持されてるのですが
自然の状態が不効率の積み重ねであることをご存知ないのですか


56:名刺は切らしておりまして 2012/12/31(月) 17:33:39 iv+cY1Il
>>20
>ところで、あんたの言う生態系wとやらは捕鯨開始以前はどうやって維持されていたのか
>できるものなら説明してくれない?

馬鹿馬鹿しくてわらたなw
自然にバランスが取れていたというこの屁理屈なら
人間は、そもそも漁が出来ないよな。


24:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 16:23:02 12SgObyh
>>23
しつこく他人の収入を聞き出そうとしてる時点で、あんた自分から底辺だと
認めてるようなもんだよw
収入=人間の価値だと思い込んでることと、収入の多寡=勝ち負け、と認定している
その二点において、あんたは絶対幸せにはなれないだろう。
収入で人間の価値が決まると思った時からそいつはほんとうの底辺になる。
貧乏自体はニュートラルなものだが、それで余裕がなくなって他人への想像力が
なくなるということはある。
ツイッターで日々愛護への恨み節をつぶやいている鯨肉キチガイも同じ。
あんただってペットは飼ってないだろうし、ペットを飼ってる人たちの気持ちは
理解できないだろうからね。

「自然の状態が不効率の積み重ね」、だから人が介入すべき、という考えは
ある種が絶滅しそうな場合には意味があるが、鯨にその心配はない以上
税金使ってまで日本人が南極海の生態系に介入する必要はない。


25:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 16:52:52 /kFCZWxX
>>24
ここでカゲ口を始めたのはおまえだろ
ローン完済してペット飼ってるだけで勝ち組気分のうえに
捕鯨、捕鯨賛成者に恨み節を投稿している反捕鯨は底辺じゃないのか?
犬2頭、猫1匹飼っているが、おまえの気持ちは理解できないな


イワシ、ナガス、シロナガスは絶滅危惧IB類ですが?
心配ないのに捕鯨を否定する理由は?
収入の多寡を気にしない恩人が税金を気にするのはなぜ?


26:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 17:47:14 12SgObyh
>>25
>犬2頭、猫1匹飼っているが、おまえの気持ちは理解できないな
どうせ見栄で飼ってるブランド犬とブランド猫で
ヤクザも同然のブリーダーから手に入れたペットだと言われても驚かないが
違うというなら入手経路と生体販売の可否についてコメントしてみれば?

>イワシ、ナガス、シロナガスは絶滅危惧IB類ですが?
>心配ないのに捕鯨を否定する理由は?
南極海捕鯨には今後とも採算性が見込めないから反対。
絶滅危惧種である鯨類の保護に「非致死調査ではない」
日本の調査捕鯨が貢献しているとはとても思えないので
やっぱり反対。

>収入の多寡を気にしない恩人が税金を気にするのはなぜ?
あんたみたいに他人の収入はひどく気になるが、自分が納めた税金の使い道はどうでもいいという
いわゆるB層wとは違うんでねww悪いねwww


27:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 18:00:47 /kFCZWxX
>>26
>どうせ見栄で飼ってるブランド犬とブランド猫で
劣等感まるだしだな
違うというならまずはおたくの収入と猫についてコメントしてみれば?

>南極海捕鯨には今後とも採算性が見込めないから反対。
すでに5年で採算を取り戻せる見込み
それが今回の記事だが

>絶滅危惧種である鯨類の保護に「非致死調査ではない」
>日本の調査捕鯨が貢献しているとはとても思えないので
>やっぱり反対。

言ってることが>>24と矛盾してるが
>収入=人間の価値だと思い込んでることと、収入の多寡=勝ち負け、と認定している
>その二点において、あんたは絶対幸せにはなれないだろう。

29:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 18:20:49 12SgObyh
>>27
劣等感ねえw
つまりあんたはブランド犬猫を飼うことが優越感の源でありステータスwであると思ってるわけだ。
あんたが飼ってる犬猫も、あんたが食う鯨も、あんたにとっては「モノ」でしかなく
「生き物」だとは認識していないと。その整合性は認める。
ただし世の中には人間以外の動物に対する見方があんたとはかなり違う人も大勢いるので
そいつらの意向を完全には無視できないという、ただそれだけの話。

>すでに5年で採算を取り戻せる見込み

>>1に引用されている記事には↑そんなこと書いてないよ?
「鯨肉の販売不振」「在庫量の増加を抑えるのが目的」とか景気の悪い文言はあるけど。

それに調査捕鯨はそもそも商業目的じゃないんだから、商業捕鯨が再開されないかぎり
採算なんか取れないの。あと五年でIWCの風向きが変わるとでも?


31:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 18:29:55 /kFCZWxX
>>29
>>1に引用されている記事には↑そんなこと書いてないよ?
この記事自体が水産庁の事業改善の発表を基にしている
商業捕鯨が再開されれば採算が取れると認めているわけだな


>妄想激しすぎw

普通こんな発想はしないからな
>どうせ見栄で飼ってるブランド犬とブランド猫で
>ヤクザも同然のブリーダーから手に入れたペットだと言われても驚かないが
>違うというなら入手経路と生体販売の可否についてコメントしてみれば?


32:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 18:54:32 12SgObyh
>>31
あんた捕鯨推進派なら動物愛護の最新の動向について少しは知ってると思ったけど
全然知識がないんだね。いずれにせよこの件についての意見交換は無理だとわかった。
あんたらの敵wであるところのシーシェパード及び、それを財政的に支えている人たちの
動向についてまったく無知では、今よりもっと困ったことになるとは思うけど。

>商業捕鯨が再開されれば採算が取れると認めているわけだな
だからそれが再開される見通しがあるかないかという話。
鯨研や共同船舶は今のままでも全然困らないけど、
高い鯨肉を買わされる、もしくは手に入らない消費者は
延々ワリを食わされ続けるというただそれだけの話。
ついでにシーシェパードは日本の調査捕鯨との闘いを映像にして
ますます寄付金を集めてさらに強力になるとw
日本の税金使って海外の愛護を儲けさせる構図になってる、そこが問題。


34:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 19:23:41 /kFCZWxX
>>32
いつから意見交換とやらになったかは謎だが
「動物愛護の最新の動向」ってのはなんだ?
「Petaは保護した動物の9割を殺して不法投棄してました」とかいうことか?


42:名刺は切らしておりまして 2012/12/31(月) 10:40:14 5EqQhRjz
>>34
>「Petaは保護した動物の9割を殺して不法投棄してました」とかいうことか?

「最新の動向」と「最も過激な部分」は違うでしょ。
あんたみたいな人って考え方が極端なんだよね。
たとえば「捕鯨推進派の全員が在特会」みたいな歪んだ見方しか出来てない。
狭いところから外を見て自分の基準に合わないものを全部、敵認定して生きてる感じ。
そういう認知の仕方では、世の中思うようにならないことばかりに思えるだろうし
愚痴や文句を言い続けて何ひとつ変えられずに一生を終わることになるだろうね。


45:名刺は切らしておりまして 2012/12/31(月) 12:08:32 dNcR5V56
>>42
4日後に出てきて言うことがそれか?
だったら「最近の動向」とやらを示したらどうだ
「Petaは保護した動物の9割を殺して不法投棄してました」以外にあるんだろ?


28:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 18:20:41 /kFCZWxX
>>26
>どうせ見栄で飼ってるブランド犬とブランド猫で
>ヤクザも同然のブリーダーから手に入れたペットだと言われても驚かないが
>違うというなら入手経路と生体販売の可否についてコメントしてみれば?

ついでに聞くがこの発想にどうやったら行き着くわけ?
「犬2頭と猫1匹」と書いただけだが
おたくはそういう業界となんか絡みがあるのか?


33:名刺は切らしておりまして 2012/12/27(木) 19:06:38 /kFCZWxX
>>32
知識がないのは>>24で「鯨は絶滅の心配がない」などと言ってしまうおたくだが
自分の都合で発言内容もころころかわり矛盾だらけ
都合の悪いことはスルー

ワリを食わされてきたのは減給、コストカットを迫られた鯨研や共同船舶だが

シーシェパードの寄付金は頭打ちで
数年前と違いPeta関連の団体からしか集められていない
関連する愛誤団体は今よりもっと困ったことになるとは思うが

52:名刺は切らしておりまして 2012/12/31(月) 14:55:58 /q1M6fCz
これぞという調理法や料理も無いあたり鯨に親しんだ文化なんか日本に無かった。

59:名刺は切らしておりまして 2012/12/31(月) 19:27:41 a/k1I6uU
鯨なんて消えて行っても誰も惜しまなかったクズ肉じゃんか。
あこがれの牛肉が安くなってみんなハッピーになった。

68:名刺は切らしておりまして 2013/01/01(火) 11:58:11 JsgS3ZvP
水産省は結局商売したかっただけとおもうと、
なんだかなー。

69:名刺は切らしておりまして 2013/01/01(火) 12:03:13 oVFUrbYc
>>68
「商売」ならまだいい。
市場原理にゆだねれば食べたい人たちのところに「十分な量」が「適正な価格」で届くはず。
一部の連中の既得権を守るために市場が歪められていることが問題。
「鯨は食文化」キャンペーンで調査捕鯨が守られることにより、捕鯨国からの輸入もままならない。
ノルウェーは日本に鯨肉売りたいんだよ。鯖とかだけじゃなく。


74:名刺は切らしておりまして 2013/01/01(火) 14:39:57 p+d2C4fu
http://luna.pos.to/whale/jpn_bio_play.html

75:無駄ガネ軍団 2013/01/01(火) 14:45:37 xJ7HvM+n
>>74
その上、最近は震災の復興費をぶっこ抜くという荒事。
本当、国民を嘗めきっている


77:無駄ガネ軍団 2013/01/01(火) 15:52:12 xJ7HvM+n
調査捕鯨は水産庁の「メンツ」と、財団法人日本鯨類研究所と公益会社共同船舶の「既得権益」があるので絶対止めない。
しかも復興予算から23億円ブッコ抜いたって何も言わないこの日本という国民性。
ますます図に乗って貪り続けるって按配なんだな

78:名刺は切らしておりまして 2013/01/01(火) 16:46:24 1wTBkTRI
>>68
「水産省」などありません

>>69
不足してるのでアイスランドから輸入してますが
一部の連中のくだらない自尊心ために捕鯨や行政のイメージが歪められていることが問題

79:名刺は切らしておりまして 2013/01/01(火) 16:50:36 1wTBkTRI
>>75
>>77
新年あけましておめでとう無駄ガネ軍団ことr13812または赤いハンカチ
クジラ君だっけ?
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E5%90%9B
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E4%BE%9D%E9%A0%BC/%E3%82%AF%E3%82%B8%E3%83%A9%E5%90%9B_2%E5%9B%9E%E7%9B%AE


イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク
東京都練馬区豊玉北5-15-12

代表の倉澤は反原発関連の絵描きで最近は「みどりの風」支持を訴え始める
「イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク」は実質グリーンピース、IFAWの迂回団体
「クジラ保護連絡協議会」なるグリーンピース主体の団体の支持団体「食品汚染を考える市民の会」も
「イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク」と同じ住所でしたとさ

グリーンピースの南極ツアーに参加した佐久間淳子、舟橋直子は反捕鯨サークルを結成
ニフティのシスポだった「猫が好き♪」がこの二人を広告塔に騒ぎまくったのが発端だったわけね
猫好きは死んだが佐久間は健在で「税金が」とか怪文書を拡散
「自然の権利基金」だかの理事やってるくせに動くときは「イルカ&クジラ・アクション・ネットワーク」と連名
「メンツ」のためにグリーンピースに参加してたことは公言したくないわけ?
事務所もクジライルカに関わってるとはとうてい思えない雑居ビル
キナ臭過ぎるのにこれまでこの組織について言及しないのは理由あるのか?

80: 2013/01/01(火) 19:00:51 oVFUrbYc
>>77
>しかも復興予算から23億円ブッコ抜いたって何も言わないこの日本という国民性。

国民は容認してるし、水産庁も鯨研も共同船舶も利権ウマーだし、シーシェパードも
調査捕鯨をネタに寄付金集めて大儲けしてるし、つまりみんながシアワセwで
鯨肉キチガイにしてみればまさに我が世の春だろうに、
元旦からヒステリックな長文書いちゃう>>79とかは
いったい何が不満なんだろうねw

86: 2013/01/01(火) 19:26:27 oVFUrbYc
【大吉】出るまでポストしようかなw
>>79
グリーンピースは違法な団体ではないし、反捕鯨の意見を持つことも自由でしょ。
気にくわないのなら思想信条の自由が憲法で保証されていない国に移住すれば?
北朝鮮とか中国ならあんた幸せになれるかもよw


85:無駄ガネ軍団 2013/01/01(火) 19:24:55 xJ7HvM+n
>>80
まあ、いつもの腹黒荒らし兼水産庁を信じて疑わないウヨガキですのであまり触りませぬよう

ちなみに、反捕鯨=人種差別というのは梅崎義人(水産御用ジャーナリスト)とか中田宏(元横浜市長)によるプロパガンダ


87:無駄ガネ軍団 2013/01/01(火) 19:48:50 xJ7HvM+n
ID:1wTBkTRIは福田で、ID:JeuKJ2xAはまさか懐かしのHellhound◆sn8MWLRULgか?ww

91:名刺は切らしておりまして 2013/01/02(水) 02:07:59 QTQ7XXeA
販売用なのに調査捕鯨って名前にしてるからあかんのやろ。
食用なら普通に食用で取ったらいいじゃないか。

なんか、ごまかしみたいなことやってるから胡散臭く見られるのでは?

94:名刺は切らしておりまして 2013/01/02(水) 02:17:41 1BFPih8u
>>91
調査捕鯨も副産物の販売も国際捕鯨取締条約で認められた正当なもの
それを胡散臭いものだとごまかしをやっているのが反捕鯨


107:名刺は切らしておりまして 2013/01/02(水) 18:56:02 cZVNFoVb
なんだ安倍自民は捕鯨も止めるのか
とんだ売国政権だなw

108:名刺は切らしておりまして 2013/01/02(水) 19:08:23 q28A2C6v
>>107
日本が中国に呑み込まれないためにはベトナムやフィリピン、インド、ロシアだけではなく
オーストラリアとの関係も大事。
売れない鯨肉よりはオーストラリアとの良好な外交関係を選ぶというだけの話では?


109:名刺は切らしておりまして 2013/01/02(水) 19:32:38 WOFFE7bn
調査って対策立案のためでしょう?

116:名刺は切らしておりまして 2013/01/03(木) 20:11:52 h8lKIwZE
クジラ、おいしい(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

117:無駄ガネ軍団 2013/01/03(木) 21:44:49 dEdenM8f
日本は未成魚を獲り捲っている
マサバ巻網大乱獲、太平洋カツオ巻網大乱獲、これらは知られてないんだな

>>116
誰に言ってるんだ?まさか日本国民に対してじゃないよな


169:税金泥棒 2013/01/10(木) 06:59:39 45dcMnMe
まず>>117の「無駄ガネ軍団」は福田ね。
当人は捕鯨推進なのだが貼ることにより『反捕鯨なんてこんなもの』とでも言いたいのか、腹黒の考えていることはようわからんわ。


119:名刺は切らしておりまして 2013/01/03(木) 23:42:30 TluaFZGV
魚捕り全てをヤメないと気がすまないようだな、捕鯨に反対の連中は
お肉だけじゃ生きていけねーよ

126:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 14:00:24 i14ES4t5
なるほどIWC脱退しないのは
公共セクターの利権維持のためと
鎖国馬鹿向け戦ってますアピール会場確保のためなんだな

クジラは疑似餌で馬鹿ウヨの歓心がつれればそれでいいと
それで売れ残って廃棄の山なのはマスゴミが封印してるときたもんだ

127:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 14:14:48 HgvdVG3J
「販売不振」というが、要するに高すぎるんだよ。
うちの近所じゃミンククジラの刺身用が100g980円だ。
下手な黒毛和牛より高い。
しかも妙に水っぽくて不味い。買うわけがない。

128:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 14:20:01 HtyqZYu0
実際商業レベルの需要てそんな高くないだろうし構わないだろ
面白くないのは判るが

129:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 14:40:51 Im5L+1Mp
>>126
IWCを脱退するメリットがない

在庫は商品価値を持ち、廃棄の山ではない
それを一部のマスコミや反捕鯨派が問題があるかのように取上げているだけだが

>>127
原価の高騰を抑えても、小売店の利益を上乗せすればその価格
だから直売が望まれている

>>128
どんなに少なく見積もっても10億円以上の市場があることが明白
それを維持、拡大するための事業改善がこの記事

132:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 19:05:44 i14ES4t5
>>129
もうなに言っちゃってんのって感じだね

IWC脱退すれば大手を振って商業捕鯨できる
それすると水産庁所管の財団法人「日本鯨類研究所」なんか要らねえじゃん
民営化すれば?調査なんか他の水産資源と統括してやれよ等の意見が当然出る

それが怖いから欧米の不当要求拒絶スピーチ会場で脱退するする詐欺師を演じつつ
資本主義陣営に21世紀の味方は大躍進政策を投げ捨てた中国であって
共産的大躍進政策に邁進する日本ではないと強烈に宣伝植え付けしながら
馬鹿ウヨに媚び売ってんだろ

そんな政策のクソコンボに航空券の1枚たりとも献上したくない
というのが真の保守主義者の主張でありまして


133:名刺は切らしておりまして 2013/01/04(金) 20:54:36 NegM8ff8
>>132
>そんな政策のクソコンボに航空券の1枚たりとも献上したくない

太地町の町長と町会議長は毎年IWC総会に出席してる。
まさか航空券がエコノミーってことはないだろう。

で、何をやってるかというと、日本が南極海での調査捕鯨をやめれば
日本沿岸での小型鯨類の捕獲枠を増やす、との提案を蹴ったりしている。

それで地元の利害を代表してるといえるのかな?
町長も町議会議長も、調査捕鯨利権に取り込まれてしまっていると思う。


145:名刺は切らしておりまして 2013/01/06(日) 12:45:50 +qr9oVMy
でもさ、学校給食制度は、なかなか良くできた制度
こんなに大規模に実施してるのは日本ぐらいじゃないか?
共働きの家庭には福音、貧乏家庭にもラッキー
給食日が20日で、親の負担が¥5000−程度ですよ
補助金も多少入ってますが、250円/日
この値段であれだけのものを出せるのはすごい事だと思うわ
きちんと管理栄養士が栄養のバランスを考えて提供
コンビニ、スーパの弁当はそこまで考えてないもん
だれが最初に考えたのか知らないが、役所が関わっている事業では割とマトモと評価

147:名刺は切らしておりまして 2013/01/06(日) 13:00:54 glu8Elk7
>>145
税金がじゃぶじゃぶと投入され、給食の単価は、900円程度。

給食の利権で、肥え太っているシロアリを退治すべきだね。
民間ならありえない、高給をもらって、焼け太りした栄養士などのダニを退治しないとダメだ。


171:税金泥棒 2013/01/10(木) 07:16:53 45dcMnMe
>>1
>調査捕鯨について、水産庁が13年以降の捕獲(鯨肉生産)目標を年2400トンとピーク時の半分以下に設定した

この「2400トン」は下記を根拠(ネタ元)としている。



生産量:直近の生産量を基礎に2,400トンとした。(p23-24)
http://www.jf-net.ne.jp/fpo/gyoumu/hojyojigyo/01kozo/nintei_file/20121002_kujira.pdf

172:税金泥棒 2013/01/10(木) 07:30:23 45dcMnMe
>>1
>調査捕鯨について、水産庁が13年以降の捕獲(鯨肉生産)目標を年2400トンとピーク時の半分以下に設定した

これはつまり調査捕鯨の第一義的目的が「科学的研究」ではなく「鯨肉生産」(商業)にあるってことがはからずも判明したってこと。
で調査捕鯨は捕鯨条約第8条の「科学的研究の目的のために〜」を根拠としている。
(調査捕鯨は科学的研究を目的とした場合に限られる)
ところが今回、調査捕鯨の目的が「鯨肉生産」(商業)にあるってことがはからずも判明した。
つまり捕鯨条約第8条要件を満たしてはいない。
すなわち理論上は、調査捕鯨はできないってことになる。

173:税金泥棒 2013/01/10(木) 07:38:46 45dcMnMe
ちなみに鯨13種に対して日本は国家として「商業捕鯨一時中止国際決議」に同意している。
つまり絶対、商業捕鯨はできないのである。
でもやっている。
だから日本の水産業は世界から信用されないのである。

180:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 13:56:32 xxJs7oJh
数減らして調査になるの!?

181:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 14:14:52 i+WCYk0U
>>180
群れ同士の交雑度合いや分岐を調べるのに使う、何百ものDNAサンプルが採れるのと、全く採れないのと、同じだと思う?

オーストラリアみたいに一つもサンプルが採れなければ調査にならない。

日本の調査捕鯨で数百のDNAサンプルが有ればそれは有用なデータとして保存できる。

年齢構成把握の為の耳垢栓の場合は、「同じ年のサンプル数」が多ければ多いほど正確だけど、

「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータなので、

それが数百もとれるなら充分。

んで、このハナシをr13812なんかにしても無視して逃げるだけなんだから、キミ興味が有るなら、勝川俊雄とか、調査捕鯨に批判的な学者に確認してごらんよ?

いくらなんでも「水産学者」の看板下げてて嘘は吐けないんで、俺の書いてる事が正しいって認めざるを得ないだろうからw


184:183 :名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 17:32:59 bKCUMi0W
>>180
まあ、サンプル数を減らしても構わないという科学的根拠は示すべきだわな。
「調査捕鯨はあくまで資源調査が目的」と主張するからには。


186:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 18:33:09 3UySYfyT
>>184
鯨類の生物学的特性値の獲得が主な目的であり
「調査捕鯨はあくまで資源調査が目的」はあくまで水産庁の対外的な発言の一つ

そうした発言を利用して行政機関を批判するのが反捕鯨団体
腐敗しているのは科学的根拠を示さず自作自演団体を作っちゃったグリーンピースだが


188:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 19:15:16 bKCUMi0W
>>186
>>鯨類の生物学的特性値の獲得が主な目的であり

ってのなら、それを達成する為にはサンプル数を大幅に減らしていい根拠を示せばあ?

サンプル数をちょっと減らす程度なら、調査コストを考えて調査結果に影響を与えない程度
減らしたとかって説明もできるけどさあ、半分近く減らすって、相当なことだよお?

誤摩化しやり放題で、なんの責任もとらない役人はおおいに糾弾されるべきだよね。手抜き
除染作業を黙認放置した環境省の役人とかC型肝炎を蔓延させた厚生省の役人とかと一緒にさ。


182:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 14:23:31 i+WCYk0U
あ、バカが勘違いするといけないので、↓の部分に補足。


>「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータなので、

>それが数百もとれるなら充分。



系統群構成解析の為のDNA試料も、多ければ多いほど正確なのは同じ事。

ただ、一年に得られる試料数が少なくても、耳垢栓による年齢構成よりも精度に影響が出難いので、充分調査に有用である、という事。

そして、年ごとの捕獲枠が減る分、必要な試料数に達するまでの年数が増える、というだけの事だね。

これはIWCに加盟してる反捕鯨国が系統群ごとの資源管理を要求してる以上、調べなければRMPが運用不可能なんだから、

反捕鯨国さえ「系統群ごとの管理でなく、総資源に対してのRMP運用」を認めさえすれば、不要なんだけど、仕方ないよねw

187:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 18:55:48 i+WCYk0U
>>184
勿論減らさない方がいいけど、減らしたからと言って「調査にならない」なんてことは無いという事だよ。

>>181-182に説明してる通り、補殺調査以外の方法では得られない数百単位以上のDNA試料によって系統群構成を解析しなければ
資源管理方式が使えない=商業捕獲枠の算出が行えない、という事なんで、事実として資源管理の為の科学調査目的でしかないんだよ。

オマエ、ちゃんと読んでるか?

189:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 19:21:29 i+WCYk0U
>>188
>>181-182に示してるだろうがこのバカw

「或る年の7歳個体が全体に占める数」を知る為に、単年度になるべく多くの資料を必要とする年齢構成把握と違って、

仮にサンプル数が減っても系統群構成解析に必要なDNA試料は単年度に揃いきらなくても精度に大きく影響しない。

その代り、必要サンプルが揃うまで調査年数が増える、という事。

こんな簡単なハナシも理解出来ないような知的障害者がクジラの世話なんか焼いてる場合じゃねえよバカw

190:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 19:34:54 i+WCYk0U
ID:bKCUMi0Wみたいな知的障害者宛てにこんな補足をしても意味ないんだろうけど、念の為w↓




>「或る年の7歳個体が全体に占める数」を知る為に、単年度になるべく多くの資料を必要とする年齢構成把握と違って、

>仮にサンプル数が減っても系統群構成解析に必要なDNA試料は単年度に揃いきらなくても精度に大きく影響しない。

>その代り、必要サンプルが揃うまで調査年数が増える、という事。



年齢構成把握に単年度でなるべく多くのサンプルが必要な理由は「或る年の七歳個体が全体に占める数・割合」が翌年どれだけ変わるか?(=推移)によって、その繁殖力を割り出すのに使う為。

これは、この情報が有った方がより大きな捕獲枠を算出できるかもしれない、という意味であった方がいいけど、なくともRMPは運用可能。

一方、「系統群構成解析」は、「その情報が無ければRMPの捕獲限度量算出計算式を当て嵌める為の個別の群れの大きさ」が分からないので、RMPが運用できず、商業捕鯨に使えない、という事。

尤も、反捕鯨国さえ「系統群ごとの管理でなく、総資源に対してのRMP運用」を認めさえすれば不要なんだけど、反捕鯨国がより小さな捕獲総数が算出され易い「系統群ごとの管理」を求めてる以上、『やらなければ仕方のない調査』なのね。

そして、その為のサンプル採取は 非 致 死 で は 不 可 能 、という事を反捕鯨国であるオーストラリア自身が証明してくれた(>>181-182)というハナシ。



此処まで説明してやっても、>>188のアタマじゃ分らないでしょ?だから、バカは余計な口挟むなって言ってんだよバカw

191:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 20:23:32 bKCUMi0W
なんか>>189-190は頭が暴走しちゃったみたいだねえ

>>仮にサンプル数が減っても系統群構成解析に必要なDNA試料は単年度に揃いきらなくても精度に
大きく影響しない。

上だって、主張していることはわかるけど、上だけではそれが正しいかどうかはわからないよお。
根拠にはならない。

>>その代り、必要サンプルが揃うまで調査年数が増える、という事。

サンプル数を保ったまま、調査年数へらしちゃだめなのお?

>>こんな簡単なハナシも理解出来ないような知的障害者がクジラの世話なんか焼いてる場合じゃねえよバカw

クジラの世話なんかやきたくないし、やけるとも思ってないよお。個人攻撃はすてぜりふ?格好悪〜い

192:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 20:25:46 WTlTznsB
鯨肉売れば売れるんじゃないの?
少なくとも俺は普通にスーパーで売ってたら買いたい。
普段どういう販売経路で売ってるのかね。

194:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 20:47:26 3UySYfyT
>>192
他の生鮮品と同じく中央卸売市場に出たものを小売店が買い付ける
スーパーの鮮魚店でも頼めば仕入れてくれるかも
沿岸の消費地なら経営者の趣向で常時置いてくれている

ただ、イオン、セブンアイ、ダイエーだとか大手だと
少しでも問題になりそうなものは置かない


195:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 21:03:25 RnwFxuzM
>>194
ダイエーは継続的に扱っているよ。


193:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 20:29:34 3UySYfyT
>>188
>>191
「生物学的特性値の獲得を達成する」ってなんだ?
達成するとかそういった問題ではない
得られた生物学的特性値で以下を解析する

南極海生態系のモニタリング
鯨種間競合モデルの構築
系群構造の時空間的変動の解明
ミンククジラ資源の管理方式の改善

これ以外にも各所でサンプルデータは使われるが、
「サンプル数を大幅に減らしていい根拠を示せ」という根拠を示せ

シーシェパードに妨害され捕獲数が3分の1に減らされた現状は相当なことなんが
「ピークの半数」ということは2年前、昨年よりも捕獲数を増すことになる
誤摩化しやり放題で、なんの責任もとらない反捕鯨はおおいに糾弾されるべきだな

199:税金泥棒 2013/01/11(金) 00:17:53 Rt+LeFmS
>>193
>得られた生物学的特性値で以下を解析する
>南極海生態系のモニタリング
>鯨種間競合モデルの構築
>系群構造の時空間的変動の解明
>ミンククジラ資源の管理方式の改善

鯨研はそれらを調べるためには850頭(±10%)必要と言っていたわけだから
捕獲数が850頭(±10%)以下の場合は調べたってことにはならないんだよ、つまり動物実験(科学)としては失敗ってことだ。
ちなみに科学委員会で唯一合意のあるRMPには一切の生物学的特性値はいらない。


202:税金泥棒 2013/01/11(金) 00:29:26 Rt+LeFmS
>>193
>②鯨種間競合モデルの構築
>④クロミンククジラ資源の管理方式の改善
http://www.icrwhale.org/pdf/H23jigyo.pdf

えーとだな、鯨研が勝手に仮定した仮説の積み重ねに意味などないのだよ。
税金の無駄遣い以外の何者でもない。


197:名刺は切らしておりまして 2013/01/10(木) 22:54:52 i+WCYk0U
>>191
>>>仮にサンプル数が減っても系統群構成解析に必要なDNA試料は単年度に揃いきらなくても精度に大きく影響しない。

>上だって、主張していることはわかるけど、上だけではそれが正しいかどうかはわからないよお。根拠にはならない。


先ず、キミのアタマでそこに書いてある意味が分かる、などという事はアリエマセン♪

そしてそれが正しい、という根拠は>>181で説明済みですが単純にキミのその惨めなアタマではモチロン解からない、というだけの事ですねw↓


>「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータなので、それが数百もとれるなら充分。



南極海の或る海域に食餌しにくる群れの遺伝特徴と、別の海域に食餌しに来る群れ遺伝特徴に差が無ければ、それら大きな一つの系統群としてRMP捕獲枠算出の母数と出来ます。母数がこの場合、捕獲枠の総数は大きくなります。

それらの遺伝特徴に差が有れば、其々違う系統群として個別にRMP捕獲枠算出をしなければならないので、相対的に捕獲枠は小さくなります。

これ等は 『 同 じ 場 所 に食餌に来る鯨の遺伝子情報』の累積によってのみ、その精度が変わりますので、キミみたいな特殊学級なタイプが信じようが信じまいが 『 正 し い 』 ということなんだな・・。w


>>>その代り、必要サンプルが揃うまで調査年数が増える、という事。

>サンプル数を保ったまま、調査年数へらしちゃだめなのお?


健常者用の「さんすう」のカリキュラムを受けさせてもらえなかったキミにはムツカシイと思いますが、上で説明した様に遺伝情報の累積によって精度が左右されますから

『調査年数が減れば』⇒『サンプル累積数も減る』ので、その分精度が落ちる、という事なんですよ?知的障害児クン♪


んで、キミみたいな子がクジラの世話なんか焼いてる場合じゃない、というのは単純に『アドバイス』だよぅ?

霊長類の雌から生まれたと考えるのも難しいほどアタマの劣ったキミみたいな子が世の中で生き残るのは、キャッチャーボートの「テッポウさん」に狙われたクジラさんと大差無いほどムツカシいのですよ?w

207:名刺は切らしておりまして 2013/01/11(金) 00:41:40 RoN7tasl
>>199
>>202
バカが、誰が「鯨研が」と書いた?
「各所」と書いただろうが

南極海生態系のモニタリング
鯨種間競合モデルの構築
系群構造の時空間的変動の解明
ミンククジラ資源の管理方式の改善

これらはあくまでJARPAIIで鯨研が扱う内容のごく一部だ

バカの妄言の積み重ねに意味などないのだよ
おまえのようなバカに対する社会保障など税金の無駄遣い以外の何者でもない

208:調査捕鯨無しではRMP運用は不可能♪ 2013/01/11(金) 00:48:11 Ou119sJI
ハイ、ではおやすみ前に簡単なおさらいを・・・♪↓



年齢構成把握に単年度でなるべく多くのサンプルが必要な理由は「或る年の七歳個体が全体に占める数・割合」が翌年どれだけ変わるか?(=推移)によって、その繁殖力を割り出すのに使う為。

これは、この情報が有った方がより大きな捕獲枠を算出できるかもしれない、という意味であった方がいいけど、なくともRMPは運用可能。

この「年齢構成把握」に 単 年 度 で ⇒ なるべく多くのサンプルが必要な理由は、例えば

「或る年の七歳個体が全体に占める数・割合」が翌年どれだけ変わるか?(=推移)によって、その繁殖力を割り出すのに使う為に、

『 そ の 年 の 七歳個体が全体に占める、 よ り 正 確 な 割 合 』 がその精度を決定してしまうから、です♪



一方、「系統群構成解析」は、「その情報が無ければRMPの捕獲限度量算出計算式を当て嵌める為の個別の群れの大きさ」が分からないので、RMPが運用できず、商業捕鯨に使えない、という事。

「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータでありまして、

南極海の或る海域に食餌しにくる群れの遺伝特徴と、別の海域に食餌しに来る群れ遺伝特徴に差が無ければ、それら大きな一つの系統群としてRMP捕獲枠算出の母数と出来ます。この場合母数が大きくなるので、捕獲枠の総数は大きくなります。、捕獲枠の総数は大きくなります。

( ※ 総数に対する捕獲 割 合 が同じ場合、母数が大きければ大きいほど、その捕獲枠は小さく見積もられるため。)

それらの遺伝特徴に差が有れば、其々違う系統群として個別にRMP捕獲枠算出をしなければならないので、相対的に捕獲枠は小さくなります。

これ等は 『 同 じ 場 所 に食餌に来る鯨の群れの遺伝子情報』の累積数によってのみ、その精度が変わりますので、必ずしも

『 単 年 度 で 』 ⇒ 最大限のサンプル数を揃えてしまわなければならない、ということにはナリマセン♪



尤も、反捕鯨国さえ「系統群ごとの管理でなく、総資源に対してのRMP運用」を認めさえすれば不要なんだけど、反捕鯨国がより小さな捕獲総数が算出され易い「系統群ごとの管理」を求めてる以上、『やらなければ仕方のない調査』なのね。

そして、その為のサンプル採取は 非 致 死 で は 不 可 能 、という事を反捕鯨国であるオーストラリア自身が証明してくれた(>>181-182)というハナシです。



>>202のrクン、 り か い で き ま し た か ? w

210:税金泥棒 2013/01/11(金) 00:53:49 Rt+LeFmS
鯨研が勝手に主張している「鯨種間競合モデル髭鯨商業捕鯨捕獲頭数算出法の開発」は未来永劫開発(科学的合意)されることのない算出法。
なぜならそのいちいちの過程において仮定する事項が多すぎるし、その仮定に対して反捕鯨の学者たちは反論するだろうしで、したがって
そのいちいちに対して科学的合意が得にくく何年経っても開発(科学的合意)されることはないからだ。
それよりも単一種管理で強固なRMP髭鯨商業捕鯨捕獲頭数算出法を使えば良いと思うのだが、だがしかし鯨研はRMPを無視する。
そりゃそうだ、RMPだと調査捕鯨はいらないってことになってしまうからだ。

212:税金泥棒 2013/01/11(金) 01:00:21 Rt+LeFmS
>>210
「未来永劫開発(科学的合意)されることのない」とは一体どういう意味なのだろうか?
それはつまり未来永劫、無駄な公共事業(国策調査捕鯨)に巣食ってられるってこと。
すなわち「科学」なんか関係ないってこと。


216:税金泥棒 2013/01/11(金) 01:07:26 Rt+LeFmS
>>212
「あれも分からないからこれも分からないから調べましょう」ってことでいくらでも調査捕鯨を先延ばしすることができる、調査捕鯨利権に巣食っていられる、
これが鯨研が主張する「鯨種間競合モデル髭鯨商業捕鯨捕獲頭数算出法の開発」っていうやつ。


219:名刺は切らしておりまして 2013/01/11(金) 01:10:50 RoN7tasl
>>216
それ、2007年に勝川が言い出したことだが
グリーンピースに助言してたこともお前のおかげでばれちゃったしね
まあもともとFENVにもいたみたいだし


220:調査捕鯨無しではRMP運用は不可能♪ 2013/01/11(金) 01:15:12 Ou119sJI
>>219
え、それって勝川クンが左翼活動家の団体FENVに所属してたって事?

もしそうならば、「水産学者」名乗りながら政府転覆活動の一環としてrクンが食い付きそうな言動を弄してるって感じなんじゃないの・・・w


213:調査捕鯨無しではRMP運用は不可能♪ 2013/01/11(金) 01:02:58 Ou119sJI
>>210でrクンが一生懸命嘘吐いて誤魔化そうとしてますが、

 R M P を 運 用 す る た め に こ そ ⇒ 調 査 捕 鯨 が 必 要 不 可 欠 、という事なんだな♪



そしてそのサンプル数の半減化の件ですが、「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータでありまして、

南極海の或る海域に食餌しにくる群れの遺伝特徴と、別の海域に食餌しに来る群れ遺伝特徴に差が無ければ、それら大きな一つの系統群としてRMP捕獲枠算出の母数と出来ます。この場合母数が大きくなるので、捕獲枠の総数は大きくなります。

( ※ 総数に対する捕獲 割 合 が同じ場合、母数が大きければ大きいほど、その捕獲枠は小さく見積もられるため。)

それらの遺伝特徴に差が有れば、其々違う系統群として個別にRMP捕獲枠算出をしなければならないので、相対的に捕獲枠は小さくなります。

これ等は 『 同 じ 場 所 に食餌に来る鯨の群れの遺伝子情報』の累積数によってのみ、その精度が変わりますので、

必ずしも 『 単 年 度 で 』 ⇒ 最大限のサンプル数を揃えてしまわなければならない、ということにはナリマセン♪



尤も、反捕鯨国さえ「系統群ごとの管理でなく、総資源に対してのRMP運用」を認めさえすれば不要なんだけど、反捕鯨国がより小さな捕獲総数が算出され易い「系統群ごとの管理」を求めてる以上、『やらなければ仕方のない調査』なのね。

そして、その為のサンプル採取は 非 致 死 で は 不 可 能 、という事を反捕鯨国であるオーストラリア自身が証明してくれた(>>181-182)というハナシです。



rクン、 り か い で き ま し た か ? w

218:名刺は切らしておりまして 2013/01/11(金) 01:09:55 Ou119sJI
>>216

ハイ、ではもう一度・・・♪↓




この「年齢構成把握」に 単 年 度 で ⇒ なるべく多くのサンプルが必要な理由は、例えば

「或る年の七歳個体が全体に占める数・割合」が翌年どれだけ変わるか?(=推移)によって、その繁殖力を割り出すのに使う為に、

『 そ の 年 の 七歳個体が全体に占める、 よ り 正 確 な 割 合 』 がその精度を決定してしまうから、です♪

これは、この情報が有った方がより大きな捕獲枠を算出できるかもしれない、という意味であった方がいいけど、無ければ無くともRMPは運用可能。



一方、「系統群構成解析」は、「その情報が無ければRMPの捕獲限度量算出計算式を当て嵌める為の個別の群れの大きさ」が分からないので、RMPが運用できず、商業捕鯨に使えない、という事。


例によって>>210でrクンが一生懸命嘘吐いて誤魔化そうとしてますが、

 R M P を 運 用 す る た め に こ そ ⇒ 調 査 捕 鯨 が 必 要 不 可 欠 、という事なんだな♪



そしてそのサンプル数の半減化の件ですが、「どの海域に集まる群れのDNA特徴はどんなものか?」を知る為のDNA試料は何年越しのサンプルでも系統群の混交分岐解明に使えるデータでありまして、

南極海の或る海域に食餌しにくる群れの遺伝特徴と、別の海域に食餌しに来る群れ遺伝特徴に差が無ければ、それら大きな一つの系統群としてRMP捕獲枠算出の母数と出来ます。この場合母数が大きくなるので、捕獲枠の総数は大きくなります。

( ※ 総数に対する捕獲 割 合 が同じ場合、母数が大きければ大きいほど、その捕獲枠は小さく見積もられるため。)

それらの遺伝特徴に差が有れば、其々違う系統群として個別にRMP捕獲枠算出をしなければならないので、相対的に捕獲枠は小さくなります。

これ等は 『 同 じ 場 所 に食餌に来る鯨の群れの遺伝子情報』の累積数によってのみ、その精度が変わりますので、

必ずしも 『 単 年 度 で 』 ⇒ 最大限のサンプル数を揃えてしまわなければならない、ということにはナリマセン♪



尤も、反捕鯨国さえ「系統群ごとの管理でなく、総資源に対してのRMP運用」を認めさえすれば不要なんだけど、反捕鯨国がより小さな捕獲総数が算出され易い「系統群ごとの管理」を求めてる以上、『やらなければ仕方のない調査』なのね。

そして、その為のサンプル採取は 非 致 死 で は 不 可 能 、という事を反捕鯨国であるオーストラリア自身が証明してくれた(>>181-182)というハナシです。



rクン、 り か い で き ま し た か ? w

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。