上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2013/03/07(木) 08:20:28
ソースは
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MJ84P66S972W01.html

3月7日(ブルームバーグ):元日本銀行審議委員の水野温氏クレディ・スイス証券取締役副会長は、
今月20日に誕生する日銀の新体制について「残された政策手段はそれほど多くない」とした上で、
次期総裁候補の黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁が「やれることは何でもやる」と表明した
ことについて、「今は決意表明の段階だが、実践の段階に入れば、いずれ現実の壁に直面するだろう」
との見方を示した。

水野氏は6日のインタビューで、白川方明総裁の金融政策について「政治の混乱に振り回された
5年間だった。民主党政権下の混乱、そしてポピュリズム(大衆迎合主義)色の強い安倍政権の誕生で、
すべての責任を押し付けられてしまった」と語る。
しかし、白川日銀は「リーマンショック後の金融システムの安定という点で、非常に大きな成果を
出しており、その実績はすべて否定されるべきものではない」と述べた。

一方、黒田氏と岩田規久男氏の正副総裁候補について「いろいろな資産を買うべきだとか、
長い国債を買うべきだという主張だが、すべての政策にはコストが伴う。コストを無視して
政策を行うことに対し、政策委員会の合意形成ができるかどうか」と疑問を呈した。

黒田氏は4日の衆院での所信聴取で、白川総裁の下での金融政策について「既に決めた金融緩和では
明らかに不十分」と断言するとともに、「大胆な金融緩和をすることが第一義的に必要だ」と述べ、
出口政策を云々するのは時期尚早という見方を示した。

■白川体制の延長線でしかない
水野氏は「黒田新体制は白川体制を否定することから始めると思うが、残された政策手段は、
白川総裁が総裁になった5年前よりずっと少なく、今後やれることも、白川体制の延長線でしか
ないことに気づくだろう」と言明。
「どんな政策にもコストとベネフィットがある。それを理解してやらないと、出口を考えずに
前に進んでいくというのは、市場参加者としては心配だ」と語る。

さらに、「黒田、岩田両氏に不安を覚えるのは、理論と実践のギャップが大きいことだ。
日銀は資産買い入れ等基金の残高を今年末までに101兆円、来年末までに111兆円に拡大するが、
これすら、当座預金残高が90兆−100兆円に達する中で金融機関が本当に当座預金に資金を
積んでくれるのか、という問題がある」と指摘。また、日銀のオペに必要な「適格担保が不足する
金融機関が増えてくる可能性がある」という。

黒田氏は「日銀は既に社債や指数連動型上場投資信託(ETF)を買っているが、そうしたものを
幅広く検討していく必要がある。量的にも質的にもさらなる緩和が必要だ」と語った。
岩田氏は5日の所信聴取で、日銀券と日銀当座預金などの合計であるマネタリーベースを大量に
増やすとともに、資産買い入れ等基金で残存3年以内に限定している長期国債について
「5年以上を買っていく」と表明した。

-続きます-


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【金融政策】「黒田日銀」は現実の壁に直面へ 残された手段多くない--水野元委員[13/03/07]

【関連リンク】

Wikipedia 【 国債


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 80(200中) 】


2:やるっきゃ騎士φ ★ 2013/03/07(木) 08:20:35
-続きです-
[2/2]
■量的拡大には限界がある
水野氏は「リスク資産をたくさん購入すれば、日銀のバランスシートをき損する可能性もある。
そうなると財政資金で穴埋めしなければならないが、財務省は消極的だ。安倍首相が唱える
大胆な金融政策、異次元の金融緩和をやろうとすれば、結果的にそれは財政政策に近づいていくことを
意味しており、その部分の議論が欠けている」と指摘する。

さらに、「日銀がどんどん長期国債を買っていけば、流通市場から買ったとしても、事実上の
マネタイゼーションと批判される可能性がある。金融政策の財政政策化がさらに進行すると、
財政政策の規律が緩み、日本国債の信用力が低下し、格付けも下がってくる。
バランスシート拡大政策には、自ずと量的な制約がある」と語る。

水野氏は「債券市場では日銀の存在感が大きくなり過ぎ、財政規律の弛緩に警告を発する市場機能が
落ちている。バランスシート政策をギリギリまで追求していくと、最後は金融システムがおかしくなる」
と指摘。最終的に行きつく先は、債券市場のバブルとその崩壊だとした上で、「出口の議論をせず、
さらに踏み込んでいくのは、『行きはよいよい、帰りは怖い』という世界だ」と警告する。  

■市場との対話でバーナンキに軍配
水野氏は一方で、白川日銀について「リーマンショック後の対応は海外からも高く評価されている。
日本は金融システムの安定を維持でき、世界的な金融危機から日本をうまく隔離できた」と指摘。
2010年10月に導入した包括的な金融緩和策についても「信用緩和政策と量的緩和政策のハイブリッドで、
非常に強い枠組みだった」と評価する。

しかし、市場との対話の面で、「金融政策でできることは限られており、時間を買う政策に過ぎない」
という白川総裁の哲学が前面に出過ぎて、「できることは何でもやる」という姿勢を打ち出した
バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長に、結果的に軍配が上がったと指摘。
「もう少しうまいやり方があったのではないかと思うが、哲学に反することはしたくないという葛藤が
あったのではないか」としている。

-以上です-

3:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:23:09 hsfcU9l2
いきなり量的緩和見送り。オレオレ詐欺団体かよwww。

4:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:25:09 IV3ddswr
欧米みたいに円を刷って世界中の資源を買いあされば日本が勝ち

これくらいのこともわからん経済野郎って本当の屑

7:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:27:26 l+CUOEqk
日銀組織を完全崩壊するべき
この水野も完全なデフレ派の在日じゃん

>しかし、白川日銀は「リーマンショック後の金融システムの安定という点で、非常に大きな成果を
>出しており、その実績はすべて否定されるべきものではない」と述べた。

馬鹿か
日銀白川がどれだけ日本経済と産業をめちゃくちゃにしてきたのか

産業空洞化とデフレ不況で
日本はかなりの傷跡を受けた

9:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:29:32 hsfcU9l2
デフレ不況より物価高騰不況の方が怖いのが解らんの?
実質所得下がるだけだよ。いいじゃん。強い円。海外行き邦題。

14:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:41:27 p2ReFmNd
日本の終わりの始まり。

始まりの一歩は、新規国債入札の「額面割れ」から始まります。

15:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:44:57 hsfcU9l2
>>14
 禿同。ヒトラーみたいに手を挙げて世界イチィ〜と連呼する挙国
一致内閣の妄言に騙されたアホ達が高値で株価を掴まされてガラガラ
ポンで終わり。円安どころか長期金利上昇中で円高に行く恐れが有る。
財政支出も財源が無いw。


22:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:59:03 KPyZBhcn
>>15
国債を買い上げるということは長期金利が下がるということですよ。実際に下がってるし。


24:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 09:09:32 hsfcU9l2
>>22
 いつまでそれをやるのか? 財源はどこに? 今実際長期国債
 利率上ってんだけど… 買いに買って日銀のバランスシートは
 自らの糞を掴んで終わりか?w。それとそれだとまたG20からぶーぶー
 言われる可能性有る。


16:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:47:40 azhLfpp3
要約すると白川のように日本を犠牲にして欧米を助けろってかw

19:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 08:54:10 JvDYPL7u
>>1
で?じゃあどうすればいいんだ?
長ったらしくて全部読んでいないが、ケチはつけて、自分の考えは何一つないとみたんだけれど
あってる?

30:62 2013/03/07(木) 09:36:11 S4oa4hQ3
>>1
 ほとんど同意だが、今のアメリカ国債のバブルもいずれ派手に崩壊する。
ハードランディングな方法しかない。それでなんでバーナンキを高く評価して
いるのかがよくわからない。

35:24 2013/03/07(木) 09:57:44 AP3q1qtT
ここに来て急反発してるよ。アク禁だからググって。w
後リートは財源にされるかもな。今まで買って上げたので売って
国民の為にしますとか言ってww。大体マンション立ち過ぎ。

38:24 2013/03/07(木) 09:59:59 AP3q1qtT
34
頭いいなオマエ。最後の婆は誰が掴むか見ものだな。オレは段階的に
そら売り始めているけどw

39:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 10:04:14 l1HyArs5
>>1
ポピュリズム(大衆迎合主義)色の強いと言ったら民主党の事だろ。
こういう奴が日銀いたという事自体異常だったんだろう。

41:24 2013/03/07(木) 10:08:15 AP3q1qtT
武者が日経4万とか言い出したから売りだろww。アイツ
数ヶ月前迄6000円だったがwww。

45:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 10:14:01 o6xmYxs0
>>41
武者陵司
 日本で一番の曲がりや
 武者陵司>>北浜流一郎>角山智>新田ヒカル


47:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 10:23:09 w3CjoeMh
>>38
ババ抜きチキンレースは、もうすでに始まってるね
基本JPYは信用していない俺は

>>35
ハイツ型住宅、戸建住宅もすごいラッシュじゃないのか?
相続対策か、消費税対策かだろうか、ボコボコたってる
長期ローン組む人が多いんだろうけども
10年後なんてどうなってるかわからんぞ

51:14 2013/03/07(木) 10:34:52 p2ReFmNd
日本の終わりの始まり。

始まりの一歩は、新規国債入札の「額面割れ」から始まります。

次は、売れない国債、信用を無くした国債。つまり長期の金利が上がります。

58:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 13:08:39 YSMnQdeE
日銀がコスト重視な政策するから、経済が回らないんではないでしょうか???

どうみたってその意見は、デフレ政策じゃないか!!!


>>1 水野へ

59:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 13:13:59 S4oa4hQ3
デフレかインフレか、という2分法でしか経済を考えられない馬鹿が多いのは
どうにかならんもんかな?

91:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:01:15 ryDnzVfB
>>59
その通りだ。インフレ、デフレの二分論は間違っている。

デフレ下の経済など、あり得ないほどの間違った状態なんだから、そんなところを吟味する必要はない。
さっさと、通常のインフレ状態に戻すしかないのだ。


63:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 14:08:07 z1Ddc5o3
>>1-2
まさに「無能の言い訳」

73:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 16:53:54 EhDLOM9+
冷静な論評ですな。
デフレを日銀のせいにしている限り、デフレ解消は不可能になる。
誰が総裁になろうと関係ない。これ以上の過激な買いオペなど事実上不可能。

デフレの原因は財政法であって、日銀ではない。
財政法を改正しない限り、事実上リフレは出来ない。

76:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:14:23 xTyTx6Ay
>>73
それこそ論理外れです。
日銀は可能なことを拒否し、小出しにして失望を社会に与えてきました。


77:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:15:50 p2ReFmNd
物価の2%アップ
これは達成可能だよ。

消費税の便乗値上げで簡単に達成できる。

80:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:30:33 1sBXhbBP
あのなぁ〜インフレもデフレも同じ【貨幣現象】なの
だから日銀の金融政策だけでリフレは可能だからw
逆に財政支出の増大は家計の消費行動を冷やすだけ

82:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:36:22 xTyTx6Ay
>>80
金融緩和だけでは足りない。
構造改革が他国との優位を作るには必要ですが、これは反面、倒産失業を増やすものです。
財政拡大も行い、失業者が再雇用されやすくする措置が必要です。


93:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:21:12 YFQJNX5R
>>82
足りる足りないじゃなくてデフレからインフレにしたいなら
金融政策で圧倒的な規模で緩和するしかないの
デフレーションというのは日本語に直すと通貨収縮という意味で
経済社会の通貨需要量に比べて貨幣の供給量が少ないから物価が下落するんだよ
ちなみにリフレーションが通貨再膨張でインフレーションが通貨膨張ね


96:90 2013/03/07(木) 18:35:51 S4oa4hQ3
>>93
 金融緩和しなくても、景気が上向きになって銀行の貸し出し残高が増えれば
マネーストックは増えるし、逆に不景気で銀行の過剰準備が増えればマネース
トックは減るぞ。

 お前、基本的なことをロクにわかってないだろ?


81:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:34:16 p2ReFmNd
経済を論理で割り切れると勘違いしていると、金融政策がまるで万能であると勘違いしちゃうよね。

愚かなことだけど。

87:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:49:28 EhDLOM9+
猿が理解するまで何度でも言う。

デフレの原因は財政法であって、日銀ではない。

デフレを日銀のせいにしている限りリフレは出来ない。

安倍は失敗する。

89:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:53:00 ryDnzVfB
>>87
勝は追い出したし、財政規律なんて見てみぬふりして、超大型予算を組んでる安倍首相が、何だって?w


88:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 17:51:19 ryDnzVfB
>コストを無視して政策を行うことに対し、政策委員会の合意形成ができるかどうか」と疑問を呈した。

そんな貴方に、必殺の殺し文句。
「このままでは、日銀法が改正ですよ」

今の与党の議席数なら、これで大抵の横車は押せるわな。

90:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:00:00 S4oa4hQ3
>>80
 今の日本経済は、マネタリーベースを増やしても、比例してマネーストック
が増えてくれない状況にある。ある意味、貨幣数量説が成り立たなくなってる。

 今の状況で、量的金融緩和を続けていったらどういうことが起こるか?
 
 最初のうちは、金融政策がほとんど効果を持たないだろう。
 だがMBをどんどん膨れ上がらせていけば、いつかは臨界点が来る。
 
 それまでに膨れに膨れたMBを元にマネーストックが急激に膨張して、
とてつもない物価上昇圧力が起きる。

 日本の公的債務残高がもっと少なければそこで金融引き締めをやればいいが
今の状態で、急激な引き締めを行えば、利子率が跳ね上がり、デフォルトの危
機が著しく増大する。

①デフォルト宣言をするか
②それともインフレ制御を放棄して、金利を低い状態に保つために国債を買い
 取り続けるか

どちらかを選らばなければいけなくなる可能性がある。どっちを選んでも行き
着く先は大差なく、大多数の国民の生活は根底から破壊されるだろうな。

これが、いわゆる金融政策の出口戦略の問題。お前は何もわかっていないな。


>>88 そのうち、自民党内の多少まともな連中が安倍を引きずりおろすだろう。

 

95:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:30:42 YFQJNX5R
>>90
なんでマネーストックがいきなり急激に増大するのよw
そうなる前に確実に兆候が現れるしハイパーインフレなんて絶対にならないから

先ず量的緩和の規模拡大(準備預金残高の積み増し)→名目為替レートが通貨安→輸出産業の収益向上期待から株高
→期待インフレ率上昇(BEI上昇)→期待実質金利低下→成長期待から株価さらに上昇
→家計部門の消費マインド改善→株価上昇で民間企業の資本構成良化→企業収益改善


98:90 2013/03/07(木) 18:44:44 S4oa4hQ3
>>95
 その確実な兆候とやらは具体的にはなんだ?そのとき物価上昇率はどれくら
いになってるんだ?

 物価上昇率2%達成を至上命題としている場合、2%を超えた時点で引き締
めに転じて間に合うのか?

 2006年3月に量的緩和を取りやめたような賢明な判断を、新しい日銀執
行部が果たしてできるかな?


94:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:30:16 hsfcU9l2
供給量少ないってw
こんだけ利率低いのにマイナス金利にでもしなきゃ不満足?w

97:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 18:40:24 jELA6ITx
金融政策マンに必要なのは、市場をうまくだませるか、錯誤に陥らせるかなんだよ。
初めから、やることは限られているとか、そんなことをいっちゃだめ。
多少、山師的な性格も持ち合わせないとだめだと思う。ホワイトリバー氏は学者過ぎた。

110:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 20:27:54 rnAljYMr
>>97
どんな政策でも必ず正の面と負の面を併せ持つ
そして政策が成功するには、正の面を市場関係者に信じ込ませないといけない
政府系の金融政策担当者のお仕事とはつまるところ正の面の宣伝
これにより、市場に好意的なムードを作り出すこと

どんな理論的に正しい政策でも、市場関係者に負のイメージが蔓延したら終わり
最低でも五分五分の印象に持ち込まないと、金融政策担当者の負け

そういう観点では、白川がどんなに持論を主張しようと、白川は負けたんだ
市場にデフレから脱却できないという印象を与えてしまっていたのだから

期待は期待を生み、失望は失望を生む
これが生きた市場というものなんだろう


100:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 19:25:10 oGfjVzfo
デフレ派がハードランディングをなぜ嫌うかがわからないな。
 どっちにしろそうなるだろうに。

114:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 20:38:47 93zeEExp
>>100
と言うかデフレのほうがハードランディング確実
インフレならまだ回避の可能性もあるが


184:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 20:56:30 eM/tSVTB
>>100
日銀の国債直接引受なら、無制限の買いオペよりははるかに
ハードランディングを避けやすい。
そうすべき。

無制限の買いオペなどできるわけがない。
猿がいまだに事情を飲み込めてないわけだが。

この>>1の水野氏の意見は、全く正しい。


115:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 20:51:15 o8p3NmUc
>>114
海外が好景気で高金利なら自動的に円安になる
海外が不景気で低金利化してる内は円高でも耐えるしかない
なぜなら日本は長すぎる金融緩和によるゼロ金利で
金利を上げることができなくなったから
インフレ率調整や過度な金融緩和による弊害を抑えるための金利調整ができない状態
金利調整ができないインフレターゲットとかブレーキのない車みたいなもの


119:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 21:03:59 jEIE+y9u
>>115
金利の下限はゼロじゃない
マイナス金利にすれば更に円安にできるよ


120:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 21:06:20 0y70KHhw
>>119
マイナス金利だと国債買う意味あるか?
現金保有のほうが得ってことだよね。

結局、ますます現金が抱え込まれることにならんか?


105:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 19:43:59 Rrqyn2gy
経済失速

慌てて金融緩和

溢れる通貨が不動産証券債券でバブル興し、一時的に好況

数年で崩壊

経済失速(以降繰り返し)

FRBが世界巻き込んで繰り返してる事。
この間、無茶苦茶やって稼いでる金融業界の連中のテールリスクを、
アメリカ国民の資産とドル建て資産持つ世界中の人達に押し付けて、
FRBが処理してる。

基本、アメリカの金融業界にだけ都合がいいサイクル。
今もゴミクズみたいな不動産証券FRBが買い漁り、
ドル建て資産の価値を削りながら、金融業界の連中救っているのが、QE3。
2chじゃデフレ=悪な思い込みで、日銀腐してFRB持ち上げる連中が多いが、
そもそもサブプライム破綻を引起す主要原因がFRBにある程度に、
出鱈目ばっかやってるのがFRB。

数年後、リーマンショック処理の金融緩和が原因となった、
相当にやばいバブルと破綻がまた来るだろう。
その頃、今度はバーナンキが袋叩きにされる、グリーンスパンのように。

106:90 2013/03/07(木) 20:02:20 S4oa4hQ3
>>100
 いわゆるリフレ派には、確信犯的に日本を財政破綻させようという「国賊」
が確かに多い。お前、中々の正直者だな。

>>105
 その中心にいるのは、アメリカの財務省と表裏一体の関係にあるゴールド
マンサックスだな。ギリシャの財政危機も連中が仕掛けたものと見て間違い
ない。

 ただ、今の日本で、リフレ派がある程度影響力を持ってしまっているのは、
もう一つ別の要因があると思うな。

 おそらく、福島原発事故の影響で今後生じる膨大な健康被害を誤魔化すた
めに、意図的にタイミングを合わせて多くの人間を生活苦に陥れる経済的混
乱を引き起こそうとしている人間達がいるんだろう。

 日本が平穏無事に、福島の5年後を迎えたら、誰の目にもその影響が明ら
かになってしまうからな。

 1991年、ちょうどチェルノブイリの5年後に引き起こされたロシアのハイ
パーインフレと同じパターンだな。

111:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 20:34:42 ENKnvKst
>>106
そのレベルのことを考えるなら、もう1998年の山一恐慌で、日本は完全に詰んでる。
ここで、社会構造と、マクロの金の流れが、不治の病に完全に罹患した。
当時の大蔵官僚が、「国債だけは馬鹿売れなんすよ。なんでっすかねえ?」と
冗談めかして言っていたのは、すでに1990年代末の話なんだ。
あとは延命してるだけ。
ただ、延命治療がまわりに迷惑かけまくりで、家族が逆に発狂しそうだから、
治療法を変えましょうか?葬式代とハンカチの準備もしといてね、というのが現在の段階。


ただ、管理通貨制で蛇口を開ききった現状、世界中に、まともな通貨はひとつもないわけで、
そういう意味では、チキンレースの様相を呈している。
信用とは、もたれ合いのことなんだから、
管理通貨で、一人だけ緊縮しても、その通貨を守れるわけじゃないからね。


108:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 20:04:57 vsRnP2yA
白川が評価されることは未来永劫ないだろうけどなwww

123:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 21:19:34 GaYMw08J
黒田はヤル!
安倍が坂本龍馬なら黒田は弥太郎!

129:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 21:53:26 477ahEO3
>>123
その例えだと安倍総理は暗殺されんのか


130:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 21:54:27 0y70KHhw
>>129
日本復活という絶頂の状態で暗殺されて、そこから日本が転げ落ち始めたら、英雄として記憶されるんだろうな


131:90 2013/03/07(木) 22:20:24 S4oa4hQ3
>>130
 要するにアベノミクスの成功はそう長くは続かず、その先には大きな落し穴
が待っていると言いたい訳か?

 お前、なかなかよく分かってるじゃないか。

 ただ、英雄として記憶されることはまずないと思うぞ。いろいろと背負わさ
れることになるだろうな。


135:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 22:57:38 jEIE+y9u
仮に付利撤廃して、長期国債もどんどん買い入れていったとする
それで果たして景気がよくなるかって言えば、はっきり言って良くならないんだよ

何故なら、どんなに金利が下った所で金融機関は資金を投資に向けないから
既に日本は企業向けの貸出が殆ど無いし、
銀行に株投資や外国投資は無理
株や為替が下がるリスクを負えないから
唯一の安全投資先が国債だったのに、
その国債でさえ金利が下がって投資の旨味が無くなってしまったら
後に待ってるのな金融機関の倒産
資金需要が無い国に銀行なんか不要という現実が表面化してしまう

あと、どんなに金利が下った所で、実は政府財政は回復しないんだね
何故なら財務省が金利の高い長期債ばかり発行してるから
他ならぬ財務省自身が財政赤字を膨張させてる
これを止めないと実質金利引き下げによる財政再建が上手く行かない

137:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:05:54 vsRnP2yA
>>135
馬鹿だねえ。企業をはじめとした民間への貸し出しを増やす為に
国債を買いまくって長期金利を下げる必要があるんだよ。
銀行だって食っていかなきゃならないし国債の旨みが無くなったら
利息を得るために民間に貸し出さざるを得ないんだから。


138:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:13:20 jEIE+y9u
>>137
金貸してくれって民間企業が沢山いればいいけど、
実際は殆どいない
どんなに金利が下がっても貸出が増えないのは
金利云々というより日本の資金需要の無さが問題


140:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:16:01 vsRnP2yA
>>138
その資金需要を高めるためにも更なる量的緩和で円安を進め、
製造業をはじめとした産業の国内回帰を進めないとならないんだろうが。
製造業従事者が1000万人を割れたとか本当ならもっと
大々的なニュースになってもいいはずなのに。


147:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:41:47 eURgsKQh
>>140
基本的に、日本で作り続ける理由が希薄なんだよね。
国内の需要は今後30年間で20〜30%減るのが確実。
(生産年齢人口や子供の数は30%減少、人口も15%程度減る)
そして20〜30年前と違い、優秀な労働力と将来性ある市場を持つ国が山ほどある。

「日本人の能力が他国人より大幅に優れている」でも無い限り、
日本国内への製造業回帰の流れは起きないよ。


154:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 00:41:37 QtFZ2pBz
>>140
量的緩和で資金需要なんて増えないが
日銀の当座に無駄金が積みあがっていくだけ
日本の銀行はかなり安定的な経営を保ってるし、資金を新たに借り入れる必要が無い


139:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:15:33 6+Z0u42E
銀行の中の者ですが、債券はとにかくデュレーション短くして、株で儲けるしかないかと思う
正直、貸出をどんどん伸ばす意欲はまだないです

141:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:20:18 jEIE+y9u
>>139
銀行が株なんか買う訳がないw
金融機関がリスク資産買いまくってギャンブルした末路が
バブル崩壊&リーマンショックだからな


142:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:23:24 6+Z0u42E
>>141
すいませんうちは買ってますww
主にリバランス目的ですが

さすがに投機はしませんが、多少は買います


143:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:35:13 vsRnP2yA
>>142
銀行はリスクウェイトの関係上、今の株高で売りに回ってるだろ。
国債は値崩れしても保有区分を変えれば損失が出ないけど
確か株式は保有区分の変更が出来ず損失はそのまま計上しなきゃならないはずだし


145:名刺は切らしておりまして 2013/03/07(木) 23:41:11 6+Z0u42E
>>143
おかげさまで塩漬けは処分できましたww
一応、安倍ノミクス対応で購入はしましたよ

国債値崩れで保有区分変更とはどういう意味でしょうか?
どこも時価評価が当たり前ですが

国債暴落して、当局が時価評価を一時停止にするよ!という可能性はなくはないですよ


174:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 19:14:52 gfRDXg0s
>>145
売買目的から満期保有に変更すると時価評価をしなくてもいいということ。


149:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 00:08:01 XrOTCh9X
経済学の理論はたいてい
※税とコストは無視する
と書いてある

158:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 01:49:16 4bkO4A4l
吉川『デフレーション』:混乱した本だし、10年以上前の小野義康との論争蒸し返し。
http://d.hatena.ne.jp/wlj-Friday/20130304/1362379152

さて、本書の主張の中心は以下の三つだ。

 ・貨幣数量説はまちがっているので、それをもとにした理論はすべてダメ
 ・お金は実体経済に影響しない(してもわずか)だからリフレとかダメ
 ・日本では賃金の下方硬直性が低い。だからデフレになるのだ。

でも、貨幣数量説がまちがっているといっても、どのくらい?
あらゆる時点で厳密には成立しないにしても、長期で見ればだいたい成立している、というのが主流経済学のコンセンサスではないの?
ぼくはそう思っていたし、ウィキペディアの英語版にもそう書いてある。相関係数ゼロならば、それはもちろんモデルには使えない。
でも十年スパンで見てr2が0.8くらいあれば、それを元にしたモデルを全否定する必要はない。近似として十分に使えるだろう。
でも、本書は貨幣数量説があまり成立していない昔の時期と、理論的にケインズとかがそれを否定していることを立てに、
貨幣数量説がすべてダメ、それを元にした理論一切ダメ、となってしまう。

それは変じゃないだろうか。

そして、それをやってしまったために、この本は基本的にお金(マネーサプライ)の役割もほぼ完全に否定することになる。
もちろん、利子率経由で少しは効いてくるんだ、という逃げはうつ。
でもゼロ金利だということを盾に取り、リフレ論者みたいにそれが大きいということは認めないし、
またそれが期待に作用する経路も考えず、インフレやデフレに作用する可能性も見ない。

ゼロ金利下ではマネーサプライを増やしてもダメ、というのを彼はしつこく述べる。だから金融緩和は効かない、と。
でもクルーグマンの最初の論文ですら、それについては明記している。ゼロ金利下では、今のお金を増やしてもダメだ、と。
それを今更得意げに言われても、「それで?」というだけだ。
だからこそ、将来のインフレへのコミットが重要だ、期待を経由してそれが効いてくるんだ、
というのをクルーグマンは何度も指摘している。
でも、吉川は、現時点での金融緩和が効かない、貨幣数量説はだめ、だから将来の金融緩和も効かない、
よってこの手の話は全部ダメ、とやってしまう。
 

159:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 01:53:21 4bkO4A4l
>>158

そしてその道をすべて否定したことで、デフレがもはや金融的な現象ですらなくなってしまい、
実体経済の結果だ、とされてしまう。
要するに、お金は実体経済に影響しない、という話だ。
これってまさに、吉川が批判するRBCとかの立場そのものじゃないんですか?

ケインズの功績(の一つ)は、お金というものを明示的に経済の仕組みに採り入れたことだとぼくは理解している。
でも、ケインジアンであるはずの吉川の議論では、いつの間にかそれが消えてしまう。
そしてデフレは有害と言いつつ、デフレはどうしようもない、と主張する。

そして、著者は第6章で、日本の賃金は下方硬直性が低いのだ、というのを主張する。
賃金がすぐ下がるからデフレなんだ、と。
でも、価格、特に賃金の下方硬直性は、そもそもケインズ経済学が必要となった大きな背景のはず。
一般理論の頭のほうなんて、そればっかりですが。
それがないなら……それは結局、自由放任の政策が日本ではなりたちやすく、
ケインジアンの出番なんかないという話で、自らの立ち位置を破壊するものでは?
いやもちろん、実際にそれが言えるならケインズに義理立てるす必要はないんだが、
自他共に認めるケインジアンが、お金の役割を矮小化し、期待の役割を重視せず、
価格や労賃の下方硬直性すら捨ててしまっては、ケインズが批判していた古典派たちと—
—そして吉川が批判する合理的期待形成やRBCの人たちと——どこがちがうの?

ケインズの功績(の一つ)は、お金というものを明示的に経済の仕組みに採り入れたことだとぼくは理解している。
でも、ケインジアンであるはずの吉川の議論では、いつの間にかそれが消えてしまう。
そしてデフレは有害と言いつつ、デフレはどうしようもない、と主張する。 


165:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 10:36:57 /oX35fb0
>>94
利子率は低くてもマネーサプライが伸びてないだろ
だから無理矢理にでもマネーを突っ込んで吐き出させるんだよ

>>96
>金融緩和しなくても、景気が上向きになって
そりゃ前提がおかしいw
景気が上向いてりゃ金融緩和規模は縮小になる

>銀行の貸し出し残高が増えればマネーストックは増える
で?財政政策で伸びたのかい?90年代が不調に終わった唯一つの原因は日銀の緩和不足さ
公共投資その他景気刺激策として財政出動をしても円高で相殺されたからな

>>98
>その確実な兆候とやらは具体的にはなんだ?
コアコアCPI

>2%を超えた時点で引き締めに転じて間に合うのか?
間に合うも何も目標インフレ率にコミットメントするんだから
当然に現実のCPIが目標レンジに届けば日銀も動くしマーケットもそれを期待する

>2006年3月に量的緩和を取りやめたような賢明な判断
もうこの時点で君は落第だねw

173:90 2013/03/08(金) 18:03:30 75tLRxi9
>>165 随分遅レスで必死だが大丈夫か^^;?

・マネタリーベースとマネーストックの違い
 ・マネタリーベースとマネーストック、ひいては名目GDPの関係が
  経済の状態によって変動するものであること

 大学の学部レベルの内容をお前はロクに理解できてなかったよな?今はどう
 か知らんが。

 それが理解できていないから、今の日本の経済の状態で、単純にMBを増や
 すような金融緩和を行うことがどれほど危険なことかも理解できないんだろ
 うな。

 2%達成後に引き締めに転じても間に合うような馬鹿なことを相変わらず書
 いているが、それでは恐らく間に合わないよ。>>90で説明したようなディレ
 ンマに陥り、日本経済破綻のプロセスが始まるだろう。
 
 2006年3月に当時の日銀が量的緩和を止めたのは、そのプロセスが起こるのを
 避けるため。

 浜田でさえ、この点については、かなり日和ってきているみたいだな。

 物価目標未達も問題なし=景気・雇用回復すれば—浜田内閣参与
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130308-00000143-jij-pol

 まあ、もっともそうなって日本の経済破綻が回避されると困る人間たちも
 大勢いるだろうがな。>>106で説明したように。

180:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 19:58:10 Q4Zgnqnf
これから貧困層がバタバタしんでいくぜ
僕も含めて!

185:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 20:59:06 eM/tSVTB
 
未だにクズブサヨに騙されていることに気づいていない猿が多量にいるのだが、

財政法を改正して日銀の国債直接引受でファイナンスして

それをバラマキしてリフレするのが一番穏当で副作用の少ない方法なんだが。

猿は何時このことに気づくのか?

オマエら、またしても、またまたしてもブサヨに騙されてるんだぞ?

190:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 21:16:10 FYhmQKJZ
>>185
その主張、ほんの3年前はサヨクが言っていて右翼がそれに反論していたんだけどな。
なぜか、去年末頃からウヨとサヨが言っていることが逆転してしまった。
3年前はウヨ:財政緊縮主義
    サヨ:財政積極主義だったのに。


193:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 22:08:53 o05XXqIR
>>185
>未だにクズブサヨに騙されていることに気づいていない猿が多量にいるのだが、

財政出動するなと言ってるのは、浜田とか竹中とかのネオリベ共だぞ

>それをバラマキしてリフレするのが一番穏当で副作用の少ない方法なんだが。

ところがリフレ派ってのは、そんなことは言ってない


195:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 22:22:59 niwZs4H2
>>193
>173のID:75tLRxi9と同レベルっぽいから相手したくねーけどw

>財政出動するなと言ってるのは、浜田とか竹中とかのネオリベ共だぞ

これウソなw
竹中は財政政策を否定した事など一回もないし
現に小泉政権時代最初の年に9.11が起きて世界的なショックが起こったんだが
この時にも真っ先に景気の腰折れを心配して補正予算の取り纏めを小泉に進言してる
浜田宏一にしたって財政政策を本丸にして頼るのは拙いと言ってるが
財政政策そのものの効果を否定してなんかいねーよ


196:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 22:26:00 o05XXqIR
>>195
>浜田宏一にしたって財政政策を本丸にして頼るのは拙いと言ってるが
>財政政策そのものの効果を否定してなんかいねーよ

なんで、そんなすぐにばれる嘘をつくんだ?

http://toyokeizai.net/articles/-/12561?page=3
「ゼロ金利以外のときは、財政支出は経済を刺激しない。本当に必要な公共事業はやるべき
だが、財政政策には否定的だ。私は竹中教授の考えに近すぎるかもしれない」などと、経済
学者としての考え方としては、安倍政権下で産業競争力会議のメンバーに登用された竹中
平蔵・慶應義塾大学教授に近い点を、再三強調した。


198:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 23:05:47 niwZs4H2
>>196

>——では、日銀はインフレターゲットに向けて、どんなことができるでしょうか。

(前略)
個別株式の購入はモラル的に問題がありますが、ETF(上場投信)を買ってもいいし、
場合によっては外国通貨や外国債券を買ってもいい。
また、後でちゃんと売却(市中から資金を吸収)できるなら、国債を直接引き受けてもいいのではないか。

http://diamond.jp/articles/-/3?page=4


192:名刺は切らしておりまして 2013/03/08(金) 22:05:25 120FIvJ1
>>190
右翼は景気対策に財政出動は必要ってずっと言ってただろ
で、左翼は事業仕分けとかもてはやしてたよね


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。