上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2013/03/26(火) 13:17:38
紙の本をスキャナーで読み取り、自前の電子書籍を作る「自炊」の
代行業者に対し、スキャン行為を許諾する代わりに、業者から
著作権使用料を取る構想が、作家や漫画家などの著作者団体の間で
検討されていることが25日、わかった。

日本文芸家協会や日本漫画家協会、日本写真著作権協会などが、
26日、「蔵書電子化事業連絡協議会」を設立。
許諾を与える枠組みやルール作りについて本格的な協議を始める。

個人が自ら使用する目的で自炊を行うことは、紙の本を自分で
コピーするのと同じく、「私的複製」として著作権法で認められて
いる。
しかし、自炊代行業者は客の依頼を受け、紙の本を
1冊100円前後で大量に電子書籍化している。
作家や出版社は、複製者と利用者が異なるため私的複製には当たらず、
著作権法違反だとして、スキャン行為の差し止め訴訟を起こすなど
反発を強めてきた。

ソースは
http://www.yomiuri.co.jp/national/culture/news/20130325-OYT1T01600.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【知的財産】「自炊」代行、著作権使用料徴収で許諾検討[13/03/26]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 73(293中) 】


4:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:21:50 6Vgz5qcs
なんで二重取りしようとするんだ?
金払えばOKってかなりへ理屈じゃね?

197:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 10:41:35 yTEOLlqe
>>4
二重嫌なら自分でスキャン端末買えばいい。
代行だとバラしたヤツ置いてたりしたから、コピーとされてもしゃーない。


7:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:26:25 T2sLPrEw
代行させても私的複製は私的複製だろアホ
しかも更に金出せとか意味不明

つか、@1年もしない内に、全自動で電子化する機械が出回るぞバーカ

17:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:38:37 Lu0INEzZ
消費者の権利が不当に侵害されているのになぜ消費者庁は行動を起こさないのか
消費者は自分で行うには面倒な作業を対価を払って誰かに委託する権利を有するはず

引越しをするときに重い荷物を全て自分一人で運びだすことなど強制される必要があるのか?
そんなことはない、引越し業者にお金を払って引越し作業を依頼することが出来るはずだ
ならば書籍の電子化などという面倒な作業も業者に作業費を払って委託する権利を有するはず

これを有しないというならば会社の重役が購読している新聞の記事を後で読めるように
秘書にスキャナで取り込んで自分宛にメールするよう指示することも禁止されるはずで
このような作業を請け負ったことがある全国の秘書を全て起訴する必要がある?笑い話ではなく

20:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:42:46 ohbw30k+
自炊じゃないよな。
中食?出前?

25:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:46:05 CvNVkIvG
>>20
野菜や肉を買ってきて料理人に旨いメシ作ってくれるように依頼したら
百姓がその野菜はオラたちが育てたから金寄越せって言ってるようなもんか


33:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:51:23 CvNVkIvG
ふむ、じゃあこれならどうだ
野菜や肉を買ってきて料理人に旨いメシ作ってくれるように依頼したら
その種がうちの会社が品種改良したものです。人に調理させるなら金寄越せって言ってるようなもんか

36:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:53:23 0a6iQM9V
>>33
だから、「育てたことに権利が発生しているわけじゃないから、その例示は無駄」だって言ってるだろ
例えば品種改良して、種苗登録すれば種苗法で保護されるけど、調理することに権利は及ばない
もう無理なたとえ話を考えるなよ


47:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:00:45 o+BhhIyS
>>33

食材は利用されたら食べてなくなる。二次使用だろうが三次利用だろうがね。
著作物は何度も利用されても残るだろ?

著作権で大事なことの一つがそこ。


52:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:02:13 CvNVkIvG
>>47
ふむ。じゃあ裁断済みの本は「返却」せずに廃棄すればいいのか


54:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:04:26 o+BhhIyS
>>52
データが残る。
一度スキャンしたデータの再利用も問題にされている。


55:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:05:22 CvNVkIvG
>>54
個人が自分で裁断スキャンしてデータが残るのは現状でも合法なんじゃねーの?


38:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:54:32 CvNVkIvG
>>36
>調理することに権利は及ばない

著作権使用料は、本を裁断してスキャンすることに及ぶとする方がおかしくね?
法律がそうなってるなら改正を議論した方がいい


42:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:57:02 YnxrcRyk
>>38
本を裁断してスキャンする行為が問題なんじゃなくて所有者以外の人間が料金を取ってやる行為が問題とされてるの
自分で自炊する分には私的利用の範囲内として認められている


44:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 13:59:15 CvNVkIvG
>>42
所有者以外の人間がその著作物を利用することを目的としてないのにね>裁断スキャン業者


161:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 17:55:46 1dM7oh4H
>>42
じゃあ誰かがコンビニのコピー機で漫画のスクラップ作ったらコンビニは訴えられるの?


59:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:10:55 GFXChCW4
おかしいよな。
自炊したい個人が、その作業が面倒だから「業者に発注してやらせてる」だけなんだが。
つまり、所有権は個人のもののままに、外注コストをかけて私的複製したら違法だと言うw
なんだよ、そこに仕事が生まれて金が回る、経済が活性化する良い仕組みなのに、
著作権者様は邪魔すんのかよw

61:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:12:10 0a6iQM9V
ここで、文句言ってる馬鹿は
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1364251018/l50
に行った方がいいよ
同じレベルの馬鹿がいっぱい湧いてるから、少しは気分が楽になるんじゃね?

62:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:14:08 0a6iQM9V
>>59
有体物に対する所有権と無対物に対する著作権の違いを理解できないなら、
この板には書き込むより、>>61のスレで騒いでいた方がいいよ

65:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:17:15 GFXChCW4
>>62
問題はそこじゃないってわかってないのを晒して恥ずかしくない?w


66:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 14:19:22 0a6iQM9V
>>65
>問題はそこじゃないってわかってないのを晒して恥ずかしくない?w

問題の根源はまさしくそこなんだけど、お前はわかってないようだなw
お前は恥ずかしいとさえ思っていないみたいだけどw


86:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:01:27 OVQvIrVx
純粋な代行なら良かったんだろうが、
スキャンデータの流用、裁断本が買取・販売されるようになると、
事実上データの無許可販売のようになってしまうからだろう。

94:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:15:31 0a6iQM9V
条文上、「私的使用を目的とするときは、その使用する者が複製することができる」と規定されてる
それを損害という基準を持ってきて損害が同じなら、業者がやっても損害は同じだからいいだろ、
と言い出す奴が出てくる。

でも、「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」に対して
「私的使用を目的とするときは、『その使用する者が』複製することができる」
なんだから、損害を基準として業者がやっても損害は同じだから業者がやっていいというのは
論理的には筋が通らない

「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」のだから、それを許諾し利益が帰属する
著作者(複製権を譲渡した時は複製権者)なんだよ。

109:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:38:40 JWkhb0XX
>>94
横レスでちょいとすまんが、質問。
仮に>>1みたいな代行業者を巨大なコピー機に例えた場合、
「コピー機の中に人がいるから違法」って考えであってる?


183:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 21:53:00 TzqJ4z3S
>>94
>でも、「著作者は、その著作物を複製する権利を専有する。」に対して

問題は、代行業者が「譲渡を目的とした場合」に当たる方じゃないの?
”権利を専有”を根拠にしてしまうと、出版社は何故複写していいんだって話に成り兼ねないからな。


112:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:44:52 0a6iQM9V
>>109
例えがよくわからないが、実際にコピー機の「中に人はいない」から、結論は分からないよ


115:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:55:23 JWkhb0XX
>>112
いや、例えばだけど、「ロボットなどを用いて全自動で複製を行った場合」が私的複製に該当するか?
と、思ってさ。
実際のコピー機は全自動と言う点でほぼ同様の構造で、
著作権違反とは認められていないし、
そうなると、その分岐点ってのが、「人が介入するか否か?」って
あたりになりそうなので聞いてみた。


117:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:00:24 0a6iQM9V
>>115
一応、コンビニとかにあるコピー機は複製権侵害の対象なんだけど
附則でしばらくの間は侵害にならないようになってるんだよ


103:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:30:59 KfR6f6l5
今後は、単に漫画喫茶にスキャナが設置されるだけの話

104:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:31:51 o+BhhIyS
>>103
漫画しか読まない宣言乙


106:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 15:35:56 KfR6f6l5
>>104
意味わからないんだが ?

自分が買った小説を持って漫画喫茶に行って
そこで自分でスキャンしてデジタルデータを持ち帰るって、今ではけっこう多いだろ ?

まさか、未だに漫画喫茶って、漫画しか無いとでも思っているのか ?


118:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:02:18 o+BhhIyS
>>106
早く漫画以外の小説なども置いてある漫画喫茶を教えてくれよ


130:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:20:10 KfR6f6l5
>>118
最低限、日本語を理解する知能を持ってからレスしろ


135:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:23:48 o+BhhIyS
>>130
漫画喫茶の著作権をググって調べたのか?w


139:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:39:58 KfR6f6l5
>>135
俺のレスをもう一度、ゆっくりと声を出して読め
それでも理解できないのなら、お前は、知障決定だ。

キチガイはレスするな


140:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:44:14 o+BhhIyS
>>139
反論できないとすぐ基地外とか氏ねとか汚い言葉で逃げたがるw


144:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:57:13 EV/XbyAb
>>140
論点が違ってることにまだ気付かないの?
満喫に設置してる裁断機やスキャナーを使って、自分の本(漫画でも小説でも)を吸い出すって話でしょ?


150:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 17:39:01 maa3b8J9
>>144
その場合だと、
バシッと1と、どこかの記者が知らないけど、きちんと書いてないから、
だから解りにくくなっている。


143:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 16:54:45 maa3b8J9
>>1
自分で購入して、
紙面をバラバラにするから、

出版社には損害無いだろ?
こっちはテレビで見ただけだからうるおぼえ。

152:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 17:40:00 FwZqQh0P
○コピー機を買ってきて自分で複製。コピー機メーカーは複製という便益を提供して利益を得る。
△コンビニのコピー機で自分で複製。コンビニは複製という便益を提供して利益を得る。
☓自炊代行業者に依頼して、業者が複製。業者は複製という便益を提供して利益を得る。

線引は複製を誰が実行するかどうかなんだね。
だとすれば、コンビニの酒タバコを買う時の認証タッチパネルみたいにさ、
代行業者に依頼した時に「複製作業スタートボタン」を押すようにすればいいw

店頭でのリアルなスイッチでもいいし、業者のWebサイト上でのクリックボタンでもいい。
複製する装置を提供するのは業者だけど(これは上の3例とも共通)、
あくまでも複製行為を実行したのは所有者本人であると主張できるよねw

155:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 17:42:38 05AdYIEY
>>152
公衆複製装置は禁止されている。
図書館やコンビニのコピー機も本当は禁止なんだけど
「当面の間」(って何十年経ってんだよw)おおめにみられているだけ。


168:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 19:00:15 9NkPbG2m
>>152
> 線引は複製を誰が実行するかどうかなんだね。
そもそもこれがおかしいよな。自分で複製するのと他人に頼んで複製してもらうのと一体何がどう違うのかと。
業者がデーター残して割れ物流す恐れがあるって言い張るんならまだ分かるけど。


169:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 19:01:57 05AdYIEY
>>168
自分でコピーして家族と見てるだけなら摘発しようがないからでしょ。


171:名刺は切らしておりまして 2013/03/26(火) 19:04:34 FwZqQh0P
>>168
>>業者がデーター残して割れ物流す恐れがある
すぐそういって自炊代行が悪いって流れにする人も多いけど、
それって著作権うんぬんとは全く別の問題だよねw 電子窃盗というか。


216:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 12:46:03 4g/4SdDl
お前の中ではそうなんだろうな、

218:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 12:48:40 96LCXMs1
>>216
どうして私的複製まで制限(課金)するのかって、当時も騒ぎだったんだよ。


221:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 12:56:45 4g/4SdDl
>>218
どうしてというか、そもそも私的複製はタダであるべきという根拠が何一つないからね〜


222:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 12:58:24 96LCXMs1
>>221
誰が持っている何の権利に基づいて課金するのか、説明してクレクレたこら


230:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 13:24:34 4g/4SdDl
昭和30年代、音楽メディアといえばレコードしか媒体は無く、
聴きたい音楽を手に入れるにはレコード店でレコードを買わなければならなかった。
昭和40年代、この頃からテープ形式の複製機器が民衆に普及し始める。

ちなみに当時の旧著作権法では、下記のような規定であった。http://www.cric.or.jp/db/article/old.html
>第三十条 〔著作権の制限〕 既に発行したる著作物を左の方法に依り複製するは偽作と看做さず
>第一 発行するの意思なく且器械的又は化学的方法に依らずして複製すること
つまり旧法では発行の意思がなくても、「器械的又は化学的方法に依る」複製は著作権侵害とされていた。

そして、昭和45年、著作権法第一条の「これらの文化的所産の公正な利用に留意」を受ける形で
著作権者の権利を制限すべく、私的複製を認める規定が著作権法に設けられ、
「器械的又は化学的方法に依る」複製でも一定の要件を満たせば侵害としないことにした。
それは著作権者の蒙る不利益が一定限度に留まっていると評価されたからだ。
すなわち、その頃は劣化を伴うアナログテープが主流であったので、
良い音質の音楽を手に入れるにはレコード屋でレコードを買うしか手段はなかった。
このようにして高音質の音楽と低音質の音楽の住み分けがなされていたので
著作権者が蒙る不利益は最低限度に収まっていた。
しかし、デジタル複製機器の普及によって、良い音質が庶民レベルで複製できるようになると
この住み分けが崩れてくる。
つまり、デジタルコピーで売り物と同じ品質のコピーができることになったのだ。
(もちろんデジタルコピーでも一定限度劣化はするが、アナログコピーの劣化の比ではない)
そこでデジタルコピーを禁止する案も考えられたが、
著作権法第一条の「これらの文化的所産の公正な利用に留意」の規定を最大限考慮して、
権利者に泣いて貰ってデジタルコピーをそのまま私的複製の範囲に留め、
その代償として、デジテルメディア機器から僅かばかりの金を徴収することになった。
それが平成4年のことだ。

以上の経緯から分かるように、
法律上私的複製できるのに補償金を課すのはおかしい、と言う見解は、本末転倒。
デジタル複製を私的複製に留める代償として補償金制度が生まれた。

232:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 13:36:53 9PqAcOY7
>>230
ここまで「権利者に対して好意的な解釈」が出来るのだなぁと感心した。
嫌味じゃなく、こんな風に説明する事が出来るなんて素晴らしいと思ったよ。

君なら、いい悪徳弁護士になれると思うよ。


235:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 14:40:00 r01wjTYN
>>230
著作者の複製権が拡大解釈されないように、法改正しないとな
また特別な理由がない限り、複製防止の手段を入れることを禁止しよう。


233:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 13:38:10 4g/4SdDl
>>232
これ、解釈じゃなくて、歴史的事実だからww 当時の議事録を見てみろよ


243:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 15:24:25 9PqAcOY7
>>233
ごめんごめん。これを「歴史的 −事実−」とかいう君に弁護士は無理だ。


244:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 15:25:36 4g/4SdDl
>>243
残念ながら、現実はお前の思っているようなもんじゃないよww


247:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 16:02:17 9PqAcOY7
>>244
意味が分からない。
243についての返事が、「現実はお前の思っているようなもんじゃないよww」て?
現実って、何の現実の話をしてるのかな。
俺は、ああいうことを「歴史的 − 事 実 −」と言うような人に弁護士は無理だ
という話しかしてないが。


234:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 13:40:51 mEF4UZar
著作権を拡大解釈してるだけだもんな

236:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 14:54:15 4g/4SdDl
>>234-235
複製権は複製することを超えて解釈されたことなんてないのに、なんで拡大解釈とか言ってるの?ww
馬鹿だから?

238:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 15:07:03 mEF4UZar
>>236
俺はそんなこと言ってねーだろw


240:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 15:10:42 4g/4SdDl
>>238
このスレで問題となってる「自炊」代行は複製権の問題で>>234で「著作権を拡大解釈してるだけだもんな」
と書いてあるから

複製権は複製することを超えて解釈されたことなんてないのに、なんで拡大解釈とか言ってるの?ww

と言っているのに

なにが
>俺はそんなこと言ってねーだろw
なの?

241:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 15:18:26 mEF4UZar
>>240
著作権を拡大解釈した結果の複製権て意味な

自炊代行は、ズボン買って裾直しをお直し屋にお願いするのと同じことでしょ


252:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 16:24:02 SB2kgLOx
自分が自分のために依頼することに
行為者が違うからと言って行為者から
著作権料を取ろうとするのは
殺人依頼のときと同じように考えると
どうなんでしょうかね

255:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 16:40:57 6pp5BTEG
修理屋がシャープの特許を使っている製品の修理を客から依頼され、
その特許にかかる部分を修理して報酬を得た。
修理屋はシャープに特許使用料を払う必要があるか否か

263:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 17:14:05 4g/4SdDl
>>255
>その特許にかかる部分を修理して報酬を得た。
>修理屋はシャープに特許使用料を払う必要があるか否か

その修理が再生産にあたるなら当然特許使用料が発生するよ
というか、発生する以前に、それ特許権侵害だからw


267:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 17:46:12 6pp5BTEG
>>263
>それ特許権侵害だからw

だ か ら 何なのかなぁw

特許商品をリサイクルするのは違法とされており
その結果、使い捨てになり環境に負荷がかかってしまうので
買ってはいけないということか


270:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 18:01:45 96LCXMs1
ID: 4g/4SdDl が言ってることは大体合ってるよ。
ただ、著作権者側に好意的すぎる感じはするけどねw

違法コピーが無制限に出回るとフォスターみたいになっちまうけど、
一方で著作物ってのは使われてナンボだから、あまりガチガチに管理すると
これまた著作権法の理念を損なう。

どっちに寄るのが正しいとかなくて、時々のテクノロジーや力関係にも影響される。

条文上は違法なんだから、自炊代行業者から金をとって解決するのは
悪くない落としどころではあるよ。

#依頼者から直接とるんじゃないところが味噌だと思うな。

272:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 18:10:34 4g/4SdDl
>>270
法律の趣旨や経緯を踏まえると、こういうスタンスになってるだけだよ
もし、利用者側から弁護を頼まれれば、ちゃんと別の理論構成をする
ただ、2ちゃんでは法律論抜きの感情論で都合のいい結論ありきの書き込みを
する厨がいるから、そういう厨は徹底的に叩く、それが俺のやり方


280:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 18:49:07 Zk1JPJFR
>>272
>利用者側から弁護を頼まれれば、ちゃんと別の理論構成をする
ふ-ん、法律論ってずいぶんといい加減なんだ?
だから、死刑から無罪まで判決がぶれても平気なんだ。


283:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 19:00:47 LOtfh9ET
>>280
そらそうだろ。数学の方程式じゃないんだから、答えはバラバラ。文学や芸術の解釈みたいなもんだな


290:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 21:49:43 Zk1JPJFR
>>283
数学的には、矛盾した系からはどんな結論でも引き出せる。
だから、そんなものは無価値なんだが。

なるほど。法律論と言うのは、理論の皮を被った無理論なわけだ。
それで法関係者や、官僚の行動が理解出来るわ。


284:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 19:10:33 /f4e3cCw
※ 電子本の普及で仕事を失う製紙業界人が
  宮部みゆき作品がもう電子化されてるのを隠すのに必死なスレ

285:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 19:18:09 96LCXMs1
>>284
え、出たの?
Amazonでkindle版探してもコミックしかないよ。
Reader Storeでも同じ。
最近kinoppy見てなかったけど、そこから出たのかな。


286:名刺は切らしておりまして 2013/03/27(水) 19:21:04 13ltQxnd
>>284
そうなんか?
だがそう煽んなよ
別に面白くなってないし
それとも製紙・出版業界に恨みでもあんのか?


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。