上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/07(金) 00:27:15
島型でパーティションのない机、部門代表に掛かってくる電話、朝礼後にオフィスを出発して
夕方に帰社して終礼する営業担当者——日本のオフィスの日常風景で「和を大事にする日本」の
象徴とも言われる。なぜこうした業務スタイルになったのか。源流を辿っていくと、不思議な
ことに「電話加入権」に行き着いた。

日経コミュニケーション6月号で、特集「固定電話はもういらない?」を執筆した。ひかり電話
需要による内線電話システムの更新から7〜8年が経過し、オフィスの電話が更改期を迎えつつある。
特集ではオフィスの電話のあり方について、先進ユーザーやベンダーの動向をまとめた。

取材の過程でふと気になり、内線電話システムのベンダーに「なぜ現行の電話スタイルになって
いるのか」と聞いたところ、帰ってきた答えが「電話加入権が大元の理由」とのことだった。

ことのあらましは以下のようなものだ。加入電話サービスを利用するには、1回線ごとに電話加入権
(現在は施設設置負担金)が必要となる。ダイヤルインサービスが登場するまでは、1人の社員に
1つの外線番号を割り当てようとすると、電話回線の数だけ電話加入権の取得が必要だった。それでは
企業の費用負担が大きすぎる。自然な発想として「電話回線を社員で共用しよう」という流れになった。

こうして企業に普及していったのが、PBX(構内交換機)やビジネスホン、キーテレホン、ボタン電話
などと呼ばれる内線電話システムだ。会社の代表となる電話番号として「大代表」、各部門の代表と
して「部門代表」の電話番号が置かれた。日本企業に勤務する読者では、名刺に刷ってある電話番号は
部門代表だけという人が多いだろう。

そして、こうした内線電話の仕組みが日本のオフィス、ひいては日本人の働き方も決めてしまったの
ではないか。

■知らず知らずのうちに電話中心の働き方になっていた

考えてみれば当たり前の話だ。部門代表の電話は、その部門の誰かしらの社員が受けなければならない。
となると、島型の座席配置はとても合理的だ。離れた場所に座っていたら、自分が取るべき電話が
鳴っているのかどうかが分からない。

パーティションも同様だ。パーティションがあると視線が気にならず、静かで集中できる。だが
それは、近くの席の音が聞こえづらくなるのと同義だ。パーティションを置かず、決められた
電話が鳴動したタイミングで、誰かしらが電話を取るというオフィスが現実的だ。

パーティションを付けて、部門代表への着信のたびに全電話機を鳴らす手もある。しかし、
ほかの社員への電話でも着信音が鳴るのはうるさくて仕方がないだろう。転送も面倒くさい。

パーティションのない島型の机の配置というのは、仕事で電話を使う以上は必然だったのだろう。
電話加入権が存在した時点で、日本のオフィスの形態は決まっていたのかもしれない。

さすがに考えすぎかもしれないが、営業現場での朝礼や終礼も電話のあり方が影響している
可能性がある。(※続く)

◎http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20130604/482162/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【コラム】『電話加入権』が生んだ"日本のワークスタイル"--日経BP [06/07]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 73(240中) 】


2:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/07(金) 00:27:41
>>1の続き

部門代表電話だと、部門の誰が電話を受けるか分からないし、どの社員が対応すべき電話なのか
通話するまで判明しない。着信履歴や留守番電話機能を付ける意味が薄い。電話機に残しても
役に立たないし、交換機側に残すと数が多すぎて整理するのが大変だ。誰かしらが電話を受けて、
担当者が不在ならばメモを残すのが手っ取り早い。

自分の外出時の“着信履歴”がメモの形で残っているならば、出社して見るのが一番だ。となると、
外勤の営業職でも朝と夕方はオフィスに行くのが合理的だ。どうせオフィスに集合するなら、
朝礼や終礼でミーティングや業務連絡をすればいい、と考えるのは自然なことだろう。

■本当に「変えられない文化」なのか疑うべき

働き方やビジネス文化について「日本はチームプレー、外資は個人プレー」と言われる。
だが、こと電話対応に限っては、文化以上に電話料金の体系による影響が原因と断言してもいい。
電話のあり方がオフィスや働き方に与える影響は大きい。もしかしたら、ビジネス文化全般が
「電話加入権の存在によって作られたもの」である可能性すらあるのではないか。

外資系企業では、社員1人1人がダイヤルイン番号を持つケースが多い。これも働き方や企業文化の
違いで片付けられることが多いが、米国をはじめ海外の多くの国は電話加入権がなく、外線1番号
当たりの利用開始コストが安いのも事実だ。

本当に今のオフィス形態、働き方でいいのか、考え直すにはちょうどいいタイミングかもしれない。
今回、複数のユーザー企業を取材していて、異口同音に「固定電話の利用機会は、オフィスでも
減っている」と答えていた。同時に「携帯電話の利用機会の方がずっと増えている」と。

携帯電話は生まれながらの「ダイヤルイン」の電話だ。それが仕事で使いこなされているという
ことは、外資系企業のような“個人プレー”の働き方が知らず知らずに浸透しているのかもしれない。

意識的にオフィスから固定電話機をなくすことで、業務スタイルの転換を図った企業もある。
システムインテグレータのJSOLは、そうした企業の1つだ。2007年に本社を移転した際、
全社員1300人の通話手段を携帯電話に一本化。顧客とのダイレクトコミュニケーションを重視
する方針を打ち出した。(※続く)

3:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/06/07(金) 00:27:55
>>2の続き

当初は、現場からの反発やとまどいの声もあったと言うが、社員が慣れるまでにあまり時間を必要と
しなかったという。心配していた社外とのコミュニケーションでは「社会全体で携帯電話が一般化
していて、部門代表の固定電話番号がないことで問題が起こることはなかった」(池田明聡経営
企画本部総務部長)。

JSOLの事例が興味深いのは、単に固定電話をなくすことを実行しただけでなく、その後6年間に
わたって支障なく業務を遂行できている点だ。現在は災害対策用では固定電話を用意している
ものの、日常業務で固定電話を使うことはほとんどない。家庭での“固定電話離れ”は多くの読者が
実感していると思うが、実はオフィスでも固定電話への依存度を減らせる状況にある。

となると、オフィスのあり方や働き方をフリーハンドで考え直してもいいはずだ。

2000年代半ばのIP電話ブームの際、ボイスメールやダイヤルイン番号、フリーアドレスオフィス
などは「日本のビジネス文化は変えられない」として多くの企業で見送られてきた。IP電話は様々な
可能性が喧伝されたが、単なる安い固定電話なのが実情である。考えてみれば当たり前だ。従来の
固定電話、内線電話システムの延長に、単にIP化があっただけなのだから。

しかし今は違う。日本のオフィスのあり方を縛る最大の要因だった電話を、いったん“リセット”して
考えられる状況ができている。「働き方を改革する」というシステム部門本来の仕事に、全力で
打ち込めるチャンスではないだろうか。

自分の外出時の“着信履歴”がメモの形で残っているならば、出社して見るのが一番だ。となると、
外勤の営業職でも朝と夕方はオフィスに行くのが合理的だ。どうせオフィスに集合するなら、
朝礼や終礼でミーティングや業務連絡をすればいい、と考えるのは自然なことだろう。


12:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 00:54:27 x8v/7Aqc
そういえば固定電話の加入権は6万円くらいだった。
急ぎ電話を引きたい場合は電話債券を民間から買うんだけど
20万円くらいが相場だったな。
今、光に変えて固定電話がどうなったのかさっぱりわからん。

14:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 01:06:26 FJ/2WfdQ
>>12
ウチもひかり電話に替える時に加入権は一時停止にしますとか言われたことあったな
なんか数年ごとに更新しないと権利が消滅するとか最近聞いたんだがNTTからそういう
れんらくがあったことないからわからんな
しれーっと消えてるのかも知れん


60:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 08:10:33 dJxINzYw
>>14
財産権だよ。消滅しないよ。名義を書き換えて相続もできる。
民間会社では経理上、資産として扱われているからな。
ただ、携帯電話全盛の今は市場価値がほとんどないだけの話だよ。


67:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 08:45:41 vQI32h83
>>60
利用休止のお知らせ

利用休止期間(5年)を経過しても、利用休止の継続又は再取付の
お申し込みがない場合は、更に5年間を経過した時点でこの電話の
契約を解除されたものとして取り扱わせていただきます。

消滅するようだな


71:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 12:54:02 iQT00v/R
>>67
あれ? 自動再延長になったんじゃなかったっけ?


226:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 20:46:50 I8T2z4fC
>>71
そう
5年毎にいちいち連絡入れるなんて、お前らどんだけ殿様やねんアホかと
怒号だらけのクレームになって自動延長になった

72,000円で買わせて固定資産になるって嘘ついて、やり口が杜撰すぎる
今は二束三文以下だろ


17:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 01:10:57 16PUMRN4
>>1の記者は、着信専用番号のことすら知らないで変な記事書いてるんだろうな。

22:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 01:26:24 xMu9H22a
固定電話を持たない企業って ちょっと怖い気がする。
責任の所在が明確じゃないわけですよね・・
日本では 信用されないと思う。

29:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 02:16:52 LAQ5v2Mv
詐欺とは思えないけどな。
今だって電気や都市ガスや上下水道は自宅敷地内の工賃以外にも負担金が出るだろ。
電話局から電線引っ張るという点では電話だって加入権みたいなかたちで設備にかかる金を負担するのは不思議な話じゃない。

31:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 02:42:42 LAQ5v2Mv
電話加入権の話になるとすぐこうなるけど、
水道負担金とかについてはスルーなんだよな。

32:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 03:10:05 3QavFhA6
>>31
それが電電公社発想。つまり前世紀の遺物。
物質やエネルギーを送るインフラと、情報を送るインフラは、同じインフラ産業でも性質が違うことに、
電電公社=NTTは、最後まで気づかなかった。その悪しき遺産が、電話加入権なんだよ。
あと2つ、厄介な遺産があって、
「NHK受信料」と「電波使用料」の2つになる。


実は、かつて一世を風靡した「ニューエコノミー」は、今でこそ嘲笑ネタでしかないが、
彼らの本来の主張は、ここに関わるものだった。そして、この部分では今でも間違っていない。


39:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 05:29:25 HPh2riHh
>>31
加入権は独立して売買できる資産だと言ったからややこしくなってる


44:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:01:31 LAQ5v2Mv
>>39
ゴルフの会員権みたいなもんじゃないの?

資産だとしたら何らかの理由で目減りするのも不思議じゃないだろ。


45:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:09:14 3MQtcKgn
>>44
NTTとの契約の際にそんな説明まっっったく受けてねえけど?


46:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:16:38 LAQ5v2Mv
>>45
もともとNTTにしろ電電公社にしろ、自社で買取はしてないだろ。
いくらで買取りますなんて書いてあったっけ?


49:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:24:32 3MQtcKgn
>>46
NTTの窓口じゃ

不要になったら売ることもできますし、敷金みたいなもんですよ

と説明してた
同値でNTTが買い取りますよ!なんていくらなんでも言ってるわけねえだろ


52:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:31:59 LAQ5v2Mv
>>49
当時売ることはできたわけだし、それが永遠に保証されるなんて言ってないだろ。
現在でも別に売買が禁止されてるわけじゃない。


56:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 06:55:10 3MQtcKgn
>>52
「永遠に保証しろとかムリだろ」だの
「いくらで買い取りますとか公言してたか?」だの

すぐそうやって極端な話に持っていこうとするのはなんで?
常識的な思考をしろよ

>>29の最初の1レスで、胡散臭さ炸裂してて笑っちゃうんだけどもさ

72:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 13:03:26 ipgSOk8Z
>>56
なんで?
売買可能な権利として扱いますよっていうNTTの言い分じゃ気に入らないんでしょ。

それは結局のところ買取価格の固定化をしろっていうことじゃん。

極端な話というが、なにが極端なのか?
常識的な思考ができてないのはおまえのほうだよ。


73:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 13:07:48 3MQtcKgn
>>72
>なにが極端なのか?

って、>56に思いっっっっっっきり書いてあるだろ
文盲が喋んな


74:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 13:57:24 ipgSOk8Z
>>73

つまり、 NTTによる買取価格の保証はしなくていいんだろ。

じゃあ今の状態でなにもおかしくないよね。
NTTは売買を認めてるわけだし。

社会情勢の変化で固定電話の価値が無くなったのはNTTの責任じゃないだろう。


75:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 14:13:33 3MQtcKgn
>>74
呆れるレベルの文盲だな

「敷金と同じようなもの」ってことは、契約が満了したときに同等の金額が返済されるべきものだと認識されて当然のもの
ただ、同額を【永久に】保証しろというのはあまりに極端

ある程度の落とし所がある筈であって、7万円超の資産が突如無価値となるのはあまりに常識とかけ離れているし
当時のNTTが「電話加入権は無価値になる恐れがあるものですよ」といった説明をまったくせずに売っていたことも大問題だわ


78:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:01:48 ipgSOk8Z
>>75
やっぱり買取保証を求めてるんじゃん。

難癖にしかみえない。


79:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:06:13 3MQtcKgn
>>78
オメーほんと文盲だな
それか思考回路がブチ切れてるレベルのバカか

オメーが俺に難癖つけてるだけじゃねえか
まるでお話にならん


82:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:17:34 ipgSOk8Z
>>79
お前が最初に俺に難癖つけたんじゃん。
なにいってんだ?

NTTから説明受けてないとか頭の悪いこと言ってるだろ。


85:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:33:19 3MQtcKgn
>>82
文盲でニワトリ以下の脳みそしかないオマエのためだけにもう一度言ってやるけど

俺は
「永遠に電話加入権の価値を保証しろ」とか言ってないし
「NTTが同値で買い戻しますって言ってた」なんてことも言ってない

常識的な範囲内で価値は保証されるべきものであるし
当時のNTTは「電話加入権は価値が紙くずになることがあります」というリスクの説明をまったくせずに売っていた

これらは大問題だって言ってんだよ
元金保証されないものをそういうものと認識させずに売りまくってたわけだからな

60歳70歳の老人に電話加入権はもう無価値で紙くずですよって言ってみろ
未だに立派な資産だと思い込んでて驚かれるから


94:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 17:36:40 WZk4jaeF
>>85
>常識的な範囲内で価値は保証されるべきものであるし

あはは

>当時のNTTは「電話加入権は価値が紙くずになることがあります」というリスクの説明をまったくせずに売っていた

する必要なんてないだろ 金銭債権じゃないんだから


95:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:00:57 3MQtcKgn
>>94
しろよ
契約なんだから説明・告知義務あるだろ


96:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:13:45 WZk4jaeF
>>95
>契約なんだから説明・告知義務あるだろ

えっまさか、おまえ、契約なら説明・告知義務があるなんて馬鹿丸出しなことを
言い出してるんじゃないだろうな?

商店で商品を買うこと自体も契約だけど、そんな説明・告知を受けたことないなあw


97:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:26:27 3MQtcKgn
>>96
すごいバカだったんだなお前・・・
小学生かよ時間泥棒が
死ねゴミクズ


80:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:07:23 P/UvaMai
「電話加入権」か懐かしいな。
これ資産計上だったはずだが、今では取り扱いどうなってんだろうね。
今や紙くず同然だろ。

81:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:14:43 eIyiwtlT
>>80
いまだに償却できないね。
国税が認めてないみたい。
帳簿から消すなら売却して
評価損あげるしかないみたい。


87:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 16:44:33 3MQtcKgn
「永遠に電話加入権の(購入価格での)価値を保証しろ」とか言ってないし

こんなこといちいち言わんとわからんか?

90:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 17:25:19 ipgSOk8Z
>>87
じゃあ市場が決める値段に任せるってことだろ。

今のほとんど値段のつかない状態が、現在の市場の決めた電話回線の価値だ。

お前の言ってることはそもそもおかしいんだよ。


91:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 17:29:55 3MQtcKgn
>>90
オメーほんと文盲だな
>85から読み返せ
お話になんねーじゃんバカすぎて


101:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:29:41 ipgSOk8Z
>>91
電話加入権は資産として売却や質入れすることができますってだけで、
NTTも電電公社も売却時の価格は保証してないし、おまえさんもそれを求めてるわけじゃないだろ。
じゃあこれ以上どうしようもないじゃん。

何年使ったのか知らないが、 月に1000円づつ目減りするとしても80ヶ月 7年でチャラじゃん。


102:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:34:51 3MQtcKgn
>>101
バカモノ
電話加入権は無形固定資産じゃボケ
勝手にお前が償却資産にすな

お前、解ってて言ってるだろ
タチの悪い奴だな


103:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:39:17 WZk4jaeF
>>102
gdgd言ってないで、電話加入権を売ってこいよww
2000円ぐらいで買い取ってくれるんじゃね?
一回線72000円で買ったなら、70000円を損金にできるじゃねーか


104:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 18:42:07 3MQtcKgn
>>103
小学生はすっこんでな


109:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:00:18 HnMupCe2
今って買取やってる業者がなくね?

111:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:14:40 3MQtcKgn
>>109
買い取ってくれても紙くずだろうしなあ
電話加入権買い叩きまくってなんか出来ねえかな


113:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:24:34 ah9HM0Uj
昔購入した加入権、どうなってんだろ
十年使って無い

114:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:25:17 3MQtcKgn
>>113
NTTに巻き取られてるんじゃね
どのみち価値なしの紙くずだけど


115:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:28:05 ah9HM0Uj
>>114
そんなんなるん、なんだかな


116:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:35:20 3MQtcKgn
>>115
7万とか8万とかしてたのが、紙くずだからなあ
これ、未だに知らない老人とかもたくさんおるんだよなあ
まあ個人はもとより、法人で何十回線と持ってたりするとなかなかのことになるし

まあ2006年当たりで裁判やら何やらで盛り上がったんだけど、もう6年も前の話か


117:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:39:16 LKIL3Gxr
>>116
損金認めたらすごい税収減になりそう。
うちも青申の資産に無駄に残ってる。


118:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 19:52:32 3MQtcKgn
>>117
損金算入もなんだか簡単には出来ないんじゃなかったかな
むかーし会計士に聞いたら損金算入いつでも出来ますよってテキトーに言われたけど

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105599741

ってことで


121:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 20:01:21 LKIL3Gxr
>>118
いったん売って、ただ同然のを買って評価損ではなく売却損で
何とかかんとかで、PLの費用じゃなくなんたら表のどうたらで、
めんどくさいので放置することにした。


123:名刺は切らしておりまして 2013/06/07(金) 20:03:53 3MQtcKgn
>>121
そうそう面倒なんだよね
放置しときゃそのままだし、まあ利益出た時にやりゃいいじゃんってことになりながら、利益出たら
社内改装だとか、備品買ったりだとかで残らないって言うね


138:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 08:38:23 ZFM2h75m
「車やマンション」は経年劣化するけど、「権利」は経年劣化しないんじゃないですかね

139:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 08:41:43 ZkvkKf1U
>>138
> また時代の趨勢や


140:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 08:48:05 ZFM2h75m
>>139
ではなぜ経年劣化の話を持ちだしたんですかね


141:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:02:15 ZkvkKf1U
>>140
加入権に限らず、モノの価値が減少したりゼロになる要因を誠実に書いただけ。
加入権については「時代の趨勢」があてはまる。


142:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:07:55 ZFM2h75m
>>141
要するに「権利」のように経年劣化しないものをさも「車やマンション」と同様に経年劣化するかのように印象付けたかったわけですね
わかりました


144:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:09:47 ZkvkKf1U
>>142
NTTに買取義務がなく、時代の趨勢によって加入権の価値が減少したことは認めたんですね。
おつかれさまでした。


145:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:15:09 ZFM2h75m
>>144
印象操作については認めたわけですね
わかりました

では、新規の電話加入権の価格は「誰が」決めていたのでしょうか?


146:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:20:17 ZkvkKf1U
>>145
NTTに買取義務がなく、時代の趨勢によって加入権の価値が減少したことを認めたのならこの時点で議論は終わってる。

おつかれさまでした。


147:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:23:38 ZFM2h75m
>>146
まるで「権利」までもが経年劣化するものだと思わせるために「車やマンション」を引き合いに出して印象操作をしようとしたことを
指摘されて、さらに自分に不利な展開になりそうなのでお逃げになると
わかりました
どうぞどうぞ


149:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:26:22 ZkvkKf1U
>>147
ではNTTに買取義務がなく、時代の趨勢によって加入権の価値が減少したことに対する反論をお願いします。

できないのならおつかれさまでした。


154:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:35:18 ZFM2h75m
>>149
>148


156:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 09:50:24 ZkvkKf1U
>>154
論点そらしはただの逃亡ですよ。

論点である「NTTに買取義務がなく、時代の趨勢によって加入権の価値が減少したこと」への反論をお願いします。

できないのならおつかれさまでした。


160:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 10:02:55 ZkvkKf1U
飽くまでお逃げになるのなら、負けを認めたということですね。

おつかれさまでした。

さようなら。

161:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 10:04:50 ZFM2h75m
>>160
逃げるのか質問に答えるのか
ハッキリしましょうね
みんな見てますよ


168:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 17:31:07 ZFM2h75m
いや、普通に原野商法だと思ったらいいよ

215:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 20:24:19 ZFM2h75m
原野商法
「この土地はきっと上がりますよ!」「結果的には上がらなかった」
※プラスになると思ったものが、プラスにならなかった

電話加入権商法
「電話加入権はいつまでも大切な資産ですよ!」「結果的には紙くずに」
※価値が維持されると思ったものが、マイナスになった


だから、>>168のレスに至ったと、そういことです


この2つの論理構造が「違うもの違うもの違うもの」と、ただただ言い続けてるノータリンがいるけど
誰がどう見たって、ねえ?
幼稚園児でも解るレベルにしたんでこれ以上細分化するのは不可能
ノータリン君は、もっとがんばりましょう


216:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 20:25:02 EMxFvu/d
>>215
> 「電話加入権はいつまでも大切な資産ですよ!」「結果的には紙くずに」
> ※価値が維持されると思ったものが、マイナスになった

「※価値が維持されると思ったものが、マイナスになった 」
の根拠となるのが

>一部の支店で『電話は大切な財産です』などと誤解を招きかねないパンフレットを作製し、配布したことがあるのは事実」

だけなんだろ?

でも、裁判所はNTTが交換価値を保証するなんて一切認めなかったんだよなwwwwww


171:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 19:28:43 ZFM2h75m
原野商法も土地の権利はちゃんと保証してますし

180:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 19:48:31 Dmv4R87m
>>1
> 加入電話サービスを利用するには、1回線ごとに電話加入権
> (現在は施設設置負担金)が必要となる。

最初から「施設負担金」だよ。

220:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 20:29:11 ZFM2h75m
無形固定資産の電話加入権を車やマンションのような経年劣化する償却資産と同類かのような論理展開で
印象操作しようとしたり

格闘技で言えば1ラウンド1パンKOされてるような状態なのに「ま、ま、ま、まけてへんで!」と言い続けるだけ
に陥ったり

大変だね
業務でやってんの?
そういう仕事どこで見つけてくんの?
そんな卑しい仕事、出来るだけ早く抜けた方がいいよ
そういう仕事すらできないぐらいの脳しかなさそうだし

ってことで、完全論破完了で終了でーす
おつかれさまー

222:名刺は切らしておりまして 2013/06/08(土) 20:31:08 EMxFvu/d
>>220
妄想して勝利宣言wwww おまえ北朝鮮並の馬鹿だな


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。