上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:やるっきゃ騎士φ ★ 2013/08/12(月) 10:47:18
内閣府が12日発表した4−6月期の国内総生産(GDP)速報によると、
物価変動の影響を除いた実質GDP(季節調整値)は、1−3月期に比べ、
0・6%増となった。年率換算で2・6%増となり、3四半期連続での
プラス成長となった。
この4−6月期GDPは安倍晋三首相が消費税増税を判断する重要な要因
とされ、増税実施に向けての有力な材料になる可能性がある。

しかし1−3月期の実質GDPの成長率は0.9%あり、4−6月期は
これを下回ったことで、評価は分かれそうだ。

4−6月期でプラスに大きく寄与したのは、個人消費と公共投資。
6月の猛暑で飲料、衣料、エアコンなどで個人消費が拡大したほか、
緊急経済対策の出来高が増えている。

4−6月期の実質GDPの個人消費は、前期比0.8%増、住宅投資は
0.2%減。設備投資は0.1%減となった。

輸出入の動向は、輸出は前期比3.0%増、輸入は1.5%増と、ともに
2期続けてプラスとなった。

名目GDPでは、0・7%増(年率換算2・9%増)となり、名目が実質を
上回った。「名実逆転」の解消は2012年7−9月期以来となる。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130812/fnc13081209170001-n1.htm
内閣府のサイトhttp://www.cao.go.jp/から、2013年8月12日 四半期別GDP速報(2013(平成25)年4-6月期・1次速報)
http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/sokuhou/sokuhou_top.html
 国内総生産(支出側)及び各需要項目(PDF形式:244KB)
 http://www.esri.cao.go.jp/jp/sna/data/data_list/sokuhou/gaiyou/pdf/main_1.pdf


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【景況】4-6月期GDP、年率2.6%増と高水準 消費税増税の判断材料に[13/08/12]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 79(281中) 】


2:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 10:51:38 d/U3LeUx
>>1
い、いや…予想値より悪かったのですが。

3:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 10:53:54 Hz58nFjw
予想:年率換算で3.2%増 → 現実:年率換算で2・6%増で、消費は好調だが設備投資マイナス

普通の国なら「設備投資は伸びておらず、本格的な景気回復には至っていません」
日本メディア「日本経済絶好調!増税を!一心不乱の増税を!」

どうなってるんだこの国

10:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 11:03:52 x0baKJbk
>>3
政府は消費税増税の方針だ。
政府の方針に逆らうとは、お前は反日売国奴か?

本物の日本人なら、消費税増税を心から願っているぞ。


17:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 11:50:57 oZCGkJFA
予想を下回って増税かよ?
今の株価は過大評価ってことだろ?

21:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 12:01:17 WLyXSZNS
0.6%は低すぎだなぁ まぁ株価暴落もあったし仕方ないか
しかし7-9はもっと低くなるんじゃないか

32:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 13:24:34 TD3YLW3J
>>21
7-9は猛暑のお陰で、個人消費が明らかに良いだろうからなあ

GDPを押し下げる要素がなかなか見当たらないんだよね


25:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 12:39:36 Rs9fbVnd
BIZ板の癖に財務省陰謀論を掲げる恥ずかしい奴がいるんだな

誰が見てもアホノミクスのおかげだろ

アホノミクスでいくら掛かったと思ってるんだ?
借金1000兆越えだぞ?w
税収上げんと無理だわ

庶民は給与増の前に増税
一方、アホノミクスで桁外れのボーナスを貰った金融街w

43:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 14:22:24 Rs9fbVnd
7月の猛暑も円安で庶民の資産が低くなったから消費も制限されそうだな

アホノミクスなど無かったら実質資産の増加で消費が伸びただろうに

実に残念だ

69:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 17:10:36 NkcBrhqy
まあ当面国政選挙がないから消費増税やろうと思えば可能だな。

ただ増税すればデフレ、不況に逆戻り。先送りすれば利払いの借り換えがショートして
財政破たん。銀行が見放せば長期金利は急上昇で日本は海外資本の奴隷になる。ギリシャで連中は練習済みwww。

政治家ともはどちらかの選択は必ず取ることになる。今まで利権を散々むさぼってきた付けを取る時が迫っている。ざまあ。

106:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 18:30:44 5DmwKHrY
>>69
>先送りすれば利払いの借り換えがショートして財政破たん。

財政法で国会の議決があれば、通貨発行権のある日銀に
国債の借り替えをさせることができるのに
財政破綻するわけないだろ

円建ての国債で90%以上が自国民が持っている上に
赤字国債発行までも可能なのに、
なんで財政破綻なんて発想が出てくるのかわからん


115:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 19:06:14 NkcBrhqy
>>106
>財政法で国会の議決があれば、通貨発行権のある日銀に
>国債の借り替えをさせることができるのに
>財政破綻するわけないだろ

問題だらけなんだけど。

まず財政法の改正自体が実現性がない。時の閣僚が暗殺される、選挙で与党全員落選とか
覚悟があれば別だけど。自民、官僚憎しのみんなならやっちゃうか。

また通貨を刷る、希釈するという事自体が実質的な破たん処理(アベノミクス含む)。
君はこの意味を理解したうえで詐欺的にレスしているのか、はたまた名目上の意味合いで
破綻はしないと国語力が欠如しているのか。


116:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 19:13:31 9jpCgTtp
>>115
日本は全然マネタリーベースの拡大もしてないし、
国債日銀買入も少ない。
希釈化をしないからこそ異常な円高が続いてたんだろ。


121:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 19:34:54 5DmwKHrY
>>115
>財政法の改正自体が実現性がない。

財政法第五条  
すべて、公債の発行については、日本銀行にこれを引き受けさせ、又、借入金の借入については、日本銀行からこれを借り入れてはならない。
但し、特別の事由がある場合において、国会の議決を経た金額の範囲内では、この限りでない。

改正じゃなくて、現行法において既に認められてることなんだけど
そもそも前提を勘違いしてる

>また通貨を刷る、希釈するという事自体が実質的な破たん処理(アベノミクス含む)。
インフレの全てが悪いと読めるが
そんなわけないだろ
健全な経済成長するためにはなだらかなインフレが必要不可欠
ちなみに、あんたはアベノミクス否定論者みたいだね
だが、現在年率2%のインフレターゲットの下で、それが遵守されている限り
ハイパーインフレになることはありえない(未だかつてインフレターゲットを設定していてハイパーインフレになった国は存在しない)

アベノミクスを否定してるあんたはこいつら同様の馬鹿だww

■アベノミクス失敗する派(又は失敗を願う派) ■
・池田信夫 (上武大大学院教授、元NHK職員)  ・丹羽宇一郎元在中大使
・小林よしのり  (漫画家)  ・大前研一 (コメンテーター) ・丑
・浜矩子( 同志社ビジネス研究科長・教授)  ・日銀白川総裁
・民主党  ・共産党  ・社民党 ・韓国  ・中国  ・野田佳彦
・福島瑞穂  ・辻本清美 ・ゲンダイ・朝日・毎日・中日新聞・ポストセブン


124:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 19:58:35 jFJ9PLYy
国債の日銀による引受やったらマーケットが容赦しねえよ。
そういう非現実的な選択肢なんかで議論するのは止めろ。レベル低すぎ。

125:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 20:01:54 X5NdNTQM
>>124

債券市場注視し弾力的に国債買い入れ、年50兆円ペース維持=日銀総裁

http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE94L05420130522


127:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 20:31:59 jFJ9PLYy
>>125
買いオペと直接引受の違いも知らんバカw


129:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 20:38:54 KO6E70tU
>>127
もすもす?w 直接引き受けとか誰も言ってないんすけどw
もっとも直接引き受けしても問題ないですけどねw 日本はデフレなんすよ?wデフレって知ってる?w


131:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 20:42:52 5QZZzY0d
>>127
日銀は毎年直接引受してることも知らないのか
こりゃ驚いたわ


133:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 20:51:46 s5ojxa0L
>>1
消費増税した上で3%の名目成長が目標だろ。増税前なら5%くらいは伸びないとダメでしょ。

134:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:03:11 jFJ9PLYy
>>129
直接引受を実行した途端に、債券先物市場でどういう動きが出るかも想像出来ないんだろう?
無理言わないからお似合いの板にでも行って、そこでいっぱい勉強してからまたおいで。

>>131
知ってる。国債整理基金に関する借換債分凡そ12兆円前後な。
但し、これは借換債としての分で消化してるだけで通貨膨張を招かない範囲で国会承認されたもの。
これを止め処なく新発債の引受として行った途端に、海外ファンドが大規模な空売りを仕掛けるだろうな。
空売りなら現物の国債という実弾が無くても売り攻勢を仕掛けられるし、充分にJGB価格が下がったところで
買い増しして最後に叩き売れば満足な利鞘が稼げる。俺が海外ファンド・マネージャーなら絶対やるね。

135:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:07:15 KO6E70tU
>>134
もすもす?w 日本国債の85%は国内で消化してるんすけどw
ちなみに日本人投資家は外国債とか買わないで箪笥に入れて満期まで売らないからねw
そりゃあ極端に200兆円とかやれば金利は上がるけどデフレなんだから多少上がっても国際基準に近づくだけなんだけどねw


136:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:09:45 jFJ9PLYy
>>135
空売りって知ってる?現物の実弾が無くても売り攻勢を仕掛けられるんだよ?w
国債の市場利回りは、国内機関投資家だけの動向で決まってないんだよねぇ〜。知らなかった?
もっと勉強した方が良いよ。


138:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:12:03 KO6E70tU
>>136
日本国債を暴落させられるほど空売りすんの?w ウォール街が束になっても不可能っすよw
日本のGDPなんぼか知ってるんすか?w


140:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:17:34 eR1w0ym2
>>138
市場で流通してる国債の量は限定されるから銀行とか保有分が寝ていても
その気になれば乱高下させられるな

株でも全体に対して市場での流通分は限定されてても投機やが
売買によって大きく乱高下させるのと同じこと

この場合は流通量が減ってるからかえってやばくなってる


159:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:47:25 nAZ2ge/Z
>>138
それできるよ
既発債残高分の現金なんか必要ないもん
1000兆円突破なんてやってるけど
債券市場に流通してる残高なんて高が知れてるからね


160:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:51:02 KO6E70tU
>>159
ウォール街のアタックに日本政府が黙ってみてれば影響あるかも知れんが
そん時は溝口テイラー介入の時みたいに米国債30兆円の実弾で応戦すりゃええよw


162:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:54:37 nAZ2ge/Z
>>160
馬鹿だなぁ
空売り仕掛けられて困るのは為替じゃなくて債券相場での利回り
長プラや住宅ローン金利が長期金利と連動してるのは知ってるよね?そういうこと


146:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:30:59 KO6E70tU
>>140
日本国債って1000兆円も撒いてるからちっとかっとじゃ乱高下しねーよw
何度ヘッジファンドがアタック掛けてると思ってんだよw
世界最低水準の金利の日本国債をシコシコ銀行が買ってるのは銀行に金はあっても投資先がないからだろうが?
まず日本中の銀行にある国債を日銀が引き受ける、すると銀行は金の運用に困って投資先を探し設備投資に貸すようになる
これが第一の矢。ところがなかなか投資先がないので政府が財政出動をして国土強靭化をドカンと10年計画でやる
すると10年間は安定需要があると銀行も関連企業に金を貸す。公共事業は裾野が広いから様々な分野で需要が伸びる
これが第二の矢だ
都銀が減らすのは勝手だがまだまだ日本国の純資産はたっぷりあるからな〜w 1400兆円超えると警戒した方がいいかもなw


148:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:33:55 eR1w0ym2
>>146
アホか
その理屈なら金利が0.2から0.9とか変動しないわ
流通してる分に仕掛けられるから寝てる分は関係ない


151:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:35:15 KO6E70tU
>>148
もすもすw 0,2から0,9って乱高下なんすかw?
米国債とか英国債とかなんぼなんすかw? アホですか?w


152:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:38:18 eR1w0ym2
>>151
金額がでかいから0.1でも返す金額は多いけどな
1000兆の0.1で一兆円
消費税のどれだけが吹き飛ぶか


163:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 21:55:24 mlFXv+CK
>>146
>>140の肝心な部分理解してなくね?
んで銀行の貸し先がなかったなんて事はないよ
ただ銀行に取れるリスクは限られてるから、なんにでも手を出せるわけではないんだな
そんな環境だから量的緩和だというのだが、
物価高で国民の首を絞める政策は誰のためなのさ、とな
カネの流れを変えるなら緊縮財政で債券市場の需給をコントロールすりゃいい訳で
本当はこう言いたいんでしょ?
「おれら土木利権にカネよこせ!カネの購買力はインフレ税で徴収搾取しろ。」と

170:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:09:32 KO6E70tU
>>162
だから先進国最低金利の日本国債の金利の乱高下とかまだまだ全然心配する必要なんかねーよってのw

>>163
だからデフレを理解してないからそんなトンチンカンな事しか言えないんだよってのw
まずバブルが崩壊しないとデフレとか起きない。簡単に説明すると
投資が盛んなバブルが起きる(もう爆上げw朝買った家が夜には倍になったりするw)→いくらなんでも上がりすぎて崩壊w
残るは借金のみとなるw(チョーリップバブルや世界恐慌、日本バブル参考)→ひたすら借金返済の毎日となる。銀行証券会社でさえ
破綻の危機wサラリーマンはサービス残業だらけとなるw→これ以上借金は増やせないので設備投資減少消費も減少給与も減少する
→モノやサービスが売れなくなるのでモノの価格が下がる→企業の利益率が下がるので更に人件費カットとなる→所得が減るので
更にモノが売れなくなる・・・これがデフレスパイラルという100年に一度くらいしか起きない経済現象が起こる
かつて世界恐慌の煽りでアメリカでは年10%のデフレ率を記録した、日本でも昭和恐慌で10%のデフレw
これをいち早く脱したのはドイツのアドルフ・ヒトラーと日本の高橋是清。当時のアメリカの新聞にデカデカと「日本が世界最速でデフレから
脱却した」と記事に載った。その記事を読んだフランクリン・ルーズベルトが「じゃあ考え方を改めよう」とやったのがニューディール政策だ
これしかデフレ脱却の方法はないしこれ以外でデフレ脱却に成功した国は人類史上存在しない

172:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:17:39 nAZ2ge/Z
>>170
それだって空売りされれば解らないよ?
誰も理論的に空売りを仕掛けられても大丈夫とは断定できないんだからね
GDP二倍超の公的債務残高なんて人類史上未曾有の経験なんだし


179:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:47:05 mlFXv+CK
>>170
>まずバブルが崩壊しないとデフレとか起きない。
いや全く同感なんだけど

潰れるものが潰れてないし失業するものが失業してないから長引いてるんでしょ
結局持続しない事業と付属する需要に生命維持装置が付けられて
それが吸収する税金エネルギーと負の外部効果で国民が苦しんでるというか
昭和の遺骸に束縛されているといったほうがいいかな。そんな理解

半世紀以上前のお話は結構なんですけど、
そのころは石油が新技術で、鉄道に変わる道路もまた当時最新の、
ゲインがある有望投資であって、政府が直接イノベーションを起こした意義
程度しか見るべきものがないのでは

一方で忌忌しい物を取り揃えた日独はそのサンクコストを回収するため
自殺事業に首っ丈になったんで結末がぜんぜん違うんだけど
それが同列に見える技術ってのもある意味注目すべきだな

で現代に戻ると企業部門のバブルが公部門のバブルに、
それもかなり大きくなって、未だにか新たにか存在してます
「インフレになるまではいいんだ」
じゃあインフレになったらどうするつもりなんでしょう
理詰めでシミュしてくと結局ハードランディングしかないんだけど


183:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:57:36 KO6E70tU
>>179
>潰れるものが潰れてないし失業するものが失業してないから長引いてるんでしょ

それはミクロ経済の話w かつて世界恐慌でデフレ率年10%時代のアメリカでフーヴァーがそうやって「ゾンビ企業が潰れればOK」
と緊縮して放置した事があるw 効率が悪い企業から潰れて良い企業が残れば景気は回復するってなw
結果失業者爆増してデフレが悪化w 都市部で失業者40%という地獄となったw
この経験をアメリカは骨身に染みてるからリーマンショックの時に即座に大規模な金融緩和と(ショボイが)財政出動やってんじゃねーかよw


191:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:20:16 mlFXv+CK
>>183
今やミクロだのマクロだのという分類は古くはないか

それと恐慌や流動性危機や負の資産効果はとっくに終わった話ではないか
小泉竹中がスクラップと延命のコンボでまあうまくいっただろ
だからいわゆるスパイラル的デフレを昨今の経済状況に当てはめるのは筋違いだと思うんだが

世界恐慌当時のアメリカのイノベーション真似できると本気で思ってます?
量的緩和とリフレだけでね
当時は人口だって増えてたから量的なインフラ投資も充分回収可能だった点にも言及しとこうか
当然今の日本は人口は増えないから質的に投資を選ぶ必要がある


196:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:27:41 KO6E70tU
>>191
小泉竹中で成功したってw それは実質GDPの話だろw
GDPデフレーターでは横ばいw せっかくアメリカの好景気で輸出産業が伸びたってのにほとんどデフレは改善されていないw
それに「とっくに終わった話」って何だw デフレを脱却したらデフレ対策の政策は止めるのが当然だってのw
インフレ期(年名目で3〜4%)の政策とデフレ期(名目マイナス成長)の政策では真逆なんだってのw そんだけ経済現象が違うんだからなw
戦後先進国でデフレやってんのは日本だけw 一番最近デフレ脱却に成功した例は半世紀前の日独米なんだから
この三国の政策を参考にするしかデフレ脱却の道はねーのw


199:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:43:24 mlFXv+CK
>>196
10%恐慌デフレとか或いはハイパーインフレみたいな非線形現象と違って、
1%程度のマイルドなインフレやデフレは、
政府が巨大なリスクを負ってまで修整する必要はないというだけのこと

それと個人的には日本が先進国とは思ってないな
少なくとも政府機能に関しては

あとリフレ派はマクロマスターなのに
なんでIS-LM分析は都合よくなかったことになるのかね
資金需要が上がっても金利上がらない説をどんだけ見たことか


174:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:24:49 KO6E70tU
>>172
>人類史上未曾有の経験なんだし

ねーよw フランスもイギリスもGDPの数倍の国債を発行した事あるわw
その時のイギリスとフランスの政策と高橋是清、ヒトラーの政策を分析して論文書いたのがノーベル経済学賞取った
レイナード・ケインズじゃねーかw


177:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:41:11 nAZ2ge/Z
>>174
租税負担率で調べた?あとレイナード・ケインズって誰?ジョン・メイナード・ケインズなら知ってるけどw
それと高橋是清やヒトラー政策を分析して一般理論を出したなんて話は初耳だね
ケインズはイギリス生まれだけど当事の畏イギリスとドイツの関係性を知ってれば
そんな馬鹿みたいな話は最初から信用する筈ないんだけどw


180:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:51:05 KO6E70tU
>>177
・・・・w ヒトラーはまあ悪役だからスルーされているが高橋是清はケインズよりも海外の評価は高いw
もっとも日本では「軍国主義にした張本人」とか左翼の連中が分かってもいないのに言ってるようだがなw
ケインズの論文は高橋やヒトラーの政策をまとめたものなのは有名だってのw 経済学ってのは仮説を実証するには
実際に政策を実行するしかねーんだからよw


182:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:57:28 nAZ2ge/Z
>>180
それはないねw
もし断言するならソース出してよ
ケインズは一般理論を著述するにあたり高橋是清とヒトラーを研究したってソース


184:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 22:58:45 KO6E70tU
>>182
一般理論は高橋是清ベースの論文だぞw アニマルスピリッツって何を参考にしてんだよw


185:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:05:21 nAZ2ge/Z
>>184
アニマル・スピリット概念が高橋是清を元祖にしてるだって????

そりゃ驚いちゃうってか笑っちゃうなw


189:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:13:18 KO6E70tU
>>185
w 海外ではケインズより高橋是清の方が評価が高いのw


186:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:05:53 f0uTLR62
失業と倒産を増やせばデフレが終わる(キリッ
トンデモ理論ですわなこんなの
まあ失業と倒産を人為的に増やして供給能力を叩き潰すことで
需給ギャップを埋めてやる事が出来れば不可能ではない・・・かな?
しかしそれってGDPの縮小を意味するんですよねえ

195:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:25:13 mlFXv+CK
>>186
実際、失業率が低いから企業収益が低いという指摘も出てる
収益が横並びで潰れそうになったのは税金注入ばかりしていては
淘汰を起こそうにも起きない


197:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:32:12 KO6E70tU
>>195
マクロ経済の話をしようかw まず失業者を増やし企業の生産効率を上げてじゃんじゃん生産してモノを作るとしますね?w
誰がその生産されたモノを買うのでしょうか?w 失業者はお金を持ってないので買いませんね?w
じゃあどうなるでしょうw 作ったモノを売らない事には企業は給与を払えませんから給与カットしてモノの値段を売れるまで下げますね?w
違いますか?w


200:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:45:26 nAZ2ge/Z
>>189
ああ〜そうw おれの認識だと海外で是清の名前を出しても「...Who?」で終わると思うけどw
で?まだソース出さないの?それとも出せないのかな?w

>>196
貨幣乗数を最後にグーンと伸ばしてたよ?

>>197
人件費が重く圧し掛かれば企業は利潤を高められないよね?
しかもデフレなんだから売上高の名目値が低まっていくから更に利潤は低下
そして雇用調整助成金という公金で維持させても
企業利潤が高まらない限り賃金は絶対に上昇しないよ
アメリカが短期間調整で回復可能なのはレイオフという制度で一時解雇を可能としてるから

201:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:55:15 mlFXv+CK
>>197
>誰がその生産されたモノを買うのでしょうか?w
A.普通に輸出する
>失業者はお金を持ってないので買いませんね?w
A.YES それがどうした
>作ったモノを売らない事には企業は給与を払えませんから給与カットしてモノの値段を売れるまで下げますね?w
賃下げは為替経由で起こる。今でも輸出企業は高給取り。為替経由で値下げ。
名目では下がらんだろ。いや外に出て行けないのは下がってもしょうがない。
今起こってる事かw

結局失業でもしなきゃ人間は行動を変えないんだよ
失業せずに転職できないだろ


202:名刺は切らしておりまして 2013/08/12(月) 23:58:53 KO6E70tU
>>199
>個人的には日本が先進国とは思ってないな

もうえんわw

>>200
>人件費が重く圧し掛かれば企業は利潤を高められないよね?
だから人件費カットして所得を全企業が減らし続けるからデフレスパイラルになるんでしょってのw
それでいて通貨価値は物価に相対して上がり続けているから内部留保という形で貯金してんだろ?w
ちなみに家庭と企業の預金残高は合計で1100兆円くらいあって過去最高レベルを絶賛更新中w
企業が蓄財とか正常な経済状態じゃねーってのw これが恐怖のデフレスパイラスw
こうなるとモノとか売れる訳がないからデフレが続き間違いなく日本は沈没するw
これは分かるな?w

213:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 02:18:19 JwquC0bb
>>202
内部留保って設備投資すると増えるって知ってた?


214:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 04:09:36 ZIGPvH2s
>>213←こいつ馬鹿かw 設備投資してるなら内需が増えてるわw


217:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 11:00:50 Up3sK5hY
>>214
減価償却って知ってる?


218:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 11:04:37 ZIGPvH2s
>>217
真性の馬鹿は何度言っても理解できんのな〜w
預金残高と書いてあるだろうがよw 家庭と企業の預金残高の話なのに減価償却ってw


221:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 11:42:34 C1ugh9IX
>>218
法人は全体では負債超過だから家計と合算する意味なくね?

2013年3月末(日銀調査統計局より)
民間非金融法人の資産 842兆円(内現金預金225兆円/証券202兆円)
民間非金融法人の負債 1135兆円


222:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 12:25:56 ZIGPvH2s
>>221
負債超過が何年も続くと上場廃止になるがw 大部分の中小企業は法人税も払えない状態だからなw
問題は預金があまりにも多すぎる。普通企業は設備投資してそれを担保にまた設備投資するものだが
内需が冷え込んで物価が下がり続けているデフレ下では通貨の価値が上がり続けるから現金を持ちたがる
だいたい今の日本で年1%のデフレだから借金したら年1%は利子とは別に負担が増える
逆に現金で持ってると年1%の利子が余計に付く事になる
これがデフレの一番恐いところでドンドン経済規模が縮小していってそれが何十年も続く事になる
かつてアメリカでは世界恐慌の時にGDPが半分まで落ち込んだ。その時の悲惨さをアメリカ人は懲りてるから
リーマンショックの時にすかさず大規模な金融緩和と財出と減税をやった
日本は昭和恐慌の教訓を忘れてしまってんなw


205:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 00:05:26 OJhhNYPM
消費税増税前の駆け込み特需とアベノミクスでで増税するなら今しかないはず
なのに予想異常に景気悪いんだな

206:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 00:16:54 7RTUd7p3
>>205
同感だわ。
増税するぞー、インフレ起こすぞーって
駆け込み消費煽ってもこの程度。
後ずれとはいえ住宅なんか実質マイナスで相当悪いよ。

設備投資も終わってるし
補正予算がなきゃたいして伸びてないだろこれ。


225:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 12:41:04 KTTogeZ7
>>222
ゾンビ状態の中小企業が多いっていうのもあるが、
JALやルネサスのように、いざ破たん処理をしてみたら大幅な債務超過
が露呈するっていうケースが結構あるから、隠れ負債抱えてたり実質債務
超過だって会社も多そうだ。
日銀統計は金融機関からのデータを元にしているので法人部門が債務超過
なのは間違い無いわけで。(預金と貸付金だけに限っても、金融機関が法人
から預かってる金より貸してる金のほうが多い)

>>221にある資産の内半分は流動資産じゃないし、「証券」だって親がいな
いと存続できない子会社の株(帳簿上は資産計上される)とかも当然混ざっ
てるだろうな。大企業は社内サービスやサポート部門等のコストセンター
を分社化する流れだし。

226:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 12:58:27 ZIGPvH2s
>>225
・・・・。 まず、一番大事なことは企業や家庭の会計と国の会計は別次元だから別々に考える必要がある
企業や家庭が1000円貯金する事は誠に結構な事だが、この1000円を使ってスーパーでスイカとコロッケを買うとする
するとその1000円は八百屋と惣菜屋が受け取り八百屋と惣菜屋はパートの給与に使う、パートはその1000円で帰りに
化粧品を買う、化粧品屋はそれを問屋に払い問屋は工場に払う・・・そして1年もすれば1000円札は日本中を駆け巡り20倍も30倍も働く
銀行に貯金した1000円札は1年経ってもホコリを被ったままだ
国は通貨発行権がある。札を見ると分かるが日本政府の子会社である日本銀行券となっている
政府の正しい行動はこの券を出来るだけ日本中を駆け巡るようにする事、一方民間は券を入手する必要があるで貯金したり
設備投資したりする。国と民間の会計はこのように同じ部分がないほど違う
だから国の会計を会社や家庭の帳簿に置き換えて考えるやり方は間違い。よくテレビや新聞でやってるけどなw


228:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 13:07:16 fC42nUQl
>>226

>>225 は企業の資産/負債について書いてると思うんだが
なんで国の会計の話なんてしてんの?

231:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 14:16:14 leikX+s5
>>226

そういう能書きは無税国家にしてから言うべきだな。

通貨発行権で行政サービスを賄えばいい、国民は最大の国の資産だからな。


239:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 16:42:16 lLM700Wn
>>218
おまえモノホンの基地外だなw
内部留保が設備投資する事で増大すること指摘してるのに預金残高って馬鹿かw
>>202
>それでいて通貨価値は物価に相対して上がり続けているから内部留保という形で貯金してんだろ?w
こんな恥ずかしい間抜けな解釈晒してるのによく恥ずかしくねーな?w
おれなら自殺レベルの恥

240:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:00:03 ZIGPvH2s
>>239
ドンマイドンマイw デフレって難しいからなw お前には無理だわw才能なさ過ぎw


242:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:08:15 lLM700Wn
超絶馬鹿wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww>>240


243:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:14:22 ZIGPvH2s
>>242
もはやお前の脳の限界をはるかに超えてるのw
自分には出来る事と出来ない事があることを理解しなさいねw
デフレとか知らんでも死ぬ事はないからねw ささw納骨堂に行ってお参りして寝なさいw


246:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:40:44 lLM700Wn
>>243
因みにおまえの>>214に反論しとくと
設備投資というのは毎年毎期必ず行われてるもので
生産設備のデカイ装置産業なんかだとその総額規模もデカイ
設備投資が行われると減価償却という形で資本の減耗分を帳簿上で会計処理する
生産設備の購入費用に応じて投資額の回収期間が決定されて
投資費用は売上高で回収されていき帳簿上で減価償却費相当のキャッシュが残り
そしてバランスシート上で固定資本減耗分が流動資産として計上される→これが内部留保の一部だwww

250:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:51:49 Z+pqpxgD
>>246

固定資産の流動化と自己金融効果のこと?


251:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 17:58:15 lLM700Wn
>>250
損金として費用処理されてC/Fでも当期純利益に足し戻されるだろ?


259:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 20:57:36 +ysEAbE5
法人税増税・消費税減税→人件費を増やす一因になります。
消費税増税・法人税減税→人件費を減らす一因になります。

263:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 22:24:16 V9220vg1
>>259
その理屈を論証してみな。


264:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 22:29:00 +4XrZ5go
>>263
自明だぞ


271:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 23:43:15 +ysEAbE5
>>263
法人税の場合は人件費が経費として控除されるので、法人税増税は企業が人件費を増やすインセンティブになります。
消費税は人件費が控除されず課税されるので、消費税増税は企業が人件費を減らすインセンティブになります。


273:名刺は切らしておりまして 2013/08/14(水) 00:32:38 0K1xHhjH
>>271
それは個人商店の親父レベルだよ。
税金を安くするために不要な支出を増やすような
経営者はそれほど多くない。


265:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 22:38:25 V9220vg1
>>264
論証してみろとID:+ysEAbE5にレスしたんだが仕方ない。
代わりにおまえが論証してみな。


267:名刺は切らしておりまして 2013/08/13(火) 22:43:59 +4XrZ5go
>>265
自明ってことは、>>259で論証は十分ってこと

それが理解できないなら、それはお前の知能レベルの問題だから、いくら説明されてもお前には理解できない

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。