上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/14(土) 12:15:40
近年の就職活動で避けては通れない壁の一つとして、「筆記試験」が挙げられる。
少し前のデータだが、2011年度の大学生協就職本ランキングでも、上位5冊が
全て筆記試験対策関連書籍であり、学生の関心の高さが見受けられる。

現在では筆記試験の種類・受験形態も非常に多様化している。

代表的な例を挙げれば、リクルートが提供している「SPIシリーズ」、日本エス
・エイチ・エル社の「玉手箱」や「CAB」・「GAB」、更に「内田クレペリン
テスト」や「TG−WEB」、「SOCA」など、テストの種類を挙げればきりが無い。

受験形態も、通常のペーパーテストから自宅で受験できるWeb形式、テストセンター
など様々だ。この他にも、企業によってはオリジナルのテストを作成したり、小論文を
書かせたりと、独自の取り組みも目立つ。

筆記試験の大半は、選考過程の中でも序盤、「面接に進む前」に実施されることが多い。
いわゆる受験者の「足きり」である。

どれだけ企業研究をしても、会社や仕事に対する熱い想いがあっても、筆記試験で
結果を出せなければ面接にすら進めない。

学生が必死で対策に取り組むことも当然である。

当然、大学のキャリアセンターでも筆記試験対策には力を入れている。

中には外部の予備校などの有名講師を招き、講義を実施する大学もある程だ。

しかし、ここ数年で学生の学力に大きな変化が感じられるという。

関西圏の大学を中心に、筆記試験講座を実施している講師に話を聞いてみた。

「顕著に感じるのは「学力の差が大きく開いている」ということですね。筆記試験の
科目では数学関連の問題が多いのですが、問題を解ける学生と解けない学生の差が
あまりにも大きい。極端な例だと、分数の通分ができなかったり、方程式の概念が
分からなかったりと、正直、小学生の算数レベルから指導する場合もある程ですよ」

また、ある大学関係者はこう語る。

「学生の学力低下は、何も学生本人だけの問題だとは言い切れません。ここ最近、
AO入試や推薦入試が大幅に増えたので、「受験勉強をせずに大学に入る学生」が
増加しているんです。一般入試でも、「受験さえすれば事実上合格にする」という
基準を設けている大学もあると聞きます。少子化の影響で学生の獲得争いは熾烈な
状況ですので、「大学への入学」は容易になりました。しかし、「きちんと企業から
内定をもらって卒業する」というハードルが徐々に高くなっているように感じます」

また、企業の人事担当者にも話を聞いた。(※続く)

◎http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130914/fnc13091412000009-n1.htm


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【就活】小学校の算数も危うい--「受験勉強フリー世代」の恐るべき実態 [09/14]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 80(361中) 】


2:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/14(土) 12:15:51
>>1の続き

「業種や職種にもよりますが、極論を言うと、「学力や筆記試験の結果が仕事の出来に
直結する」とは言えません。しかし、社会に出て仕事をする中では、「自分で物事を
考える力」や「現状を分析する能力」、「多少の困難でも諦めない継続性」が欠かせ
ません。これらのことは勉強を継続して行う中で培われる可能性が高い。あまりにも
筆記試験の点数が悪い学生であれば、「この子は困難なこと(この場合では勉強のこと)
があればすぐに投げ出してしまうのでは?自分で物事を考える力が乏しいのでは?」
という印象を抱いてしまいます」

就職活動で企業の人事担当が最も重きを置いて評価する点は「個々の人間性」である
ことは間違いないし、筆記試験の点数が良ければ内定を獲得できる訳でも無い。

しかし、勉強を継続して行う中でこそ身に付く能力や素養もある、ということを
忘れてはいけない。

43:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 13:09:47 I05nt4hm
>>2に「業種や職種にもよりますが、極論を言うと、『学力や筆記試験の結果が仕事の出来に
直結する』とは言えません]」とあるが、直結するものもあるというのが正しいだろ。

字や文章を書くのはどの業種でも必ずある。どの業種も基本は字の読み書きや
情報処理能力、簡単な計算は必要になる。社会科なんかは情報処理能力につながって
いるんだと思うわ。


5:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:17:27 GBrIvb8U
大学以前に、高校どうやって入ったんだろう?w

11:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:21:42 9thARA89
そんな学生を合格させた大学が悪い

12:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:21:47 Q69mEnsL
私立歯科大の定員割れ常連校の神●●歯大なんか
 漢字の書き取りが入学試験だぜ

 授業料は年間500万だから留年するたび大学が儲かる仕組み

15:記事の質低いな 2013/09/14(土) 12:23:20 Oy4V0Fww
金融系の30代seでも、知識として名称は知っていても

理解は犬猫未満なレベルが多いし

大変な事態になってるのは、事実だわな

148:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:38:23 tWB4NDxn
>>15
お前犬猫に何処まで理解してるか聞いてみたのか。
すげーな。
犬猫って4歳時位の知能しか無いだけではなく日本語喋れないのに意思の疎通が取れるのなw


24:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:34:39 XntuAQQd
家庭教師やってたとき、中1で「アイ イズ ア」を繰り返す少年がいた
一ヶ月持たずに家庭教師を辞めた

92:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 15:00:26 AsMs2qHO
>>24
同志社の付属出身のやつで
大学の語学の講義で
runをルンと読んだ奴はいた
教授から○○くんは
香里出身か?と聞かれてたという話


94:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 15:07:50 wBkdhj1g
>>92
国際出身か?のほうがおもろいな。


ちなみに文学部とみた。


25:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:36:35 r1B9BsV+
勉強できない・やりたくない奴のためにブルーカラーの仕事があるんだよ
そっちにいけばいい、それだけの話

28:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:39:27 Dfp1HQDe
入試問題がパズル化してて数学を勉強すれば解けるものではなく、類題とかたくさんやらないと解き方に気づけない現状がおかしい。

31:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:42:01 z1WfneAE
>>28
受験は暗記といわれるけど、出来るやつは教科書、チャートの例題なんて
暗記せずに解けるからな。俺も教科書、チャートの例題で解けない問題
なんてなかったわ


68:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 14:02:43 r8z758Fh
>>31
数学の暗記ってのは答えを覚えることじゃないぜ…

たとえば二次方程式の解と係数の関係を誰にも
教わらずに独力で導き出すようなのを「暗記じゃない」という。

解法丸暗記!ってのも暗記。


39:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 12:56:44 RoRvAHBB
実社会で分数に出会った事有るか?
しかし小数点の意味が割って居ない奴に会った事は有る例えば四捨五入
面積って何?と聞かれた事もある、仕事で使わなければ面積なんて
どうでもいい事かも知れないから考えるの止せとだけ言っておいた

64:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 13:59:54 UILiz32P
>>39
分数や方程式の概念すら理解してないような池沼には現代のホワイトカラーは無理
クライアントへの週次・月次報告資料、マーケティング分析、営業成績推移など
officeソフトで関数マクロ組んで管理するのが当たり前の時代に
分数なんか仕事で使うか?なんて疑問に思う時点でオワットル
分数すら分からんやつがどうやって管理業務のデータ分析やるんだよw


41:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 13:02:13 hdBWT7sg
今は縁故で押し付けられると、高卒大卒関係なく、
日本語不自由、足し算しかできない。
どうするんだっていう。

高卒優秀な人か、外国の意欲ある方雇った方がほんと戦力です。
上司がノイローゼでドンドン倒れてます。

42:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 13:06:57 lJQ/HsGX
>>41
上司が日本語不自由な例もある。
規制の強い護送船団の業界だと、
コネ入社組がはびこるから。


65:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 14:00:43 TR1N3wGU
ちかごろの高校生がどうしてこうも学力が低いのか悩んでおり、それをつきとめようとして多くの高校でいろいろ調べているが、
原因は三つあるようだ。
その一つはすでに中学生の時に学力が低く、そういう子供が大勢入っていることらしい。
富山県下の九校で各学年の担当教師が成績順位の低い生徒の調査を持ちよって検討したところ、
ほとんどが高校へ入学した時すでに成績がわるい者だった。
つまり高校教育をうけるのに必要な「基礎学力」が不足している生徒だ。

高校へ入学して間もなくどこの学校でもこの「基礎学力」の検査をする。たとえば新入生に「一万円の商品を二割まけてもらうと支払額はいくらか」
といった間題で試験をしても、正解者は五割しかいなかったという商業高校もある。
また北海道のある高校では国語の基礎学力の検査として、実用的な手紙を書かせたところ満足に書けたものは、ほとんどいなかった。
英語も同様で、やさしい英作文を出したところ正解者はわずか一割六分という始末。
つまり国語にしろ英語にしろ、字はよめても、書けなかったり、文章をまとめる力が不足しているのだ。

http://blog.livedoor.jp/kangaeru2001/archives/25739555.html
昭和33年(1958).2.5〔高校生の学力低下 基礎学力で既に劣る 学校や家庭側にも責任 朝日新聞引用〕
http://kangaeru.s59.xrea.com/33.htm#1958.2.5


立教大学文学部では来年度から英米文学科と社会学科の卒業論文を、購読あるいは演習に換えて単位がとれるようになる。
改正の理由は、(1)新制大学生の学力低下、(2)学生数の増加で卒論指導が不十分なこと、(3)
後期二年と就職期がかさなり、専門科目の勉学期間が少なくなったの3点。〜中略 〜

 なお、青山学院大英文学科が昭和28年度からこの卒論自由選択別を行っているが、
昨年度の卒業生360人中、卒論を書いたものは、わずか26人だけだった。
(以上は毎日新聞1・9の記事を「青少年非行・犯罪史資料」が要約したものを引用)
立大文学部長 管円吉氏「新制大学生の学力低下はいたし方ない。とくに語学力が昔にくらべて非常に劣るから、
原書を読破して卒論を書く力がない。
〜長いので略、後はリンク先で

昭和32年(1957).1.9〔学力低下——立大文学部卒論廃止 毎日新聞引用〕
http://kangaeru.s59.xrea.com/gakounai.htm#1957.1.9

90:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 14:54:23 b/rgIUys
たくさん数学を解けば
そのうちおとしてはいけない問題くらいは見たことあるで解けるようになる
難しい問題はさっさと捨てましょう

とくに確率と整数問題は危険!
はまらないように難しそうなら5分で捨てる!

115:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 17:12:12 olRYjYz+
>>90
半分賛同。

確率問題は入試として最適かと。部分点も色々出せるし。

でも、本当の問題は整数問題を出すのが困難になってきたことです。
整数問題に入試で挑むのには危険すぎる。捨て問題の典型例です。

私は整数問題の出題者 and 「その問題に手を出して答える自信が有る」
ε−δ論法を用いた証明が出来るのが最低条件、だと思っています。しかも大学教授がその証明を理解してくれるのか(ry)

なおかつその大学の教授とか採点陣がε−δ論法を理解しているか??か問題になっていたりする。
昨今に限った話ではないけれど。

現在ではこのような風潮が、、

1.そもそもε−δ論法の技法を教えるのは無駄、だということが日本に限らず世界中に伝わっている。
2.高校数学レベルを超えた数学を超えたレベルの問題の採点が出来ない、英語教師の問題と同じくして。


103:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 16:14:26 qTqkrt9H
全体が馬鹿になってるから問題なくね? 気にするな。 発注書、見積書や請求書のなんたるかがわかってれば良し。

104:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 16:25:45 giR+2l2P
うちの息子が塾で解いてる算数はへたな大学入試より難しかったりする

116:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 17:12:25 PU98LU0Y
Fランとはとてもいえない(一応偏差値50はある)私大に着任したんだが、研究室に配属された10人のM1でナブラを知っている奴が1人だったときには正直愕然としたわ。
みんな学部の席次はトップ30%に入る連中なんだが…

118:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 17:20:22 olRYjYz+
>>116
ナブラ、偏微分のことかよorz
ナブラ同士を内積計算をするとラプラシアン▽になる演算子のことでかよorz


133:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 18:16:25 2uE+HUMZ
昔はいい高校いい大学いい企業なんて言われていたけど
今は東大新卒者が入ると会社が傾くとかいって馬鹿にしてるだろ
何を目標にして頑張って行けばいいんだよ

140:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:05:51 2uE+HUMZ
平均的企業は優秀な学生を如何に給料与えずに仕事させるかを考え
平均的学校は退学しない程度の学生を如何に集めて卒業まで飼い殺すかを考え
平均的学生はそこそこの企業に如何に勉強せずに入るかを考え

社会全体が下向きなことばかり考えている

141:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:15:29 vl6jvp1k
うちの職場、情報系の大学出てるのにバイナリー読めないやついたよ

142:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:16:55 gag6UFBT
>>141
バイナリーコードなんか読めるのかよ?


146:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:30:49 cBz0wGG6
受験数学なんて解法パターンを何度もやって
覚えこむだけだから楽勝じゃんw

147:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:34:45 T+fyS2Sn
>>146
東大京大東工大の数学でも?


149:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:40:18 cBz0wGG6
>>147
YES
覚えるパターンが多いだけ。


151:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 19:44:09 T+fyS2Sn
>>149
覚えなくても合格するけど?


162:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:06:48 z1WfneAE
確かに受験数学レベルは暗記で対応できるが、暗記しなければいけない
ものが教科書、チャートレベルならきついよな。暗記したからといって、
一を聞いて、二しかわからない能力は普遍だからな。暗記しなくても、
一を聞いて十を知るやつに到底かなわないよ。

164:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:15:22 G/9VEuPW
>>1 さっぱり理解できないな。
微分や、分数の演算などは電卓で出来る程度のことだろ。
専門分野でさらに踏み込んだ学習をするために基礎知識として
理解が必要と言うならそりゃなんかできないといかんだろう

がしかし、他の専攻で計算結果が必要と言う程度なら
電卓で充分だろ。

166:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:19:27 3tRjfpro
文系理系問わず、高校レベルの知識はないとヤバい。
原発事故で上司に半減期の説明してて思った。

181:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:41:10 6JCmHzaM
減り方が一定なら小学校の算数の問題だろ?

184:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:46:16 OGMDA37e
>>181
等比級数は算数ではやらんはずだが。


188:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 21:00:17 6JCmHzaM
>>184
それでも計算できるでしょうに?
数学ではそれを変数を用いて定式化してるだけだよ
概念そのものが変わるわけじゃない


187:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 20:50:54 b/rgIUys
受験数学を暗記でやったやつは数列が一番楽しかったと思う
漸化式を覚えるだけでかなり解ける
難問になるとさすがにそれだけでは無理だが

204:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 22:09:51 uL1DsK9z
>>187
そもそも受験数学は数学じゃないから
それが出来たから俺は優秀(キリッ
みたいな勘違いした馬鹿が数学科で挫折する
狭い範囲の中で、無理矢理奇問出して難易度上げてるだけだからな
受験界で良問って言われても実際は...


192:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 21:05:20 vzPoFPs/
ラ・サール中学校受験の過去問だが、普通の社会人なら楽勝で解けるだろ

【算数】
川にそってA港、B港があり、AB間を船が往復しています。
ある日、川が増水したため、川の流れの速さが、普通の日の2倍になりました。
このため、AB間の上りに1時間12分、下りに40分かかりました。
次の問に答えなさい。
(1)普通の日の川の流れの速さと、静水での船の速さの比を求めなさい。
(2)普通の日、AB間の下りにかかる時間を求めなさい。

203:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 22:06:38 r8z758Fh
>>192
これ大事な条件が抜けてるよね「船の出力は一定で、また流速と抵抗力は正比例の関係にあるとする」。
社会人だとむしろこっちの方が重要だと思う。


196:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 21:39:09 JGM2mnxH
>>1
>「きちんと企業から内定をもらって卒業する」というハードル

これ、就職課の職員が言ったんだろうけど、これじゃ大学ってより専門学校だ。

職員からしてこれじゃ、「大学」と認定して補助金出すのも疑問だよなぁ。

206:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 22:26:58 z1WfneAE
アクチュアリーって大して高度な数学力必要ないだろ。
線形代数、確率統計、微積ぐらいの知識で十分。この辺りの
数学は高校の数学と難易度的に差がない。

207:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 22:35:51 j2xoAqYo
>>206
「アクチュアリーに必要な線形代数や微分積分の知識は大したこと無い」
だろ。どちらの分野も難しさは青天井だよ。


209:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 22:50:18 H5iomEDb
>>207
でもアクチュアリーって、最近高卒も受験できるようになったからなぁ。


211:名刺は切らしておりまして 2013/09/14(土) 23:02:44 z1WfneAE
電気ショックで算数嫌いを治せ

イギリスで行われたある実験で、被験者の脳に微弱な電気ショックを
与えたら暗算や記憶の能力に改善が見られたという。しかも、結構その効果
は持続するらしい。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2013/09/post-3037.php

217:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 05:32:49 hPjooIDM
玉が計50個入ってる箱から、十個ランダムに取り出したところ、結果は赤が5個、白が5個でした。
箱の中に赤と白の玉しか入っていないと仮定した場合、最初に入っていたのが赤25個、白25であった確率を求めなさい。

228:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 10:29:32 P4uigpX7
袋のなかを推定とか見たことない問題だな
捨て問直行

233:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 10:53:43 akFNaahq
条件付き確率の有名な論争w モンティ・ホール問題

「プレイヤーの前に3つのドアがあって、1つのドアの後ろには景品の新車が、2つのドアの後ろにはヤギ(はずれを意味する)がいる。
 プレイヤーは新車のドアを当てると新車がもらえる。
 プレイヤーが1つのドアを選択した後、モンティが残りのドアの内ヤギがいるドアを開けてヤギを見せる。
 ここでプレイヤーは最初に選んだドアを、残っている開けられていないドアに変更しても良いと言われる。プレイヤーはドアを変更すべきだろうか?」

1990年9月9日発行、ニュース雑誌Paradeにて、マリリン・ボス・サヴァントが連載するコラム欄「マリリンにおまかせ」において
上記の読者投稿による質問に「正解は『ドアを変更する』である。なぜなら、ドアを変更した場合には景品を当てる確率が2倍になるからだ」
と回答したところ、読者から「彼女の解答は間違っている」との約1万通の投書が殺到したことにより、この問題が知られるようになった。

投書には1000人近い博士号保持者からのものも含まれており「ドアを変えても確率は五分五分(2分の1)であり、3分の2に非ず」と主張。
同年12月2日、サヴァントは数通の反論の手紙を紹介した。

ジョージ・メイソン大学 ロバート・サッチス博士
「プロの数学者として、一般大衆の数学的知識の低さに憂慮する。自らの間違いを認める事で現状が改善されます」

フロリダ大学 スコット・スミス博士
「君は明らかなヘマをした(中略)世界最高の知能指数保有者自らが数学的無知をこれ以上世間に広める愚行を直ちに止め、恥を知るように!」

236:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 11:07:32 2EQ5xM5h
8/37+28/222= の問題が出た。

ウンザリして断念したことならある

242:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 12:08:42 Ue+qzH9x
東大出と言ってる奴でも、時折、数学理科で小学生かと思うほど、
無知な奴が居たけど、あれは大学合格以降健忘症になってるのかね?

253:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 13:13:36 QuchNL3S
こういう筆記試験は大都市の一貫校出身に有利で、田舎の公立中高出身の叩き上げには不利
試験内容が中学入試と似てるからね

256:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:07:56 p/lFE2OC
>>253
それは言えてる。
学歴フィルターかつ育ちのいい人材を選ぶのに便利だな。


259:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:20:49 7e/yCFbm
>>256
一貫校で成績が優秀でなければ、実践ではほとんど役に立たない。
逆に一貫校で上位の成績をキープできていれば、ものすごく役に
立つ人材という場合もある訳だけどな。大抵は東大、京大に出て行って
しまう。


262:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:26:12 F428/5E7
>>259
つまり履歴書で学歴で弾いて、
かつ筆記テストで弾けば、高学歴かつ家庭環境のいい子が採れるわけですな。


265:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:31:48 7e/yCFbm
>>262
> かつ筆記テストで弾けば、高学歴かつ家庭環境のいい子が採れるわけですな。
いや、東大、京大を集めるだけで、十分条件を満たす。
東大生の親の収入は、KOよりはるかに高い。
でもって、学力は言わずもがな。

だが、それで本当にプラスになるかどうかは、業態によりけりだな。
底辺層を取った方がよい事業もあるしな。

高学歴&家庭環境が良い

というタイプは、どちらかというと公務員向きだよ。

君がどういう立場にいるのかよく分からんが、企業経営には
詳しくなさそうだね。


257:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:10:06 BK/OsoVR
ところで、>>1があぼーんされてるのはなんで?

258:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 14:17:55 7e/yCFbm
>>1
> 「顕著に感じるのは「学力の差が大きく開いている」ということですね。筆記試験の
> 科目では数学関連の問題が多いのですが、問題を解ける学生と解けない学生の差が
> あまりにも大きい。極端な例だと、分数の通分ができなかったり、方程式の概念が
> 分からなかったりと、正直、小学生の算数レベルから指導する場合もある程ですよ」

こういう人がLINEなんてやって喜んでいるのかw

272:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 15:11:29 fXGaKYap
製品aを一個作るのに部品xが一個、製品bを一個つくるのに部品yが二個必要です。部品単位あたりの材料費はx=50,y=100です。
一個当たりの製造時間は、部品xは
1時間、部品yは1.5時間、製品aは五時間です。製造作業は合計160時間の作業が可能です。なお、時間単位あたり100の費用が発生します。
製品aの売価は2000、部品も個別に売ることができ、x=300,y=600で売ることができます。
尚、製品aは一個うれるごとに需給バランスが変化することで売価が2000円から50円ずつ下がりますが、部品の売価は変動しません。

上記の場合において、最大利益をえるためには何を何個うればよいでしょう

277:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 15:33:14 CvoQitkc
>>272
解答:
>部品単位あたりの材料費はx=50,y=100です。
>部品も個別に売ることができ、x=300,y=600で売ることができます。
>部品の売価は変動しません。
のことから、

製品aを製造せずに、部品を転売して永久に儲け続けること。現実的には有り得ない話だけど。
解終了(Q.E.D)。

本当にSPIで出題されたのかが知りたいけれど。


279:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 15:40:14 8dIGJf7J
>>277
部品を転売って、部品も製造する必要があるんじゃないの?


283:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 16:20:14 CvoQitkc
>>279
>部品も製造する必要があるんじゃないの?
おっしゃるとおりです。
しかも答えはまだ間違えています。

>部品の生産時間単位あたり100の費用が発生します。

部品 a と b のコストパフォーマンスは同じ、なおかつ時間が偶数だから、部品a と部品b のどちらかに集中するのが正解。
とにかく、160 時間で売り切ることが前提だから、

a = 160-2x かつ b = 2x (xは整数)
という
a だけ生産するなら 160 個
b だけ生産するなら 80 個
a と b を両方生産するなら 79 通りの方法が有る。
いずれにしても 製品a を作っている暇など無い。


295:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 20:20:03 aslW2A23
>>1

数学は、高校程度が必須だろ。

Excelの普及で、劇的に高度な数学を使う機会が増えてる。

少し高度な関数やVBAを使おうとすると、数学の知識が絶対に必須になる。

300:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 21:20:29 diEbBcKq
>>295
高度な数学?
ってエクセルでどうやるの?
高度な関数って、具体的には?


304:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 21:55:02 aslW2A23
>>300
統計関数や財務関数があるだろ。
他にも、中級以上のVLOOKUP関数とかは、行列の考え方をマネてるだろ。
VBAは、行列以上の数学がわからないと、理解できない。


305:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 21:57:17 akFNaahq
>>304
>他にも、中級以上のVLOOKUP関数とかは、行列の考え方をマネてるだろ。
>VBAは、行列以上の数学がわからないと、理解できない。

これは無いw 縦横の表形式はすべて行列(線形代数)って言ってしまうタイプですか?


308:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 21:59:27 aslW2A23
>>305

高校の行列


315:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:10:16 aslW2A23
地方の私立大学では、実質倍率1倍の大学なんてザラにある。

東京の一流私大文系や国立大の一部でも、数学を入試科目にしてない大学があるんだよ。

昔と違って、今は少数科目入試が多数派。
時代が変わったんだよ。

319:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:15:28 P4uigpX7
分数関数とか極限とか行列とか
文系は知らずに一生終えることだらけだ

331:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:40:14 gNLH3ZoM
受験科目を減らすほど1科目、1点の重みが大きくなると思うけどな
数学がないからって周りは国語、英語、地歴(大半が地理不可だけど)が得意な受験生ばっかりだし

>>319
極限は数Ⅲだけでなく数Ⅱで微分の導入部分にも出てこなかったか?
文系でも数Ⅱの教科書は終わらすはずだし


321:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:20:06 CICus7Os
理系文系って区分が無意味。

330:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:37:26 P4uigpX7
>>321
入試で問われない捨て科目が理科か社会かってのと
数3数Cやってるかってのとで
なんだかんだで二分されるのが今の世の中じゃん


333:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:47:21 Mmkec60q
>>330
高校の段階で理系文系なんて決められないから、
数Ⅲも物理も化学も世界史も勉強したよ。


338:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:53:40 P4uigpX7
>>333
偉い

とにかく東京いきたい
数学ができない
理科は物理ができないと医学部以外の理系は入ってから厳しい(と聞いていた)
関東の医学部は学費か難易度か少なくともどっちかは高い

こう考えると文理選択に悩む必要がなかったw


336:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:51:43 Mmkec60q
>>330
入試科目がどうこうとかそんな次元の
低い話ではないと思うんだが。


340:名刺は切らしておりまして 2013/09/15(日) 22:55:52 P4uigpX7
>>336
ここは俗世間、ビジネスプラス板
高尚なアカデミック界だけでなくもっと現実の世の中をみよう


>>1にあるのはもはや文理関係ないレベルって言うのには同意するけど


344:名刺は切らしておりまして 2013/09/16(月) 01:07:28 WG2M8rbY
大学行くべき学力でない人間が大量に大学に行き、学費がかかるから少子化を助長し、歳を取るから晩婚化が進んで悪循環まっしぐら。
高校出て早く手に職身につけて早く結婚して元気な赤ちゃん産んでくれ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。