上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/28(土) 08:20:24
日米半導体製造装置大手の東京エレクトロンがApplied Materialsが経営統合するということ
ですが、実態を見ればApplied Materials社が東京エレクトロンを買収したような形だそうで、
かつて4年近く中央官庁で半導体業界の産業政策を担当していたものとして忸怩たる思いを
感じております。

『東京エレクトロンとApplied Materialsが経営統合』
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/24/news124.html

『世界3位の東京エレクトロン、約9,000億円で買収 その裏側とは』
http://newsphere.jp/business/20130925-1/

つい4半世紀前の1989年には半導体業界も半導体製造装置業界も日本勢が昇り竜でトップ10の
過半を占めていたわけですが、現在では半導体業界では東芝と辛うじてルネサスがトップ10に
入るか入らないかという位置をキープするに留まり、半導体製造装置業界でも東京エレクトロンや
DNPや日立ハイテクが粘っているものの長期低落傾向は否めず、特にニコンの失速が相変わらず
著しい様子です。一方でアメリカが復権して、勃興してきたのがオランダの勢力で、ASMLや
ASMIといった企業が躍進といったところでしょうか。

今回の買収の結末も「アメリカの会社が日本の会社を買収し、新たな拠点をオランダに置く」
といったところで、この20年間続いてきた「日米欧半導体戦争」は日本の敗戦で勝負あった、
という印象を感じざるを得ないところです。半導体産業の発展というのは軍事技術の進化に
直結するので主要国はみな政府と企業が協力してジャブジャブお金をつぎ込んで研究拠点を
整備しつつ政府や業界団体がロビー活動や標準化活動を推進して産業エコシステムを構築しよう
とするのですが、私が半導体業界を担当していた3〜4年前には既に米欧に比べて日本では
しょっぱい設備しか用意できず、担当としても「もう日本では半導体・半導体装置の最先端
研究は不可能になっている」と言わざるを得ない状況になっていました。

ヨーロッパではベルギーのIMEC、アメリカではALBANYという国際研究拠点があり各国企業
から何百億単位でお金を集めて研究施設を運営しているのですが、日本は2000年代後半に純血
・ガラパゴス思想の産業政策をとってしまい、結果的にこれが失敗した形です。ちなみに2000
年代の前半にはつくばに各国企業を終結させた研究体を作りかけたのですが、残念ながらそれに
理解を示さなかった政治家・経産省の幹部がサムソンやintelやIBMといった企業を研究体から
事実上追放してしまい、それが響いた形です。純血路線は本当に大失敗で、結果として競争力
のある企業の研究拠点がどんどん海外に流出して、負け組が日本に集結するという構図が出来
上がってしまいました。2010年ごろに各国企業に頭を下げてなんとか呼び戻そうとしたのですが、
時すでに遅しだった感はありましたね。(※続く)

◎usami-noriya.com/?p=1911

◎関連スレ
【電機】新会社の時価総額は2.8兆円--東京エレクトロンと米アプライドマテリアルズが経営統合 [09/24]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1380022378/


スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【考察】東京エレクトロン経営統合 : 「日米欧半導体戦争の敗戦」って感じ--うさみのりや(元経産官僚) [09/28]

【関連リンク】



▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 80(246中) 】


2:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/28(土) 08:20:36
>>1の続き

振り返るに日本の半導体業界は1970年代に勃興し、伝説の超LSI技術研究組合とともに1980年代
に大ブレイクをはたして世界を制覇して、米国勢を駆逐して短い栄華を極めました。その要因は
「主要な川下メーカーと川上メーカーが国家研究開発プロジェクトを中心に集結して、お互いの
ニーズや制約を擦り合わせて新たな装置を開発する仕組み」にあったのですが、当時こういった
研究はアメリカでは独占禁止法に引っかかるとして事実上禁じられていました。それに気付いた
アメリカは日米半導体交渉の場で日本のこういった研究方式を厳しく非難して国家プロジェクト
の禁止を求める一方で、自分の国では「sematech」という業界団体を構築してより洗練された
形で日本の研究方式を取り入れました。壮絶な二枚舌っぷりだったのですが交渉力で劣る日本は
それで押し切られてしまいました。当時冷戦が終結してアメリカにとって日本の地政学的価値が
落ちていましたので好き勝手にやられてしまった形ですね。

こうして日本政府はしばらく動きが取れなくなった中で、前述のとおりヨーロッパとアメリカ
では国際研究拠点が整備されるていくわけです。ま、その後90年代に入って国際的な制約が
なくなった後も、前述のとおり日本はガラパゴって自滅の道を歩んでしまうのですがね。。。

こんな過去の話をしてもしょうがないのですが、半導体行政を担当しているとき思ったのは、
他の国は半導体技術を国家戦略上絶対失ってはいけない技術として位置づけて、産官学が密接に
連携する仕組みがあるのに対して、日本の産業政策は目標も明確でなく場当たり的であったが
故にここに至ってしまったということでした。とはいえ25年前にはアメリカの半導体産業も
死にかけの状態だったわけで、そこから産官学一体となって通商交渉も産業政策も標準化政策も
特許政策も駆使して、そしてもちろんintelやIBMを中心とした民間企業の創意工夫もあって
ここまで巻き返したわけです。

そこで思い当たるのがルネサスなわけですが、この会社を失ってしまうとSuper-Hの発展という
日本の独自コンピューターアーキテクチャ開発の道が事実上断たれてしまいます。だからと
いって無条件で救えなどというつもりは微塵もないのですが、このままじゃジリ貧なので、
潰すなら潰すで、それが今後日本の国家戦略上どのような影響を及ぼすかそろそろ真剣に検討
しなきゃいけないんじゃないかと思うわけです。自衛隊を国防軍化して、独自戦闘機を持つとか、
宇宙進出を加速化するとかそういった構想をもし日本がもつならやっぱり組み込み用マイコンは
不可欠ですからね。逆に中国なんかにその技術が漏れたら速攻大陸間弾道ミサイルを開発すると
思われるので大変です。ちなみにかの有名な衛星「はやぶさ」のcpuはルネサス製(当時日立)
のsh-3です。

◎ご参考:http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MBD2L51A1I4H01.html

んなわけで何が言いたいかわからなくなってきましたが、自分の短い半導体行政の経験を
振り返るに「日本は国家戦略なき産業政策をつづけて、半導体という国家基幹技術の分野で
米欧に敗れてしまった。」ってことと、そろそろ半導体と軍事や宇宙分野の関係に目を当てて、
国防から通商から産業政策まで一貫した政策をとらなきゃボロボロと近隣諸国に軍事技術が
漏れてしまいますよ、という話でした。

3:ライトスタッフ◎φ ★ 2013/09/28(土) 08:21:34
あれ、ソースがちゃんと貼れてなかった

◎http://usami-noriya.com/?p=1911

4:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 08:22:55 yrB8BT6T
憲法改正一つできないもんね。

6:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 08:34:30 j/BcRKlt
政財官が知財を惜し気もなく注ぎ込んで、やれ付加価値だのイノベショーンだのを夢見たところで
そんな一発逆転のような計画が上手くいくはずもなく
現実には大した成果が上がらないことが失われた20年で証明されている。
日本中のエリートが必死に頑張ってみたところで最近ではとうとう大企業が数千億の赤字決算を出すまでの惨状になってしまった。
働いて赤字を生産するなどまさに狂気の沙汰であり、エリートも日本も実は禁治産者なのではないかとの疑念を抱かざるを得ない。

あたかも日本人だけが特別で頑張れば何とかなるかの如き選民思想に陶酔してモガいてみたところで
それは独りよがりな驕りにすぎなかったことを思い知ったであろう。
世界中の全員が同じように頑張れば勝者不在となって共倒れするし
それ以前にコスト優位性やブランド化のどちらも望めない中途半端な日本に勝算は皆無である。
新興国と同レベルまで一度衰退して低コストを実現するか、グローバリズムの影響を受けないよう鎖国するか・・・
この2択以外の選択肢は初めからあり得ないのである。

公的資金を特定企業に注入し精神論を煽って日本をミスリードした自民、民主、著名アナリストなどは
まさにA級戦犯であると言っても過言ではなく厳しく断罪されるべきである。

21:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 09:30:31 3X0pl7uK
>>6
>政財官が知財を惜し気もなく注ぎ込んで、やれ付加価値だの
>イノベショーンだのを夢見たところで、そんな一発逆転のような計画が上手くいくはずもなく

全然間違っている! 国家資本主義の方が、新自由主義よりも上手く行くんだよ。

中韓は、国家資本主義の官民協調体制によって、ココ20年の経済的な大躍進がある。

>現実には大した成果が上がらない事が失われた20年で証明されている。

逆だ!
アメリカからのガイアツ(特に日米半導体協定)で
官民協調の産業政策が実行出来なくなったから、失われた20年になったし、
デフレになったし、日本のITやエレクトロニクス産業の国際競争力が低下したのだ。

アメリカは、自国の競争力を維持する為に日本に産業政策を辞めさせたのだ。
その結果が、失われた20年であり、そのトドメが、3年3ヶ月の民主党政権の超円高デフレであった。


25:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 09:35:49 4TaLToUu
>>21
ならなんで90年代に入ってアメリカが強くなって足かせなくなっても
盛り返せなかったんだ?
そうやって何でもすべて人のせいにしてたらどうにもならん。


28:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 09:44:52 hObmHM44
>>21
中韓は最近不調だバカw
それと奴ら政府より日本企業が今の中韓を作り上げたてきたんだぞ。


36:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 10:17:33 fNHpX0W+
>>21
国家資本主義というかトップダウン方式はトップが腐ってたら全体が腐る
自由資本主義というかボトムアップ方式は一部が腐っても他がカバーする

どっちがいいとか、いちがいにはいえん


7:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 08:35:30 yo1C7YeF
 >つい4半世紀前の1989年には半導体業界も半導体製造装置業界も日本勢が昇り竜でトップ10の
 >過半を占めていたわけですが

このころアメリカから文句を言われた竹下政権が全面譲歩をして、日本の半導体産業に
自ら足枷をはめてシェアを減らす体制を作ってしまった。
結局、このときの政府の馬鹿な政策が現在にいたる日本の半導体産業の凋落を招いたんだよ。
マスゴミはどこも報道しないけど、調べれば誰にでもわかる事実だ。
竹下登、カネ丸信、小沢一郎。
この連中が日本の政治を牛耳っていた時代に、日本は経済の基盤をボロボロにされたんだよ。

64:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 14:15:10 clNFdt6x
>>7
冷戦末期の米国にとって、半導体分野を日本に牛耳られ競争力を失うことは、
安全保障上の脅威と判断した。つまりパックス・アメリカーナを維持する為に
日本の半導体産業を叩いたのだ。

ミサイルなどのハイテク兵器の製造に日本の半導体部品を使うと言う事は、
いざと言う時の安定供給確保の点で問題が有ると言うのが、その理屈だった。

当時の通産省の黒田眞審議官が、ワシントンでの日米半導体交渉で
ガンガン徹底的に抵抗して“タフ・ネゴシエーター”の異名を取っていたぐらいだった。

だが、当時自民党の最大派閥であった竹下派は、通産省の親米派だった棚橋祐治
機情局次長や内藤正久機情局総務課長と手を組み、更にアメリカの意向を受けて
日米半導体協定を理由に各メーカーに米国製半導体の輸入拡大と半導体の製造
技術を韓国に供与する様に行政指導してしまう。

このアメリカのガイアツを受けた竹下派と棚橋-内藤コンビの意向で、サムスン電子は、
半導体事業の立ち上げに成功し、後の巨大化に結び付いてしまう。アメリカのガイアツに
乗じて竹下派と棚橋-内藤コンビが、サムスン電子の巨大化を手伝った様なモノなのだ。

さらにこの棚橋-内藤コンビは、その後もアメリカの意向を汲んで日本版OS・トロン
(トロンプロジェクトを参照)を孫正義らと共謀してお蔵入りさせた実績もある。

内藤正久氏は、棚橋氏の子息の泰文氏退官時に箔付け人事を図った、と言う事で次官直前に解任された。
いわゆる“通産省四人組事件”である。この様に棚橋-内藤コンビは、省内を強引に壟断し反発を買っていた。

棚橋祐治氏は、次官に上り詰め、息子の棚橋泰文氏は、衆議院議員(現無派閥)に無事当選した。
旧竹下派に所属し、しかも日韓議員連盟に所属する自民党の構造改革派とされている。

やはり棚橋ジュニアも新自由主義・構造改革派であり、アメポチであり、親韓国派だ。
棚橋親子と内藤は、親米や親韓国を口実にする、ご立派な売国奴(BKD)である。


65:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 14:20:25 clNFdt6x
>>64の続き 【日米貿易摩擦を大きく略して書く】

日米繊維交渉で米国に「売りすぎだ繊維の輸出を停止しろ。沖縄を返さない。」と、恫喝され。工場を潰した。
日米半導体交渉では日本の輸入半導体の二割を米国製にしろ、と強要。更にサムスン電子にも半導体技術を供与。
日米電気通信交渉では「米国の携帯を買え」と恫喝されてモトローラの携帯を買って国内流通させずに全部破棄した。
日米構造協議ではNTT分割を命じられNTT統合研究所が解散。ウインドウズの敵に指定された国産OSトロンの開発中断。
日米自動車協議では「車を売りすぎだ。」と恫喝され米国に自動車工場を建てて雇用を約束させられた。
ガット・ウルグアイラウンドでは年間100万トンの日本に必要の無い外国米を買わせられた。
(コメあまりの日本では消費しきれず、数値目標の為に破棄前提のゴミ米を輸入して毒カビ米流通事件を引き起こす)
年次改革要望書は商法・民法改正、郵政民営化、その他、沢山ありすぎて割愛。


132:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 03:55:43 orQli/Kd
>>64
半導体協定で20%の数値目標を入れたのは黒田だろ。
ニューヨーク市立大学の霍見芳浩もどこかで書いてたぞ。慎太郎が「NOと言える日本」で
黒田をタフ・ネゴシエーターと称賛していることを批判して。本人も自分の責任を認めて
いたんじゃなかったか?


68:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 14:33:46 4TaLToUu
>>65
しかし今だに日本はアメリカから巨額の貿易黒字上げ続けているんだが。
アメリカで売る車の日本車のシェアはアメリカ車上回ってるし。
アメリカで売る車のかなりの部分が現地生産と言う人もいるが、巨額
の貿易黒字のかなりの部分が部品含む自動車関連。
あれだけ現地生産してもそれだけ売上利益があるということは、いかに日本が
アメリカの自動車市場で利益あげてるかという事。
それに比べたら半導体なんてゴミだな。


8:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 08:40:43 pRAtw0a+
2000年に入る頃には各社傾いてたんだから、経産省主導で強力に合併を促すべきだったね
単にくっつけるんじゃなくて切り離させないと駄目だった
大手電機の子会社のままでは経営者不在、そして今に至る

17:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 09:16:06 9vA75qzX
>>8
つうより「日本」に拘り過ぎ。
今の半導体業界は、そんなチンケな思想では勝てない。


79:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 17:16:47 O5XpnBbj
>>17
逆だな。もっと日本にこだわって国益追求、純血路線で強硬に
アメリカに接してれば譲歩する必要もなかった。
「閉鎖的だ国際化しよう!日米友好」みたいな奴が没落のきっかけ作った。

それ以前からグローバル化だ、国際的な提携だ、みたいなお題目でサムスンや中国企業と
クロスライセンスや技術供与やくやりまくって技術や人材や生産手法も大量流出して十年後二十年後に反映されてきた。
あんなに積極的にやってなかったら、こんなに急激に追い込まれなかった。

この前も内部情報が大っぴらに中国に流出してただろ?
ばれてないの含めたらじわじわと今後も効いてくる。


88:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 17:32:35 S+h0LlJx
>>79
輸出の主力の自動車とかあるから仕方ない。
アメリカとの貿易交渉は大抵これが武器にされる。


10:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 08:47:38 MX92AggE
ものづくりはオワコンビジネス

117:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 23:33:14 zEKfucTF
>>10

この会社も、最初に思い付くのは派遣。

日本の製造業って、派遣ばかりで熟練工が育たない状況なのでは?


120:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 23:39:29 yYJ9KmCI
>>117
派遣社員を使うことにより、人件費お下げ簡単に利益を出せる事を知ってしまったからな。
しかしそれは短期的なものでしかないことは明らかだろう。
しかし、今の上層部は長期的視点なんて何も考えていないのは明らか。
誰かが天罰を与えなきゃジリ貧だろうな。


135:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 08:28:23 AVzejNJq
>>117
工場に熟練工なんか必要ない。
実際に、必要なのはロボットのように同じ動作を繰り替える単純労働者。
電機メーカーの場合、伝統的に、繊維産業の延長で若い未婚の娘さんが製造現場の主力。


121:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 23:42:57 2ANY20in
>>120
それはむしろ逆で、ただでさえ国際競争が激化してる上に、
国内には君みたいにそうやって叩く馬鹿が多いから企業はとっとと国外に脱出する。

その結果起こることと言えば、低賃金の派遣さんは無給の無職さんに転落する


26:私も発明家! 2013/09/28(土) 09:38:30 ZHvTW9l1
アメリカは、日本を潰しても駄目だと気がついたんだよ、(やっと)
そのぶん韓国や中国や東南アジアの国々が入り込んでくるだけだって!
どうして行けば良いか、という一つの方向性だな! 悪い意味では無いと思うがな!

35:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 10:08:46 3X0pl7uK
>>28
日本が、アベノミクスで反撃し始めたからだ。

特に民主党時代の超円高デフレ放置政策を180度逆転させた安倍政権の成果だ!

ある意味、日本が中韓が20年間行って来た国家資本主義を再度採用し始めたと言える。

>>25-26
ものづくりに関しては、アメリカは、全然復活していない。
むしろ産業空洞化に関しては、酷くなる一方で、
アメりカお得意の軍需産業(航空宇宙産業)ですらヤバイ状態。

林檎のiphoneやipod、ipadですら、製造に関しては、特亜のEMSに丸投げ。

それとリーマンショックやイラク戦争、アフガン戦争の敗北であめりカの力が弱くなっている。
さらに共和党内部でネオコン派が凋落し、孤立主義のティーパーティー運動が台頭している。

そんな状態なので、同盟国もアメリカの言う事を聞かないし、聞いてもメリット無い状態。
日本は、自主防衛(核武装や公安防諜法規の整備)を進めれば良いだけ。
日米安保よりも日印安保の方が、日本の役に立つ可能性大。 シナを挟み撃ちに出来るからね。

イプシロン・ロケット(ICBMに転用可能)も完成したし、
プルトニウムは青森に捨てるほどあるし、核実験場は、インドが貸すとまで行ってくれている。

47:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 11:19:15 F8NeRewt
日本人が会長でトップの責任者なのに買収された?
さすが出世街道を外れた負け犬の観点は違いますな

49:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 11:49:02 p9KLe8H/
>>47
その日本人は本当に生粋の日本人なのか?
オランダと韓国はとても密接だぞ。
韓国映画ロケ地に何度も使ったりして、やたら絡んでる。
BoAのアメリカで撮影したダンス映画は、数年前に完成し当初のアメリカで上映することが出来ず、
なぜか今年オランダが初上映となった。
この映画の最大スポンサーはサムスンだったはず。
TBSといえば、言わずと知れた親韓TV局で、その周りの赤坂は今や大人のコリアンタウン。


50:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 12:01:56 F8NeRewt
>>49
話の要点をまとめてから書き込めよw
まるで反日韓国人みたいに不自由な日本語なものだから
レスするのを戸惑うほどだ。
intelで最初のCPUを発明したのは日本人だけど
先ごろ東京大が量子コンピュータでも画期的な発明をしたのは
記憶に新しい。
アップルがなぜこれだけ巨利を得られた理由と同じことが
アベノミクスで日本企業におき始めている。
韓国台湾は下請けとして今後も重用されるかな、たぶん。
日本と東南アジアのパートナーシップを安倍が進めてるから
どうなるかは保障できないw


51:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 12:13:15 p9KLe8H/
>>50
ソニーの失敗を繰り返すことはないのか?
ソニーの画像技術のサムスンへの流出が、日本製TV業界の凋落を招いた。
ソニーは当初、サムスンを下請けぐらいの感覚だったはず。
今や下請けどころか、ソニーより儲けてる大企業。

アメリカの会社と提携だと思ったら、全部サムスンへ人や技術情報が流れて、サムスン大躍進とかないか?
赤坂TBSの入ってるビルに東エレが入ってるから、なんか胸騒ぎがする。


71:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 15:12:08 9vA75qzX
>>51

つうよりAlbanyとかでIBMコンソーシアムで先端半導体の開発を主導してるのは
サムスンとGFになっちゃってる。日本企業なんて蚊帳の外・・・・。

「情報が流れる」とか10年前の発想だよ・・・。


54:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 13:01:18 kzbZa0Zv
なんでつくばにばかり作ろうとするんだろう。
半導体の研究開発施設なら東北大学近くに作ればよかったのに。

58:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 13:30:17 W9r/slOd
>>51
東京エレクトロンは元々TBSの金で設立された会社で創業以来ずっとTBSが筆頭株主

>>54
日本の半導体企業の研究拠点が関東に集中しているから東北だと転勤やら何やらで社員が嫌がるし、
メーカーとの連携の点でも関東が有利。
東北には大学以外は現状老朽化した各社の製造工場しかないし、東北大以外はろくな大学が無くて
人材確保も厳しいので企業も積極的に移管する気はない。
宮城がプラズマエッチング主力の東エレ社員は東北大でやってくれた方がありがたいだろうけど。

70:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 14:38:39 clNFdt6x
>>68
半導体の保護育成は、安全保障に関係している。

日米半導体交渉&協定もアメリカの安全保障を理由に
アメリカの半導体産業を保護する為に行われた。

市場規模とか利益とか、そういう問題ではなく安保・防衛産業の問題なの!

>>64
>冷戦末期の米国にとって、半導体分野を日本に牛耳られ競争力を失うことは、
>安全保障上の脅威と判断した。つまりパックス・アメリカーナを維持する為に
>日本の半導体産業を叩いたのだ。

>ミサイルなどのハイテク兵器の製造に日本の半導体部品を使うと言う事は、
>いざと言う時の安定供給確保の点で問題が有ると言うのが、その理屈だった。

72:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 15:14:39 4TaLToUu
>>70
半導体が特別だというなら、なんで繊維や自動車、NTT分割などの話出してるの。
アメリカ憎しの反米感情煽ってとしか見えない。


74:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 16:07:20 45ZaedzU
で、この元官僚は
その失敗の責任取らないで
トンズラしてるの?
官僚って失敗責任はスルーできるから
やっぱり最高の気楽な商売ですねぇ

80:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 17:17:51 L/Sxkd+8
>>74
官僚をやめた人間に責任って何?w


76:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 16:35:55 w7lB689H
半導体で残っているのは、ウエハーやレジスト等の材料だけか。でも、材料屋は奴隷と同じだな。

102:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 19:40:43 pygchcVp
円安で今後の業積拡大(輸出拡大)が見込めるこの時期に、身売りとは、変な話。

てか、アプライドや投資銀行から、イクラもらったんだよ!みのもんた!

身売り案が、株主総会で否決されるかもなwww

経済産業省も反対しているみたいだし。

107:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 21:11:25 aMyi2xKZ
官僚や政治家が経済の邪魔しかしていない。

ここが一番の問題点。

108:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 21:13:02 X0IBbEos
半導体のコンソーシアムは、どれも多国籍で、アメリカ単独でももはや無理。
例外は、単独一社で開発してるインテルだけ。
ただ、インテルは、会社の中が多国籍化してるけど。
相手が多国籍なときに、こっちだけ日本単独は明らかに勝ち目がない。

113:名刺は切らしておりまして 2013/09/28(土) 22:38:27 rWnJ33lg
>>1
売国奴の経産官僚くずれが、偉そうに。

アメリカの歓心を買うために、半導体産業をアメリカに売り渡した張本人は
お前ら経産官僚の先輩なのに。

それを知りつつ、よくも他人事みたいなことを言ってられるな、こいつ。

123:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 00:04:28 R0xc+QLf
日本人は物作りが得意である、っていうけど皆この「物」がなんなのか質問したことある?

まあ、そういう基本動作の話は置いておいて、答えと結論から言うと「物」っていうのは金型とか旋盤とかの金属加工製品、そして広義にはそれらを用いた自動車など。
つまり日本人なんて金属加工がちょっと得意な民族でしかない。

重要なのは日本人は○○が得意であるって言われてそれなら結構な割合でそれに該当する人が誰でも一人くらい周りに思い当たらないといけない。
旋盤加工だったら結構、町工場なんかがあるからなるほどなって思う。

じゃあ、ソフトウェアはどうか。
ソフトウェアをうまく作る人って周りにいる?
むしろ日本人ってコンピュータとかに弱いんじゃないの?った人が多いと思う。 それが正解。
日本人はソフトウェアには弱い。
根拠は、もし日本人がソフトウェアが得意なら周りにいるはず。ところがいない。みんなコンピュータ苦手とかいってる。以上(QED)

124:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 00:10:56 YFCml6bN
>>123
激しくずれてるな。
おまえの周りにいないだけだろ


131:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 02:34:51 72yYONUq
Super-Hとかいらんわ
もうARM全盛で他はいらんがな

147:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 16:30:54 iYPwGQV9
合併等の業界再編を民間同士だけでやると利害が錯綜して、失敗し易い。

下手をすると汚鮮マスゴミがプロパガンダを垂れ流して、
阻止しようとするし、株式相場で投機の対象にされかねない。 ある程度、国が上からやるしかないんだよね。

ダメな会社を退場させるのも産業政策だし、業積の良い会社に
吸収合併させる事もある。バラバラに分割して、数社で取り分ける事もある。 

でもそれを証券業界や外資系投資銀行にやらせると、
投機のネタにされてしまうし、馬鹿高い手数料を取られる。下手をすると乗っ取りの対象にもなる

しかも、業界再編を仲介する証券会社や外資系投資銀行は、多くエサを出す会社を有利にしてしまう。
だから、役所がヤルしか無いんだよね。経済産業省は、そう言うのは得意だし。

149:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 17:12:13 2cfqX+uE
>>147
役所が絡むと、天下りとか、利権が生まれるから、一概に良いとは言えないのでは?
そもそも役所主導ではクロスボーダーM&Aが出来ない。


157:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 20:19:41 BtPqnJyA
>>149
>そもそも役所主導ではクロスボーダーM&Aが出来ない。

それでも民主党(ノブタ)政権は、やろうとしていたけどな。
       ↓
【民主党】 大久保財務副大臣 「ソフトバンクの大型買収、申し出があればファシリティで融資する可能性もある」
http://www.logsoku.com/r/wildplus/1351121813/

大久保勉財務副大臣は外国為替資金特別会計のドル資金を活用して
日本企業による海外企業とのM&A(企業の合併・買収)を支援する10兆円規模の低利融資枠
「円高金融ファシリティ」について、「事実上の円高是正」につながる効果があると強調した。
22日のブルームバーグ・ニュースのインタビューで語った。

M&Aをめぐっては、国内携帯電話3位のソフトバンク が今月15日、米同業3位の
「スプリント買収」を発表したばかり。200億ドル以上にも上る大型買収案件だが、
大久保副大臣は「申し出があればファシリティで融資する可能性もある」と表明。


166:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 21:22:55 7csfPkjb
>>157
ソフトバンクへの政府系金融機関の融資なら、安倍政権で実行されましたよ。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGD1200K_S3A910C1EB2000/


150:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 17:44:57 jNA4L0mE
経産省主導だったルネサスは、親会社のごみ捨て場になって、9期連続赤字なんだが。
M&A支援をやりたいなら、投資銀行からチームごと引き抜くくらいしないと無理。
経産省の役人の同期でもっと出来る側の人が、投資銀行の側にいるんだから勝ち目がない。

151:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 17:47:08 jNA4L0mE
経産省主導だったルネサスは、親会社のごみ捨て場になって、9期連続赤字なんだが。
M&A支援をやりたいなら、投資銀行からチームごと引き抜くくらいしないと無理。
投資銀行の側には、経産省の役人の同期でもっと出来る側の人がいて一桁上の金額を報酬として取ってる。
役所と違って、投資銀行は一線級の研究してきた理系の人材も多い。
こんなところと戦っても、ゴミ案件ばかり掴まされるだけ。

152:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 18:47:29 Y4wSk4wM
相手がAMATで良かったんじゃないか。
ヘタすれば韓国や中国企業に買われる可能性すらあっただろうからね。

153:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 19:37:38 w5q8q19z
>>149-151
そんなら、外資系投資銀行には、M&A利権は無いのかい?

アグレッシブな自己売買部門を持つ欧米系投資銀行にM&Aアドバイザリーを
頼むと、顧客企業の情報を利用して株価を乱高下させてインサイダーなどで
投機対象にする懸念が有る。

だから、欧米では、M&Aアドバイザリーを専門のブティック投資銀行に頼むケースが増えている。

政府が、成長分野見定めて補助金投入や業界再編を行うターゲティング・ポリシーに、
官庁焼け太りとのレッテル張りをして、ネオリベは徹底的に批判する。ブサヨも同じだ。

如何に、ネオリベとブサヨの後ろには、チョンが居るかが、良く判る。 
欧米も、的確な産業政策で、日本の製造業が、更に強くなられても、困るもんな。

>>152 バーカ!

アメリカ企業にも、とっくにシナや韓国、北朝鮮のスパイが入り込んでるよ!

ルーズベルト政権やトルーマン政権にも300名のソ連スパイが潜入してたんだぞ。
クリントン政権やオバマ政権にも入り込んでるよ。もっともソ連スパイよりも特亜スパイだろうがな。

メディア王のルパード・マードックやフェイスブックのザッカーバーグは、
一体誰と結婚したと思っているんだよ。両者ともシナ人嫁だぞ。

特にITやメディア関係の企業幹部や大株主は、完全に特亜の情報機関に狙われている。
子供が出来れば、相続と言う方法で合法的にメディアやIT企業の株式を相続できる。

161:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 20:51:05 Y4wSk4wM
アメリカのハイテク企業は、白人+ユダヤの投資家&経営者に中国系、インド系、ロシア系、ドイツ系、
日系技術者の混成部隊という会社が大部分だから純血主義は無意味。

TELだって元は装置を輸入だけしてるだけの商社だったが、少しずつ主に米系の技術をパクッて装置メーカー
になった。

だから今回のAMATのTEL吸収は先祖返りともいえる。

半導体製造装置の母体となった技術はほぼ全てアポロ計画がルーツになってる。

174:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 22:16:11 yyyS31mM
半導体戦争敗北の主要な原因は円高にある

175:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 22:27:06 VzvRYw5d
米国もドル高いからその理屈通用しねぇな

179:名刺は切らしておりまして 2013/09/29(日) 23:17:44 fsTjgubc
どっちにしろ、もう役所主導で産業を盛り上げる時代じゃないんじゃねえの?
「XXの分野にウン千億円の予算!」とか「YYの技術者をウン万人増員!」とか空虚な国家プロジェクトで
産業をかき回すのはいい加減にしたらええ

186:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 00:22:05 TA9UKcW4
メモリなんかでちょっと頑張ってもCPUはアメリカのコピーばっかりだったし
メモリだって日本はあくまで製造していただけでメモリの仕様を考えていたのはアメリカだったよな
はっきり言ってコンピューター分野では日本はアメリカの足元にも及んでないでしょ

コンピューターを最初に開発したのはアメリカだが
パソコンを最初に開発したのもOSを最初に開発したのも
公開鍵暗号を考案したのもその実装としてRSAを考案したのも
リレーショナルデータベースの基本的な仕組みを考案したのも
インターネットの仕組みを考案したのもそのプロトコルを定義してるのも
page rankを考案したのも現在のスマホのスタイルを考案したのも
全部アメリカだからな

例えメモリで日本がその後覇権を握り続けたとしてもそれは
単なる部品屋に過ぎないし、やがて韓国や中国が日本に追い付いてきて
どの道追い落とされる運命だった

ぶっちゃけ初めから勝てる訳がなかった

195:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 00:53:34 6WOAcG5E
>>153
> >>149-151
> そんなら、外資系投資銀行には、M&A利権は無いのかい?
>
> アグレッシブな自己売買部門を持つ欧米系投資銀行にM&Aアドバイザリーを
> 頼むと、顧客企業の情報を利用して株価を乱高下させてインサイダーなどで
> 投機対象にする懸念が有る。

仮にそうなっても、一時的なキャッシュ支出であって、あまり本質的な問題ではないな。
株価の一時的な変動も、経営自体への影響はない。
国の方針に縛られたり、姥捨て山のようになったりする組織的な問題の方がよほど重要だろ。

200:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 02:02:44 GHSkZ5dC
国プロの話が出てるけど、経済産業省は金を持ってなかったからどのプロジェクトも
中途半端に終わった。
因みに半導体で1000億円単位の金が注ぎ込まれた国プロは無い。
NECへの手切れ金で無駄な小金をばらまいたが、全部死に金になってる。

204:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 09:29:24 ip5pbY9U
>>200
平成元年以降だけでも、半導体に4兆円以上のお金を、政府はつぎ込んだけど、
産業の米にはならなかったな。

昭和時代の日の丸半導体をもう一度と、政府は思ったんだろうけどw


205:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:15:04 xByF+2Nr
>>204の話しは、ウソ、ハイ論破!

そんな与太話よりも、重要なのは、
アメリカの「国防法」には、「エクソン・フロリオ条項」がある事です。


217:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:31:11 pAjigyG0
>>204
家電エコポイントの弊害も大きかったな。


218:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:35:14 jolI9DUO
>>217
政府が手を差し伸べて
救おうとした時点で
その産業はオワコン
生活保護となんら変わらん


222:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:53:11 pAjigyG0
>>218
メガバンクは全部潰せばよかったなあ。
モルガンスタンレーもついでに。


206:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:18:07 xByF+2Nr
>>205の続き)◆米国のエクソン・フロリオ条項◆
1988年に制定された条項で、外国企業による米国の企業の買収が米国の国家安全保障を
脅かす恐れがあると認められる場合、大統領がそのような企業買収を停止したり、禁止
する権限を行使できる、としたものです。

この条項は、1986年に日本の富士通が米国のフェアチャイルド社の半導体部門を買収しよう
とした際に「当時の半導体市場を牛耳っていた日本の企業が米国の企業を買収することに
危機感をもった米国議会が制定した」と言われています。

この条項が問題になった日米関係の主な事件として、「1988年の日本鉱業(現在のジャパン
エナジー)によるグールド社の買収」、「1990年の京セラによるAVX社の買収」などがあります。
結局、京セラは、AVX社を手放しましたし、
富士通のフェアチャイルド社買収頓挫は、当時でも大きく報道され、記憶に新しいと思います。


207:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:27:33 xByF+2Nr
(>>206の続き)◆三角合併の解禁と和製エクソン・フロリオ条項◆
日本の会社法は2007年5月1日から三角合併を解禁しました。当時経済界では、この三角合併
の解禁によって、外国企業による日本企業の買収が増加する懸念がある、と指摘しました。

そこで論者の中には、「 “和製” エクソン・フロリオ条項」の立法の必要性を説く人達が出て来ました。

つまり、外国企業による日本の企業の買収が日本の「国益」「安全保障」を脅かす恐れがある
と認められる場合、日本政府がそのような企業買収を停止したり、禁止したりする権限を行使出来る、
とする法律を制定すべきだ、というものです。


208:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:32:13 xByF+2Nr
(>>207の続き)
もし今現在“和製” エクソン・フロリオ条項が存在すれば、
今回の東京エレクトロンと米国のアプライドの統合案件は、大問題になったでしょう。

半導体製造装置最大手が、外国企業に事実上買収されてしまう
この案件は、日本の半導体の生産調達の重大な障害を与える結果と成りかねません。

アメリカは、自国の半導体産業の保護の為に、日米半導体協定を持ち出した事を、
思い起こさねばなりません。そして、今国会に提出される「産業競争力強化法案」にも、
この“和製” エクソン・フロリオ条項の議論が、反映される事を望まざるを得ません。


209:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:32:20 ri0wuaBC
>>186>>206
アメリカは政治力も開発力も超一流だね
汚くてうまいアルゼンチンのサッカーを見てるようだ

210:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:41:28 ip5pbY9U
>>205-208
全然、論破になってなくて笑ったw

211:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:44:57 CaOHMu5G
>>210
またホロン部が、ノコノコ、クビ突っ込んで来て、大笑いwww


213:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 12:48:31 ip5pbY9U
>>211
早く論破しろよ


214:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:07:13 xByF+2Nr
>>213
早く巣に帰れよ


215:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:16:44 ip5pbY9U
>>214
早く論破しろよ


220:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 13:49:02 pAjigyG0
先端技術が必要な兵器を作っていない日本に先端技術があるなんて嘘。
年間70兆円も軍事費を使ってるアメリカに技術、安全保障、政治で日本が勝てるわけない。
アメリカやEUに決められたルール内で必死に競っていても、ルールがない新興国には負けるし、
アメリカとEUにはルールを変えられ負け。

224:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 14:42:05 xByF+2Nr
>>220
>年間70兆円も軍事費を使ってるアメリカに技術、安全保障、政治で日本が勝てるわけない。

アメリカは、もうそんなに軍事費使ってない。
空母三隻や戦闘機爆撃機巣百機が、予算不足で動かせない状態。

これだと今後軍事費が、急速に削減されるアメリカは、先端技術でも先が無いな。

アプライドに東エレを身売りする理由も無くなったわwww


223:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 14:27:57 EPtZOAbq
>>210>>213>>215>>222
   ∧_∧
  <=( ´∀`)<“和製”エクソン・フロリオ条項は要らないニ…ダ
  (ネオリベ)  < メガバンクは全部潰せばよかったニ…ダ
  | | |
  (__)_)
  ナリスマシ人生 

235:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 18:53:06 AYJ9b7tN
>>1


敗戦 円高 民主党のせいだ

238:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 22:05:43 DdGJkvQ4
必死こいて日本が〜って言ってるけどさ、国民の権利を守るべき官僚が大して仕事してないんだからさ。そんなもんに執着するより、英語使って世界中の情報インフラ活用できるように努力した方がいいと思うけど。

239:名刺は切らしておりまして 2013/09/30(月) 23:46:21 0SLNov5+
>>238
それが将来的に良いと思うなら、自分でやれば? 


242:名刺は切らしておりまして 2013/10/01(火) 04:39:49 ByCp0CE2
つくばに各国企業を終結させた研究体を作りかけたのですが、残念ながらそれに
理解を示さなかった政治家・経産省の幹部がサムソンやintelやIBMといった企業を研究体から
事実上追放してしまい、それが響いた形です

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。