上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1:ライトスタッフ◎φ ★ 2008/05/07(水) 19:06:52 ???
長谷川龍雄氏(はせがわ・たつお=元トヨタ自動車専務)4月29日、老衰のため死去、92歳。
葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は長男、章雄(あきお)氏。

初代「カローラ」の生みの親。開発責任者として、日本の大衆車時代の幕を開けた。

◎ソース MSN産経
http://sankei.jp.msn.com/obituary/080507/obt0805071800003-n1.htm

◎初代カローラ開発主査・長谷川龍雄氏(トヨタ公式HP内『カローラの哲学』より)

大正5年2月、鳥取市生まれ。
昭和14年、東京帝国大学航空学科卒業後、立川飛行機(株)(現 立飛企業(株))に入社。
昭和21年トヨタ自動車工業(株)に入社。主査としてパブリカ、トヨタスポーツ800、
カローラ、セリカを担当。その後製品企画副室長、室長としてトヨタ車の開発を統括。
昭和57年専務取締役を経て退任。平成16年には日本自動車殿堂入り。

http://toyota.jp/information/philosophy/corolla/history/index.html

◎参考
初代カローラ開発の長谷川龍雄氏による「主査10ヶ条」
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060825/108606/


【歴史証言】カローラ40年の歴史と開発秘話 
http://www.e-mobi21.jp/entrefilet/6090101.html







スレッド関連情報

【元スレッド】
2ch 【 【訃報】初代『カローラ』(S41年)生みの親・長谷川龍雄氏死去(元トヨタ自動車専務) [05/07]

【関連リンク】
Yahoo!ニュース 【 <訃報>長谷川龍雄さん92歳=元トヨタ自動車専務
gooニュース 【 長谷川龍雄氏(元トヨタ自動車専務)が死去(読売新聞)
gooニュース 【 asahi.com:元トヨタ自動車工業専務の長谷川龍雄さん死去 - おくやみ

Wikipedia 【 カローラ


▽以下は2ちゃんねるのダイジェスト 【 抽出レス数 = 63(211中) 】


4:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 19:10:31 0yutRyG6
カローラ生んでも専務にしかなれんのか。
トヨタの専務って、他社では部長クラスの給料?

5:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 19:14:14 +WNz9ke5
いまだ、初代カローラを超えられないとはどういうことだ?

8:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 19:27:58 m3J75fiT
この世代の飛行機屋はとてつもないエリート

9:KUM(゚_゚)N 2008/05/07(水) 19:31:52 Ogp0zOM+
(゚_゚)カローラよりヨタハチの方が名車だろう。

23:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:13:45 dJWkdP4R
この人が設計主任だった立川の高高度戦闘機キ94Ⅱが間に合っていれば!

24:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:14:24 QyE6OLY4
いまだに国内向けカローラは5ナンバー枠を守ってるのに、
初代は1000ccをオーバーさせて差別化したのは面白いな


28:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:23:28 dBfUcnyb
年寄りがカローラセダンに乗り続ける理由がレンタカーで
カローラセダンに乗ってよく分かった。

音は静かだわ燃費もいいわ乗り心地や走りだって悪くない。
あとむちゃくちゃ乗りやすいんだよな。
車両感覚がとてもつかみやすく、軽よりも運転がしやすい。

値段は安いのにそれなりに格好がついて、性能だっていい。
売れまくるよな。

31:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:31:38 ZL68/C5H
>>28
そんなに書くとアンチが湧いてくるぞw


33:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:34:24 +sfAWJ7i
>>31
いや、でも事実だろ。
売れるのは売れる理由が在る。



32:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:34:12 bVmwJB0u
品質?

42:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:02:34 zWA5OXta
>>32
同じ値段の車でカローラ超える品質の車が在ったら教えてくれ。
カローラはトヨタの意地の一つだよ。


35:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 20:37:58 WDylzXJ+
長谷川さんが亡くなったことで、心おきなくアクシスとかフィールダーに改名できるな?

40:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:00:38 zWA5OXta
>>35
実は2000年を機会に、トヨタは旧車種名を全廃する予定だった。
ディーラーからの大反対で無くなったが。


44:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:09:57 1HPglmp8

カローラって外箱が豪華で中身が糞な自動車。
見えないところは低い性能だったという話は有名なんだが






46:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:12:32 1HPglmp8
サスペンション。



48:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:15:36 qe4+i0XC
浪人中、18万円で買った赤のトヨタスポーツ800。
今、英車乗ってるけど、また乗りたいよ~。
そんな車、今の国産国産車であるかなあ。
よく造ってくれました。
ほんとは、S800が欲しかったが手がだでんかった。
その分、アルバイト先の電器屋でホンだのDOHCトラックでビュン回していた。

49:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:15:36 ZL68/C5H
>>46の短いレスからにじみ出てるね
流石アンチであるがためのアンチは基地外だね

51:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:19:06 1HPglmp8
>>49

調べろ。
低性能のトラックと同じ板バネパーツを乗用車に使っていた。




56:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:24:38 ar9J1wAJ
静粛性や乗り心地は同クラス他車より良い印象があるなあ。
他のトヨタの安車は駄目でもカローラだけはって感じ。

61:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:27:20 cz+Lbc42
「S41年」って19??年のこと?

62:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:27:59 gsQpDUHs
カローラというダサい車名を完全に消し去って変えたら
今よりもけっこう売れると思うのだけどな

69:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 21:41:36 0LnfTQR3
カローラVSサニーといわれた時代があったが
マクファーソン・ストラットFサス、5ベアリング・エンジン、フロア
シフトの初代カローラは、旧態依然の初代サニーの数歩先を行く
非凡なクルマだったよ。「技術の日産」なんて笑わせる。

77:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 22:03:41 k4fS7OlI
でもカローラの立役者は名古屋に本社のあったトヨタ自販だわな、
なんせ販売の神様がいた。

79:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 22:08:23 Bu9IBCmO
この人が業界に与えた功罪を語るとき生産物で語るのもいいけど、「主査」と
いう曖昧な業務に基準を与え、総無責任体制に陥りがちな日本の技術チーム
にリーダーシップと言う概念を根付かせたことと、それが初代カローラで余
りに成功しすぎたたがめに(特にトヨタ内で)主査独裁主義という形でサプ
ライヤーや各パーツ担当などの力が弱まってしまい「80点主義」が全てのバラ
ンスを高次元でバランスさせると言うよりは無個性を良しとするかのような
間違った形で広まってしまったことが挙げられると思う。

81:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 22:13:06 k4fS7OlI
>>79
そういう体制だから無個性にならないところがトヨタの良さ
主査(大統領)の意向でとんでもない車も出る、横並びの車も出る
他の会社より差別化されていると思えるけどね、下請けの方?
オレは傍観者


86:パキシル 2008/05/07(水) 22:33:09 5Oej+CAz BE:747080238-2BP(13)
S41年、俺が生まれた年だ…。

87:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 22:37:23 R7tHhSE6
ドライバー規制強化の歩み

★飲酒運転の厳罰化
★駐禁の取り締まり民間委託による厳格化
★運転中携帯電話使用の罰則化
★後席シートベルト着用の義務化。高速での違反者には取り締まりの方針(6月~)

88:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 22:38:52 UspnWBjF
軽規格廃止後のダイハツ販社は、カローラ店やネッツ店に鞍替えさせられたり、
VWの販売代理店になったりするのかな。

92:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 23:04:35 Nf2hmkNM
初代カローラはカッコいい車だったぞ
カローラスプリンターなんて団塊ならみんな憧れただろう
3速コラムシフトの時代、4速のフロアシフト、めちゃイカしてた
マクファーソンストラットとかディスクブレーキとかリクライニングシートとか同クラスのライバルより素早い採用
安全時代も先取り、シートベルト、コプラシハンドル、ヘッドレスト一体型シート、ソフトパッドダッシュボードなど
マイナーチェンジで空調の排出口を作ってあざとく黒のプラスチックを埋めるなど
とにかく先進ぶりは目を見張るほど
車自体は90kmでバイブレーションが出て怖いとか、スバル1000が数段上とか言われたけどね


93:名刺は切らしておりまして 2008/05/07(水) 23:20:11 9TkxRB1T
とりあえず初代カローラのCM張っておきますね。
いまなら確実にJAROに訴えられそうな内容…

http://jp.youtube.com/watch?v=Jz-vXJ1n4Ps

96:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 00:03:31 9kX3f5PH
息子さんが作ったトリビュートページに足跡がわかりやすくまとめられている
ttp://members.aol.com/pinealguy/tatsuo.htm


102:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 08:40:05 uuq8yxGR
東大→立川飛行機→リストラ解雇→トヨタ自動車
立飛は後に日産になったから、惜しい人材を流出させたな。

104:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 09:17:54 xJc5EuIT
●初代カローラ開発の長谷川龍雄氏による「主査10ヶ条」
ライバルとして警戒した意外な車

 取材時に、初代カローラのライバルとして警戒した車を聞くと、
意外にも日産自動車の「サニー」でなく、マツダの「ファミリア」ということだった。
カローラよりも2年早い64年に登場した「ファミリアセダン800」だ。
この車こそ、長谷川さんが描いていた理想のファミリーカーに近いものだった。

 カローラの開発中に登場しただけに焦った。
「どうしてマツダさんは、あの車にもっと力を入れなかったのだろう」とも述懐していた。
当時、マツダはロータリーエンジンの開発に膨大な資金を投入していたという事情があった。

 ファミリアは、後の5代目(80年)で大ヒットを飛ばすが、
マイカー時代が幕開けした60年代半ばに開発資源を集中していたら、
今日の業界図はまた違ったものになっていたのだろう。
取材を終え、そんなことを考えながら帰途に着いた気がする。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20060825/108606/?P=2

105:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 09:18:58 uuq8yxGR
トヨタは生産技術が優れていたから成長したイメージが強いな。

109:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 09:59:24 glI/CE0p
第五部 技術者の攻防 《5》

【流出 「カク秘」設計図】

 「千百ccだって」。一九六六年秋、日産自動車でサニー開発の現場主任をしていた葭森(よしもり)圭介(65)は耳を疑った。
爆発的な売れ行きで、得意の絶頂にあったチームにとって、カローラの発表はまったくノーマークだった。トヨタの次期大衆車はパブリカのモデルチェンジと思い込んでいた。

 急いで取り寄せ、隅々まで調べた。「最初、サニーを意識したのは、エンジンの『プラス百cc』だけだと思っていた」と葭森は言う。
ところが、調べていた部下が驚いた顔をして駆け寄って来た。

「見てください。全部プラス十ミリなんです」

 シートから天井までの高さ、シートの幅、室内幅――。
車内のあらゆる実測寸法が、サニーよりも約十ミリ長かった。

 「こんちくしょう。どうしてこんなことができたんだ」。歯ぎしりしながら、葭森はふと、半年前のことを思い出した。
 開発終了直後、関係部署に配布した車両設計図を回収したが、一枚だけ戻って来なかった。車両設計図には排気量以外、ほとんどすべてのデータが書き込まれている。日産では「マル秘」よりさらに機密度の高い「カク秘」の印が押されていた。
「あれか」。情報は内部から漏れていた。

 技術で負けたとは思わなかった。最小回転半径は、カローラの四・五五メートルに対しサニーは四メートルで小回りがきく。
馬力あたりの重量も小さいから、加速もいい。信号待ちで、一番前に並んだ時、どちらが先に飛び出せるかを競う「交差点グランプリ」では、
サニーが常に勝つと評判だった。

 しかし、間もなく販売台数は逆転され、離されていった。「カローラの勢いがすごすぎた。多い月は、七、八千台差がついてしまった」――。
新入社員のころからメーター設計にかかわった一丸芳郎(64)は証言する。営業からは毎日のように、
「客をカローラに取られる。改良してくれ」と突き上げが来るようになった。

 開発に着手した二代目は徹底的な「カローラ対抗車」を作ることになった。
三台買って分解し、それぞれの部品を各部署にスケッチさせ研究させた。それだけでは全体のイメージがわかない。
葭森たちはヨーロッパを回り、欧州の小型車や街に触れて、「豊かさ」を次期サニーのテーマに決めた。
国内でも「昭和元禄」が流行語になっていた。

 初代は、走りを追求し、車内設計は運転席優先で、後部座席は狭い作りだった。
 二代目は、室内の寸法をカローラより少しずつ長くし、後部座席もゆったりめにした。
シャープな外形も、カローラのようにふっくらさせ、ファミリーカーのイメージを強めた。
排気量はカローラを上回る千二百ccである。

 大阪万博の開かれた七〇年、二代目サニーは「ホラ!おとなりのクルマが小さく見える」という広告とともにデビューした。
隣の車とは、もちろんカローラのことを指していた。

 だが、一度ついた差は縮まることがなかった。年間販売台数では常に三―四万台負け続けた。
葭森はこの後、トラック部門に移り、大衆車で雪辱する機会を失った。 (つづく)

(敬称略)
 
--- 読売新聞 2002年3月24日掲載 ---


119:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 22:49:15 srFqiDFG
>>109
その後サニーの2代目3代目はカローラより少しでも大きく、情報を盗み
デザインもパクリまくりのみじめな黒歴史の連続だった・・。

ここまで書けたらマスゴミも評価してやるがな。


111:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 10:21:12 Suk4VDul
日産には期待してるんだがね

116:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 21:02:20 VNinz6Ut
トヨタの中で一番開発費が掛かっている車がカローラ


117:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 22:38:07 5ln1gmiM
>>116
かつてはそう言われてたが。
海外向けが別物になった今、国内向けカローラにはどうなんだろう?


122:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 23:01:30 0UlG1uO9
日本国内で乗るならトータルバランスではこれ以上の車はないでしょ。
燃費は良いし、静か、インテリアの質感が良い。
ヴィッツやパッソなどのコンパクトカーと比べると後者2つが全然違うし。


124:名刺は切らしておりまして 2008/05/08(木) 23:42:18 IqcSjZKB
10年前くらいにAE100乗っていたけど、扱いやすいし壊れないし質感良好だしそんなに高くないし(中古だったから。新車時代は高いと叩かれたらしいが)、文句無しだったな。
質感だけ取るとあれが歴代最高じゃないかな。

後方が見づらいのと、室内の狭さはちょっと…だったが

138:名刺は切らしておりまして 2008/05/09(金) 16:10:10 BABHCF3/
>>124
同意
もう15年くらいは経つと思うけど、今でも通用しそうな
室内外の質感だ。


141:名刺は切らしておりまして 2008/05/09(金) 16:15:56 Rxa0R0eS
5年ほど前のコラム

10年ほどまえ、ホンダVTECに対抗するためのエンジンとして鳴り物入りで
5バルブ4A-GEがレビントレノに搭載された。ところが蓋を開けてみたら
その差歴然。走らせれば言葉は不要であった。4A-Gの実馬力は公称160馬力に
対して実測130馬力前後ということではそれも当然である。その後、三菱がMIVECを
登場させるに至り比較テストでは4A-Gは最後尾が定位置となってしまった。
こんな経緯で、いよいよトヨタ馬力は決定的になった。雑誌が発端となり暴かれた意味で
当時結構な話題だったが、時代はRVとなり、その話も忘れられていた昨今である。
しかし、それがアルテッツァの3S-Gで再発した。
190馬力の現行セリカにすら抜かれてしまい、MC前の145馬力仕様の
テンハチロードスターに対しても加速で追いつくのが困難という現状では、どこぞのタイプR
には到底追いつけるわけもない。あるビデオ雑誌では、エビスサーキットの登りストレートで
旧シビックR(1.6リッター185馬力)に、いとも簡単に抜かれてしまうシーンがあった。
(おまけに、前述のセリカもアルテと同じように旧シビックRに抜かれてしまう)
いくら車重差があると言えども、あの抜かれ様は遅すぎという指摘を浴びていた。こんな有様では、
チタンバルブ、DUAL-VVT-i210馬力、6MTなどのスペックやカタログの能書きがが泣くよ。
正直、アルテッツァの3S-Gは失敗作という他ない。チューンを誤ったいうところ。
旧MR-2最終型3S-Gが熟成された感があり良いフィーリングだっただけに、
余計に悔やまれる。それでもサバ読まなきゃ事なきを得たのに、販売サイドの意向で、
なんと誇大な210馬力と表記してしまったんだよね・・・。
(実測160馬力台の車両が珍しくないという)
良質な2リッターエンジンを持たない事情がネックとなったと言うべきかもしれないが、
もっと誠意を持って商売して欲しい。
また、FRスポーツと言うなら、それ相応のクルマを作ってからにして欲しい。
馬力にしても、バラつき分布がカタログ値から離れすぎというのは許容できぬ。

146:名刺は切らしておりまして 2008/05/09(金) 16:46:29 Rxa0R0eS
『|S-F開発中』

ブォォォォン!!

(゚Д゚)「どうだ!何馬力だ?」

(´∀`)「380.2馬力だよ~?それで全開?」

(゚Д゚)「ハァ?またカタログ詐称エンジンかよ!もういいや!ベンツやBMWみたいに客が200km/hで巡行するわけじゃねぇ!
ここは日本だ!たった半分の100km/hそこそこに耐えうる耐久力さえあればイイか!!よし、これでテスト合格、と上司に伝えよう!」

(´∀`)「そうだよ。巡行速度だよ!どうせ日本ではみんな100km/hちょいまでしか使わない!100km/hまで耐えられる耐久性があればイイんだ
よ」

こうして、奇跡の|S-Fは開発された。

久々のトヨタ(笑)ヌポーシの誕生であった。

何故か、亀田親子が頭に浮かんだ。

切腹の文字が、脳裏をかすめて消えていった。

何だか似ていて、生き写しに思えてきた。

社員が、苦笑いした。

そうだ、お披露目は、弁慶の衣装にしよう!

若手のひとりが、呟いた。
まわりも、深く頷いた。

158:名刺は切らしておりまして 2008/05/10(土) 16:35:06 HgjFDQng
それは、2007年10月登場のフィットにもいえる。
同様に、タント(軽)やワゴンR(軽)やムーヴ(軽)にもいえるのが面白い所。

167:名刺は切らしておりまして 2008/05/13(火) 00:01:32 TEM6kqph
カローラがつまらんとかいってるのは50代半ば以上の世代では?
いまどきMT選べるコンパクトセダンなんて貴重。

178:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 02:02:38 ndLfYdHN
>>167
今のカローラ・アクシオは、バブル期のコロナとほぼ同サイズにまで膨らんでるから、
最早コンパクトセダンとは呼べないような気がする。


179:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 05:23:24 FrrsCKTp
>>178
なぜ20年前の基準で?


185:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 09:35:27 fWx1jr2a
>>179
5ナンバー枠は20年前も今と同じ


168:名刺は切らしておりまして 2008/05/13(火) 10:40:40 zMmeNhnN
カローラのレザーシート出せ!オプションでも構わんから!
1500ccで、社内空間も、セダンのトランク要領もカローラで構わん!
だが、シートだけはレザーをだせ!ファブリックでは夏場はケツが蒸れるし、
あのけばけばの生地では、ケツも背中も動かしにくい!
オレがクルマで一番金出してもいいのはシートだけだ!
人工皮革で今は安く出来るだろうが!
車格があるからレザーシートは高級車だけとか、訳の分からん理由は止めろ!

174:名刺は切らしておりまして 2008/05/13(火) 20:41:46 5t6toMMs
カローラ云々よりもトヨタそのものがダサイ

181:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 09:08:57 DXlEeV0V
書いた後にすぐこれか・・・・・・
なんつーか、正直人として終わってると思う。
己が人間失格と自覚してるか?
基地外アンチ君。

君のは批判ですらないよ。


183:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 09:17:41 tsn/qjQi
>>181

長谷川の話は最初のほうでいろいろ語られていただろ。今さら別にいらねー。


184:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 09:28:55 tdfUZQT+
>>183
そーゆう所が人として終わってる。



186:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 09:40:44 tsn/qjQi
>>184

ここは別に追悼の意を表するための場でも何でもないし。ちなみにカローラを作った云々も
どうでもいい。この人の話は飛行機の設計のほうが萌える。


188:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 11:36:24 lEgUtTeY
この人が入った頃の豊田は何時つぶれてもおかしくない
ような会社だったんでしょ

189:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 12:56:09 CQKZKyO5
>>188
厳密に言えば、すべての自動車メーカが何時潰れてもおかしくない状態だった。
戦後の混乱期であり、政府が経済の方向性を決めるために、自動車産業にリソースを振らず、
他の産業に力を入れようとしていた。
その為、国内の自動車メーカは海外の自動車メーカと合弁の道を迫られた。
まぁ実際、当時の自動車産業は基本的にOEM生産で実態は変わらなかったが。

で、そんな状況を打破するために、国産乗用車1号であるクラウンを作ったのがトヨタ。
トヨタの実績により、政府も方針を転換し現在に至る。

まぁ、この程度の事実ぐらい知っとこうな。




192:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 13:57:04 tsn/qjQi
>>189

>国産乗用車1号クラウン

トヨタって、プリンスを無視して必ずこう言うのな。プリンスのエンジンは
プジョーと言い張って。設計を参考にしただけでディメンションも構造も
別物だったのに。


194:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 16:26:41 QzrOzzze
>>192
それを言い出すとプリンス以外にもゴロゴロ出てくるよ。当然トヨタもな。
事実は事実として認めなよ。
何故、君らが無理に悔しがるのか理解に苦しむなぁ。



196:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 19:27:48 rNAl3Tky
プリンスって駄作エンジンの誉を設計した技術者がいたところか。

209:名刺は切らしておりまして 2008/05/14(水) 21:59:10 2IORV//U
世界中の人間がトヨタ(笑)車は不安になりだしている。

【信頼度調査、1位ホンダ2位スバル・・・・】

米消費者専門誌「コンシューマー・リポート」が16日発表した2007年の
自動車信頼度調査で、トヨタ自動車が3位となった。1位はホンダ、2位は
富士重工業だった。トヨタは主力の人気セダン「カムリ」などの一部モデルは
信頼度が平均以下で、同誌の「推薦車リスト」から外されるなど厳しい結果に
なった。同誌は読者らが使用している約130万台を対象に調査を実施。トヨタ車に
ついては従来、十分な調査データがなくても、過去の実績に基づいて推薦車に
指定していたが、今後は取りやめる。
調査では、V型6気筒のカムリや8気筒の四輪駆動型ピックアップトラック タンドラ」、
全輪駆動の「 レ ク サ ス ・ G S セ ダ ン 」 が 平 均 以 下 。
カムリの場合、4気筒車やハイブリッド車は平均以上だった。同誌は「トヨタが早急に
問題解決に向けて努力するだろう」としている。

ソースは
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20071017AT2M1700617102007.html
Consumer Reports Online(英語)
http://www.consumerreports.org/cro/index.htm
Reliability trends Our latest survey tracks a decade’s worth of trouble(英語)
http://www.consumerreports.org/cro/cars/pricing/best-worst-in-car-reliability-1005/overview/index.htm


現在では、偏差値で言えば45程度で平均未満のトヨタ(笑)車ですね。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>51の低性能トラックと同じ板バネパーツを使っていたというのは確かに本当
でもそれにはちゃんと理由があって、リーフスプリングをスタビライザーとして機能させようとしたからなんだよね
サスペンション自体はマクファーソンストラット
リアはリジットだったけど当時はリジットのリアサスなんて当たり前だった
こういう話を知らずに批判している時点でカローラを語る資格なし
2013/07/13(土) 13:16 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://digest2chbizplus.blog96.fc2.com/tb.php/603-8f1d305a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。